60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2019-10-02 09月02日-趣旨説明、議案質疑、議案付託-01号

中段負債の部、流動負債のうち金融機関からの短期借入金は29億9,633万6,000円余でございまして、平成30年度先行取得による資金借り入れがございましたが、土地売却による返済がこれを上回りまして、前期末から1億7,819万9,000円余の減少となっております。また、資本の部の準備金合計でございますが、当期利益を加えて17億5,651万6,000円余でございます。 

飯田市議会 2019-06-18 06月18日-03号

建設部長北沢武人君) レッドゾーン指定をされた居住地への支援に関してということでお伺いをいたしましたが、補助制度に関しては、レッドゾーンにある住居、建築物について、移転する場合における建物解体にかかわる経費への補助、また移転・新築する場合の資金借り入れに対する利子補給制度がございまして、平成22年度から平成26年度まで5件の補助実績がございます。 

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

この借入先の内訳としましては、政府系資金残高が約57億5,000万円、そのほかの市中銀行等資金借り入れによる残高が約42億8,000万円となります。  これらの資金残高の今後の推移につきましては、政府系資金による借り入れを多く占めている臨時財政対策債借り入れを毎年3億円と見込んで推計しており、これに対して元利償還は毎年4億円で推移しておりますので、年々残高は減っていくと見込んでおります。  

上田市議会 2018-10-04 09月03日-趣旨説明-01号

中段負債の部、流動負債のうち、金融機関からの短期借入金は31億7,453万6,171円でございまして、平成29年度先行取得による資金借り入れがございましたが、土地売却による返済がこれを上回り、前期末から1億3,090万円余の減少となっております。また、資本の部の準備金合計でございますが、当期利益を加えて17億4,951万7,390円でございます。 次のページをお願いいたします。

軽井沢町議会 2018-03-01 03月01日-01号

3つ目農家経営支援特別資金利子補給平成29年度借入分につきましては、平成29年度野菜価格の変動により、農業者支援策として農業経営の安定と農業生産の立て直しに必要な資金借り入れに対する利子補給を行うものであります。 4つ目の2019若葉まつり委託につきましては、平成30年度中から次年度若葉まつりイベント実施に係るPR活動関係者との調整を進めるため、債務負担をお願いするものであります。 

上田市議会 2017-10-04 09月04日-趣旨説明-01号

中段負債の部、流動負債のうち金融機関からの短期借入金は33億544万2,983円でございまして、平成28年度先行取得事業による資金借り入れがございましたが、前期末から1億8,600万円余の減少となっております。また、資本の部の準備金合計でございますが、当期純損失を差し引き17億4,382万7,314円でございます。 次の8ページをお願いいたします。

飯田市議会 2017-06-13 06月13日-03号

建設部長小平亨君) 支援関係でございますけれども、先ほど申しましたようにレッドゾーンから移転する場合につきましての支援ということで、その建物解体に対する費用、かかる経費に関しての補助と、新たに新築する場合の資金借り入れに対する利子補給制度というものは現在はございます。 ○議長清水勇君) 後藤荘一君。

小諸市議会 2016-09-08 09月08日-03号

なお、平成27年度の市の中小企業制度資金実績では、設備投資資金借り入れ件数及び金額は増加傾向にあり、不況対策特別資金平成27年度の59件から、平成27年度は22件と減少していることを考えると、一時の大変厳しい状況からは脱しているとは考えられますが、先行きの不透明感から積極的な設備投資に踏み切れない状況となっていると思われます。 

松川村議会 2016-05-17 平成28年第 1回臨時会−05月17日-01号

45ページの下段、款6商工費、46ページまで続いておりますが、実績に伴う計数整理ですが、この中で大きなものとしましては、46ページ上段、目1の商工総務費で節22の補償補填及び賠償金制度資金借り入れ実績に伴う、村補償料減額でございます。  また、目3の交流施設総務費では、歳入でも説明いたしましたが、すずむし荘の第2期修繕工事を行い完了した中で、需用費工事請負費減額でございます。  

松川村議会 2014-06-11 平成26年第 2回定例会−06月11日-01号

この中で44ページ目1商工総務費で節22補償補填及び賠償金でございますが、制度資金借り入れ実績に伴う村補償料減額でございます。  それから45ページ目3交流施設総務費で、節25積立金減額でございますが、歳入でも説明申し上げましたが、指定管理者からの施設借料減額等によるものでございます。  経済課関係は以上でございます。 ○議長平林寛也君) 建設水道課長

安曇野市議会 2013-08-12 08月21日-01号

先般の臨時議会において議決をいただきました凍霜害支援対策につきましては、燃料代人工受粉用花粉購入助成を県の支援事業とあわせて支援し、そのほか市単独の支援事業として農業資金借り入れに伴う利子補給、80%以上の被害甚大な農園に対しての農薬購入助成、さらに被害率20%以上の農園につきましては、樹勢維持のためJAと連携し、10アール当たり2袋の肥料支援させていただいております。 

安曇野市議会 2013-06-13 06月13日-03号

そして、2点目としまして、県、松本市、塩尻市等の近隣市村との連携をして、市独自の具体的な対策ということでありますけれども、翌年度につなげるための、要するに樹勢回復するための果樹等肥料農薬資材の一部助成、また農業経営安定化資金借り入れ利子補給ということで実施をしていきたいというふうに考えております。

伊那市議会 2012-09-18 09月18日-05号

債務負担行為土地開発公社事業資金借り入れに対する債務保証について、内容議会で認定しているので問題ないが、土地開発公社あり方検討委員会の答申でも、今後、土地開発公社土地などの所有財産は市が第三セクター債を使って買い取るとされている。債務負担行為を減らす意味からも、この土地などの売買についてトップセールスを積極的に行ってほしい」という要望がありました。 

上田市議会 2012-08-29 09月12日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

土地開発公社は、ご承知のとおり、「公有地の拡大の推進に関する法律」により設立された法人でございまして、同法に基づき公社を通じて取得した土地は、土地価格が年々高騰していた時期においては、金融機関から機動的に資金借り入れができる公社の特色を生かしまして、市からの依頼により、道路用地公園用地などの事業用地を市にかわって先行取得したものと、住宅用地産業工業団地等、地域の秩序ある整備などを目的として、公社

松川村議会 2011-03-10 平成23年第 1回定例会−03月10日-01号

22節補償補填及び賠償金では、県、村、それぞれの制度資金借り入れに対する補償料補給金の額の確定見込みに伴います427万7,000円の減額でございます。  経済課関係は以上でございます。 ○議長新村久仁男君) 建設水道課長。 ◎建設水道課長白澤繁君) 建設水道課関係、12ページをお願いいたします。  3段目の19款諸収入です。