6778件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

箕輪町議会 2022-09-09 09月09日-02号

行政運営でありますので組織でありますとか、町の職員でありますとかそういったものを束ねる、束ねるといっていいんでしょうか、チーム箕輪ってものをつくっていかなければいけないわけでありますのでそういった人材であることや1番は人材とか資源特に地域資源活用していくいわゆる民間との協働というような、そういったことも進めていかなければいけない時代であります。

塩尻市議会 2021-09-27 09月27日-05号

また、人的資源管理計画等も策定していくので、適正な人員としていきたいとの答弁があり、これを了承しました。 以上申し上げまして、総務生活委員会審査報告といたします。 ○議長丸山寿子君) 一括して質疑を行います。ありませんか。----ないので、質疑を終わります。一括して討論を行います。ありませんか。----ないので、討論を終わります。議案第10号から第15号までの6件を一括して採決いたします。 

塩尻市議会 2021-09-02 09月02日-01号

地域資源を生かした交流推進」についてでございますが、北部交流センター「えんてらす」は、7月1カ月間の利用者は、当初の想定を大幅に上回る約2万700人となりました。また、広丘図書館は1カ月間の貸出冊数が1万5,000冊に達し、蔵書数2万5,000冊の図書館としては予想を大幅に上回る利用状況となっております。 

塩尻市議会 2020-12-18 12月18日-06号

次に、議案第3号 塩尻公害防止条例の一部を改正する条例につきましては、地下水資源の保全及び地盤沈下防止を図るため、地下水の採取に係る届け出を義務づけるなど必要な改正をするものとの説明を受け、委員より、ただ届け出を出させるだけで規制の効果はあるのか。また本市状況はどうかとの質問に、今回は地下水をくみ上げる際に届け出を義務づけるものである。

上田市議会 2020-12-16 11月25日-趣旨説明-01号

次に、市政の最優先課題として位置づけている資源循環型施設建設につきましては、10月から11月にかけて2回の資源循環型施設検討委員会を開催し、施設環境対策防災対策焼却熱エネルギー利用などについて協議をいたしました。 昨年11月の設立から検討委員会の開催は7回を数え、当初予定していた事項については、おおむね協議を終えており、取りまとめの段階を迎えているところであります。

箕輪町議会 2020-12-16 12月16日-04号

農業、観光地域の大事な資源経済的にも支援していくことが大事なので賛成。採決の結果、賛成多数で採択すべきものと決しましたので、ご報告いたします。以上です。 ○中澤議長 ただいまの総務産業常任委員長報告に対する質疑を行います。ご質疑ございませんか。 (「なし」の声あり) ○中澤議長 質疑なしと認めます。以上で総務産業常任委員長報告は終わりました。

箕輪町議会 2020-12-09 12月09日-02号

当町でも生ごみ資源化モデル事業を4カ所の地域で生ごみを収集して木曽の堆肥化施設へ持っていき、堆肥化されて当町でも販売するシステムになっています。が手間やコストもかかります。平成28年に行われた中学生の模擬議会の中での質問ですが第5次振興計画の中にある資源と人の環境づくりとはどんなことを具体的にしていくのか。

上田市議会 2020-11-08 12月02日-一般質問-02号

ごみの減量と再資源化の取り組みは、循環型社会形成推進基本法基本理念にのっとり、3R、発生抑制、再利用再生利用を優先し、焼却による熱回収はあくまでもその次に行う第4の手段として位置づけています。したがいまして、新たに計画する資源循環型施設については、燃やせるごみの総量を減らして、施設周辺環境負荷の低減を図ることが重要であります。