9452件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小諸市議会 2021-06-25 06月25日-05号

今、学校現場新型コロナウイルス感染症対策やいじめや不登校への対応教育格差の解消、学習習慣の定着や基礎学力の向上など、様々な課題に直面しており、これらの課題に適切に対応していかなければなりません。また、2020年4月から始まったプログラミング教育小学校での英語教育必修化、そして、今年度から具体化したGIGAスクール構想などは、教育現場に様々な課題を提起しています。 

大町市議会 2021-06-24 06月24日-05号

もちろん、様々な課題もあったと思います。しかし、それらの課題一つずつ解決していくことで芸術祭市民にとってよりよいものにしていく必要は、これもあると思います。 しかし、基本的な方向性として、市長国際芸術祭によりこの地域の発信や、そして市民との協働を見いだしていこうとすることは、この大町市にとって必要な活性化につながるものだと考えております。 

下諏訪町議会 2021-06-22 令和 3年 6月定例会−06月22日-05号

コロナ禍での様々な課題対応し、子供たちの豊かな学びの目標先生たちの働き方改革を進めるためにも少人数学級は必要であるなどとの意見が出されました。  採決の結果、挙手全員で採択されました。  以上、生活文教常任委員会からの報告といたします。 ○議長 続いて、バイパス対策特別委員会審査報告をお願いいたします。岩村清司特別委員長、自席で御報告を願います。 ○議長 岩村委員長

千曲市議会 2021-06-16 06月16日-04号

森を含む東部地区においては、この避難所確保、特にこの水害に対しての避難所確保というのは地域の重要な課題一つであります。収容人数含めて一番の避難所となっております東小学校も、この水害の際には目の前の道路水害のたびに冠水してしまうという立地面において非常に大きな課題を抱える中、地域東部地区の皆様は、この水害における避難に対しての課題、悩みを常々抱えております。 

長野市議会 2021-06-16 06月16日-02号

このように、市長に就任以来、今すぐ解決しなければならない課題に対しましてはスピード感を持って対応するとともに、中長期的な課題に対しましては、将来への布石を打つことを常に心掛けてまいりました。 人口減少少子高齢化の問題は一朝一夕には解決できない問題であり、長野が元気であり続けるためには、これからもたゆまぬ努力が必要であります。

大町市議会 2021-06-16 06月16日-03号

136 ~ 148812番 大和幸久 [一問一答]1.北アルプス国際芸術祭について  (1) コロナ禍での開催課題は何か。 2.水道事業について  (1) 水道事業見直しに向けて、どのような課題があるとみているか。148 ~ 171915番 大厩富義 [一問一答]1.大町学校再編基本計画(案)について  (1) 旧市内の小学校2校制は、何年先までを想定しているか。  

下諏訪町議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会−06月15日-04号

今後の課題につきましては、コロナ禍に伴い、時計作り体験まち歩き商品、これらを組み合わせることにより、県内からの修学旅行の需要の増加に合わせた営業活動を行うとともに、体験商品見直しオンライン体験や自宅でものづくり体験ができる商品の開発など、新商品への切替え等も随時図ってまいりたいと考えております。  

千曲市議会 2021-06-14 06月14日-02号

2点目のWi-Fi環境のない子供たちへの対応家庭等で予想される課題への対応という御質問でございますが、市教育委員会では、昨年11月に行った調査結果では、Wi-Fi環境のない御家庭は約5%でありました。したがって、各家庭への貸し出しを行った場合、学校公民館等を利用する児童生徒は余り多くないと考えております。 

小諸市議会 2021-06-14 06月14日-04号

 土屋利江議員  1.男女共同参画推進について   (1) 「男女共同参画こもろプラン7」について     ①「こもろプラン6」の検証において課題はあったか     ②「こもろプラン7」の策定において特に取り入れた事業等は何か     ③具体的な目標4の「市政における女性参画推進」の中で、各種審議会等への女性参画率目標を45%と掲げているが現状と課題は何か     ④女性職員幹部職員への登用

下諏訪町議会 2021-06-11 令和 3年 6月定例会−06月11日-02号

歩道の幅や有無についての課題につきましては、従来から認識をさせていただいているところですが、中山道や甲州道中の時代に市街地が形成されてきた歴史や、狭い可住地に住宅などが密集している地形的な条件によりまして、整備する際の道路構造の基準を満たしている町道は、幅員5.5メートル以上の町道全体の約36.4%程度ですが、密集する建築物を避けて歩道への拡幅を行うことは、ほぼ不可能な状況であると考えておりますので