273件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

平成26年の大雪災害の教訓を踏まえまして、特に豪雪による大規模な交通障害が発生するおそれがある場合について、国・県・市町村の管理区分を超えて相互に協力し除雪を行うということで体制を見直してきております。  諏訪地域、これは6市町村管内になりますけれども、この緊急輸送路などの重要な主要路線を緊急確保路線として選定いたしまして、管理区分を超えて相互協力して除雪を行うものであります。

原村議会 2018-12-03 平成30年第 4回定例会−12月03日-02号

諏訪地方においても近年の災害状況を見ると、平成18年の集中豪雨、これは多くの方が亡くなっておりますし、平成22年の猛暑、それから平成26年の、この辺でも1メートル50センチを超すような大豪雪平成28年の暖冬、平成29年、平成30年の台風集中豪雨というようなことが発生をしております。  

松川村議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号

新潟県長岡市人口約27万人、花火で有名な豪雪地です。2004年10月、山古志村を襲った新潟中越地震、この復興状況や災害への備えを学ぶことも目的の一つでした。平成17年4月に長岡市合併していますが、3年2カ月で復興させた元名物村長で後に衆議院議員になられた長島さんについてのお話も伺ってまいりました。  

軽井沢町議会 2018-09-03 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月03日−02号

最近でも白根山の噴火、昨年からの北陸や山形での豪雪災害島根県西部地震、大阪北部地震西日本豪雨災害台風12号、19・20号のダブル台風等々、多種多様な災害が起こりました。また、今年の夏は、埼玉県熊谷市におきましては41.1度を記録するなど熱波が全国を襲い、熱中症で亡くなった方もおり、災害とも言うべき猛暑でございました。

長野市議会 2018-03-09 平成30年  3月 9日 総務委員会-03月09日−03号

○委員長(小泉栄正) 込山局長消防局長(込山忠憲) 今お話がありましたとおり、本当に自然災害がね、この近年、雨もそうなんですが、豪雪の関係も非常に心配されるところでございますけれども、そこら辺の予防的な部分については危機管理防災課の方で対応しているかとは思うんですけれども、私どもの方はそういった助けを求められた場合、例えば119番通報があって、そのときの対応については各署所においてしっかり訓練等

長野市議会 2018-03-08 平成30年  3月 8日 総務委員会-03月08日−02号

目の概要は、ページ下段の囲みにありますとおり、長野市地域防災計画に基づき、防災体制の充実と災害備蓄資器材等の整備、災害情報の収集・伝達体制の整備及び維持管理、防災意識の高揚と啓発活動、特別豪雪地帯である戸隠・鬼無里地区への住宅除雪支援員の派遣等に要する経費でございます。  

松川村議会 2018-02-20 平成30年第 1回定例会−02月20日-01号

この冬は寒さの厳しい日が続き、北陸地方豪雪災害に遭われた皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。村では現在のところ、まとまった降雪は少なく、道路の除雪作業は1月22日のみとなっております。昨年に比べ雪の少ない状況でありますが、引き続き生活道路安全確保に努めてまいります。  次に、長野県信濃美術館移動展についてであります。

長野市議会 2017-12-13 平成29年 12月13日 経済文教委員会-12月13日−09号

今年もあと残り少なくなってまいりましたけれど、1月から豪雪のブドウ棚の被害等、本当に災害が多発した年だったなというふうに感じるところです。農業者の皆さんが様々なそうした困難にもめげず、再び生産の意欲を復活してもらえるよう、お取組をお願いしたいと思います。本日はよろしくお願いいたします。  それでは、理事者の御挨拶をお願いいたします。  

諏訪市議会 2017-12-05 平成29年第 5回定例会−12月05日-04号

冬場に線状降水帯が発生すれば、寒冷地では豪雪となります。数年前にゲリラ的豪雨を経験している当市です。例外とは言えず、災害に対する意識を常に持ち続けなくてはならないと考えます。  そこで、本日は通告に従いまして、大規模災害等への備えについてより質問を行いたいと思います。また、後半では、歩道等の都市基盤整備の整備方針について質問をしてまいりたいと思います。  

長野市議会 2017-10-11 平成29年 10月11日 決算特別委員会-10月11日−06号

しかし、1月中旬以降は一転して豪雪となり、コース管理等に苦戦いたしましたが、営業最終日、4月1日まで良好なコンディションが保たれました。これにより、記録的な雪不足でありました前年度を上回り、利用者数10万人を回復することができました。また、利用者増と食堂での新メニューの提供などにより、食堂事業、売店事業についても良好な営業状況となりました。  

下諏訪町議会 2017-03-22 平成29年 3月定例会−03月22日-05号

雪の少ない年は不用額とし、豪雪の年は予備費を充てている。  道路維持補修費では、以前は臨時職員がいたが、今は職員が二、三人の7班体制で年3回巡回し対応している。区を通しての要望は、小修繕は早目に対応できるが、設計が必要な場合や業者に依頼せねばならないケースは時間がかかってしまう。  道路新設改良費で、平成28年度は国道20号の交差点改良拡幅、用地補償、物件補償であった。

長野市議会 2017-03-14 平成29年  3月14日 建設企業委員会-03月14日−02号

これは1月13日から16日の豪雪による倒木等の応急復旧及び今後の融雪によるのり面土砂崩落等、不測の事態に備える必要があると判断し、今回の補正をお願いするものでございます。  続きまして、歳入について御説明を申し上げます。  お戻りをいただきまして、12ページ及び13ページを御覧ください。  第14款の国庫支出金、第2項国庫補助金、4目土木国庫補助金、補正額2,021万円の増額でございます。

軽井沢町議会 2017-03-10 平成29年  3月 予算常任委員会(3月10日)-03月10日−03号

それと豪雪時ということで、3社の協力をいただくように委託契約をしておりますので、都合22社ということになります。  以上です。 ○委員長(大浦洋介君) 答弁が終わりました。  ほかに質疑ありますか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(大浦洋介君) 質疑なしと認めます。  3目1の道路新設改良経費について質疑ありますか。  2番、西委員。

長野市議会 2017-03-10 平成29年  3月10日 経済文教委員会-03月10日−04号

○委員長(布目裕喜雄君) 上石課長学校教育課長(上石秀明君) 昔と比べまして、今は、4キロメートル、6キロメートルで、豪雪地域については緩和基準があって、3キロメートル、2キロメートルということになっているんですけど、そうは言っても、豪雪地域じゃない中山間地域もございますので、そういった中で、だんだん少子化が進んで、昔は、下校でも登校でも、ある程度複数で登下校ができた環境だったんですが、現在だんだん