533件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2020-09-10 09月10日-02号

阿部知事も先ごろベトナムを訪問し、政府介護観光分野での人材育成に関する協力促進覚書締結、現地の送り出し機関人材教育機関も視察してきたと会見で述べておりました。 外国人介護人材受け入れには、現在、経済連協定技能実習制度在留資格に基づいておりまして、技能実習制度が主流になっていると聞いております。市内事業所外国人介護士受け入れ状況についてお聞きいたします。 

伊那市議会 2020-03-16 03月16日-05号

との質問に対し、「今年度、市長フィンランド訪問締結した覚書に基づき、交流を行う予定内容については、長野林務部が実施する予定研修視察への参加、また北カルヤラ県からの訪問団受け入れ林業振興に向けた情報収集等である。」旨の答弁がありました。 「理事者、職員だけではなく、民間の人を含めて林業にかかわる人が交流できるような考えはないか。」

長野市議会 2020-03-09 03月09日-05号

今回、札幌市から札幌五輪そり競技会場としてスパイラルを活用したい意向を受け、共同開催による分散開催ではなく、施設を貸し出すとの立場覚書締結するとのことであり、私は賛成する立場です。 そこで質問ですが、平成29年に決定したスパイラルの今後の方向性との整合性は図られているのか、大会開催における大会運営競技審判、製氷は組織委員会日本連盟が行うとのことですが、日本連盟との協議をしているのか。

松本市議会 2020-03-06 03月06日-05号

そして、地元との覚書により、建て替えや改築ができないことから、今後移転可能性が高いのではないかと推測されます。私が今回懸念しているのは、この合理化計画が市の求めているとおり、個別施設の配置の在り方まで言及されたものとして策定され、可能性が高いと見込まれる市外移転とする方針が新年度早期に示される場合です。 

伊那市議会 2020-03-06 03月06日-04号

このときは、森林林業にかかわる覚書協定ということで行ったわけでありますが、あわせてフィンランド教育の現場も見てまいりました。フィンランドという国は、北欧の本当に小さな、小さなといいますか550万人ほどの国であります。その国でありながら、教育水準世界のトップだと、また社会保障水準が非常に高いということで、幸福度世界一と言われているような国であります。

長野市議会 2020-03-05 03月05日-03号

今般、スパイラルの使用についての覚書を当市と札幌市が交換し、これが日程に上ってきたことは誠に喜ばしいことでございます。スパイラル札幌オリンピック招致運動に明確に位置づけられたものであると受け止めるからでございます。 札幌2030年大会招致が成功し、スパイラル会場となれば、本市は経済効果知名度向上が期待でき、これはチャンスと捉えるべきだと思いますが所見を伺います。     

伊那市議会 2020-03-04 03月04日-02号

伊那市は昨年10月、フィンランド北カルヤラ県と森林林業分野での協力に関する覚書締結しました。 そこで質問ですが、北カルヤラ県との森林林業分野での協力に関する覚書締結記念事業として、また、高遠さくらホテルの今後の一翼を担う宣伝効果として、単純に温泉にサウナはつきものの発想ではなく、フィンランド方式の本格的なサウナ風呂設置を提案したいと思います。

軽井沢町議会 2020-03-03 03月03日-03号

はこれから開校するんですけれども、それに当たっては、今後教員免許更新等ということがあって、それについて信州大学が県のほうへ申請することによって、軽井沢でも実施ができるということがあったのですが、会場関係等もありまして、風越学園ができた暁にはそちらの会場提供をしていただけるということがあると、それについて、信州大学のほうと風越学園がまず協定を結ぶんですけれども、そこに加えて軽井沢町もその協定に基づいた覚書

松本市議会 2019-12-19 12月19日-05号

次に、松本市・高雄市「健康・福祉教育分野交流に関する覚書に基づく教育訪問団派遣について申し上げます。 ご承知のとおり松本市と台湾高雄市は、平成27年7月に「健康・福祉教育分野交流に関する覚書締結し、さまざまな分野において交流を重ねてまいりました。本年5月には、高雄市の中学生の皆さんを松本市にお迎えし、市内中学生と給食を味わい、スポーツを通して交流を深めました。 

軽井沢町議会 2019-12-12 12月12日-05号

8月3日には姉妹都市提携20周年記念式典湯川ふるさと公園上流地区にて開催され、ウィスラー市からジャック・クロンプトン市長をお迎えして、記念碑の除幕、またこれからの両市町のきずながますます強まり、さらなる友情と理解を深めることに同意する覚書の調印を行いました。 また、同日別荘と住民の皆様が交流する機会として、軽井沢ゆうすげの集いを開催いたしました。

伊那市議会 2019-12-06 12月06日-04号

それは、白鳥市長が先般、長野県が行ったオーストリア・フィンランド森林林業技術交流調査団として参加し、この際、フィンランド北カルヤラ県と森林林業分野での協力に関する覚書伊那市が締結したことであります。11月2日付の長野日報では、「森林資源活用加速へ」「知見取り入れ産業振興へ」との見出しで大きく報道されました。 

伊那市議会 2019-12-05 12月05日-03号

また、本市のガイドラインには、近隣住民地区区長会長近隣地権者との同意の提出については記載されておりませんが、箕輪町は届け出資料となっておりますし、駒ヶ根市では太陽光発電設備設置にかかわる手引きに、事業用地維持管理等に関する合意書覚書あるいは協定書となってましたが、の締結、その場合は地域それか事業者、場合によっては市も参画しますというふうに書いてありました。

軽井沢町議会 2019-12-02 12月02日-02号

災害時の支障木となり得る樹木について、仮に当該の樹木が原因で災害や損害が生じた場合、当然後に所有者は瑕疵を問われる可能性があるわけですけれども、その旨をよく説明した上で、この対象樹木に対する保安伐採覚書ですとか、具体的に町が保安伐採対象として指定した際、予告なく伐採し、その費用は所有者負担とするとかそういった同意書などを平時に行っておくことはできないか、要はお願いするという点からそれを勧告するというようなことはできないかということを