5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長野市議会 2019-03-06 03月06日-03号

企業主導型保育施設は、働き方に応じた多様な保育サービスを提供できることや、児童育成協会から認可保育並み助成が受けられる等のメリットがありますが、昨今様々な課題も生じてきております。 このため、内閣府の有識者で構成する検討委員会において、保育の質や事業継続性確保実施体制の在り方や自治体との連携に係る課題について改善策を検討しております。 

長野市議会 2018-12-10 12月10日-05号

○議長(小林治晴) 北原こども未来部長     (こども未来部長 北原千恵子 登壇) ◎こども未来部長北原千恵子) 企業主導型保育施設でございますが、児童福祉法上の認可外保育施設に位置づけられておりますが、公益財団法人児童育成協会から整備費及び運営費について、認可保育並み助成を受けることができます。 

須坂市議会 2018-03-01 03月01日-04号

この事業従業員以外の利用の地域枠を定員の50%以内で自由に設定できることや、運営費施設整備については、子ども・子育て支援制度小規模保育事業に準じた支援が行われることで、認可保育並み保育料で利用できるなどの利点があります。 平成30年1月末現在、公益財団法人児童育成協会助成を受けて、全国で2,190施設長野県内では25カ所の設置が決まっています。

伊那市議会 2017-06-16 06月16日-04号

企業不動産取得税固定資産税認可保育並み助成等により設置を促して、本年末までに5万人の保育の受け皿を確保する計画で、既に305施設7,862人分の保育枠確保されております。働く従業員にとっても預けやすく、多様な働き方ができる、企業側も休職、退職を防ぎ、優秀な人材を手放すことなく安定した雇用確保ができます。

  • 1