1914件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2021-09-27 09月27日-05号

委員より、包括的支援事業状況研修はどのようにしているかとの質問に、権利擁護虐待認知の全てにおいて相談件数が増加している。認知については、市内3カ所に配置している5名の認知地域支援推進員が定期的に会議を開催し認知対策検討している。ケアマネ勉強会虐待についての事例検討研修会を実施。成年後見対応については、講師を依頼して勉強しているとの答弁があり、これを了承しました。 

上田市議会 2020-12-31 10月02日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

これに対し、市内認知高齢者グループホームが行うブロック塀改修工事に対する補助であり、現在当該施設に設置しているブロック塀のうち、一部は撤去して新たに目隠しフェンスを設置し、もう一部は既存のコンクリートのブロック塀転倒防止用の処置を行うものである。 次に、健康こども未来部関係質疑において、未婚の児童扶養手当受給者臨時特別給付金について、対象者への周知はどうか。 

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-04号

認知予防に関しては、記憶力注意力など五つの認知機能検査を行うファイブコグ検査を年2回実施するとともに、市のホームページでは、認知簡易チェックサイトにより簡易認知面チェックができるようにしております。さらに、地域元気づくり広場推進や集いの場に職員を派遣して、介護予防認知予防口腔ケアなどの講話を行い普及啓発も図っております。 

箕輪町議会 2020-12-07 12月07日-02号

3番目でありますけれども、次にコロナの中で今ふれあいを通じて高齢者認知予防のためのいきいき塾であるとか、そういった地域のお茶飲み会、ふれあい会などのこういう機会が現在新型コロナの影響で主催する側もなかなか難しい状況になってきており、休止をやむなくされているところも出てきているとお伺いをしております。

上田市議会 2020-11-08 12月02日-一般質問-02号

それでは、次に認知サポーターについて質問します。私の母はことしの3月に亡くなりましたが、3年くらい認知でした。ことしの10月に公民館事業として塩田地域包括支援センターさんより新町公民館に来ていただき、認知サポーター養成講座を行っていただきました。認知を発症しないための方法、認知患者の家族の方への対応等を教えていただきました。

塩尻市議会 2020-09-11 09月11日-03号

最近では、難聴認知危険因子になることも指摘をされています。加齢性難聴によりコミュニケーションが減り、会話をすることで脳に入ってくる情報が少なくなることが脳の機能低下につながり、認知につながるのではないかと考えられているようであります。 高齢人口の比率が高い日本欧米諸国では、人口の約1割前後が難聴者で、その割合に大きな違いはありませんが、補聴器の使用率日本欧米の半分以下だといいます。

塩尻市議会 2020-09-10 09月10日-02号

認知の人が尊厳を保ち、安心して暮らし続けられる共生社会を目指し、予防から家族支援までトータルな体制を構築することが重要です。そこで2点についてお伺いします。 (1)良質な介護サービス。 認知の人への介護では認知を正しく理解し、できる限り症状の進行を緩和させ、本人主体介護サービスを行うことがとても重要になります。介護者認知への対応力を向上することが求められています。

大町市議会 2020-09-03 09月03日-05号

これまで高齢者福祉分野におけるICTを活用して実施している事業としましては、平成30年度から民間事業者と連携して実施した、GPSを活用して認知高齢者行動特性を把握するための実証実験や、独り暮らし高齢者等支援が必要な方の居室に空間センサーを設置し、見守り支援を行う緊急通報システムなどがあります。 

須坂市議会 2020-09-02 09月02日-04号

コロナ禍において社会的弱者、すなわち高齢者、妊産婦や幼児などの支援はどうなのか、高齢者外出自粛による運動不足や人との接触自粛から会話がなくなり、認知を進めると言われていますし、通院も激減しています。今後、寒冷期を迎え、インフルエンザの蔓延時期と重なります。リモートによる健康指導など必要と思いますが、どのような健康指導をなさるのか、お考えをお聞かせください。 

箕輪町議会 2020-08-31 08月31日-01号

また、増加する認知対応する事業を実施するとともに、地域包括ケアの構築に向けた地域体制づくりに努めました。 以上、各特別会計決算の概要につきまして申し上げました。 一般会計決算及び各特別会計決算の細部につきましては会計管理者に説明させますので、よろしくご審議・ご承認くださいますようお願い申し上げます。 ○中澤議長 会議の途中でございますが、ここで暫時休憩といたします。

軽井沢町議会 2020-08-27 08月27日-01号

多くの町民の方に受診いただき、認知やフレイルの予防につながるよう努めてまいります。 次に、小中学校の修学旅行についてですが、子どもたちの大切な思い出の1つとなることを考え、各学校で最大限実施できるよう努力しているところですが、大変残念ながら、9月に予定していた中学校では、予定先の奈良、京都の感染状況を踏まえ、中止という結果になりました。

上田市議会 2020-06-30 03月18日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

まず、福祉部関係質疑において、認知高齢者等個人賠償責任保険保険料を計上しているが、加入を予定している保険補償限度額の上限や対象となる事例はどうか。また、保険加入対象者はどのように想定しているか。 これに対し、補償限度額は1億円で、対象となる事例は法律上の賠償責任が発生する場合を想定している。

須坂市議会 2020-06-23 06月23日-02号

また、認知の人の外出機会が減り、物忘れの症状が進んではいないでしょうか。イベント開催中止公共施設が使えなかったことが、高齢者外出の減少になってはいませんか。市の施設を利用した、介護予防を目的とした教室等は開催できたのでしょうか。高齢者は、少し歩かないと筋力低下となります。感染予防対策とともに、免疫力を高める食事や筋肉を衰えさせないような運動等指導は行っていたのかをお伺いします。 

塩尻市議会 2020-06-18 06月18日-05号

では、認知施策推進についてですが、高齢になるにつれて、誰もが認知機能低下が起こりうるわけでございます。国では2015年1月に認知施策推進総合戦略オレンジプランを策定し、おおむね10年間を見通した戦略を示していますが、本市の認知予防対策推進と、新オレンジプラン取り組み状況についてお聞きいたします。 

岡谷市議会 2020-06-17 06月17日-02号

◆9番(早出すみ子議員) 先ほどおっしゃられたように、申請されていない皆さんは何ができないのか、書類の書き方か、コピーができないのか、そんな問題点を明らかにして、今おっしゃられたように、独居、老老世帯、障がい者、認知、未成年、一時保護児童外国人難民指定の人、仮釈放の人、ホームレスなど、残りの1割弱への申請援助には、ケースワーカー、児童福祉士ケアマネジャーなど各分野の協力が必要です。