39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

千曲市議会 2021-06-07 06月07日-01号

お寄せいただいた義援金は、6月3日に、第4回千曲市災害義援金配分委員会を開催し、第4次配分として、住家被害区分の1世帯当たり全壊世帯には1万3,857円、大規模半壊世帯には1万395円、半壊世帯には6,925円、一部損壊床上浸水世帯には1,386円、一部損壊床下浸水世帯には1,000円を追加配分することといたしました。 

千曲市議会 2020-09-17 09月17日-05号

公費解体は、昨年の台風災害により、全壊・大規模半壊半壊した建物を市が所有者に代わり、解体、撤去する制度であります。昨年12月に該当被災者約350人に意向調査を行い、10件の申請がございました。 5月から建物解体工事に着手し、解体後の廃材はできる限り資源化するために、分別して名月荘跡地に搬入しました。今月4日には名月荘跡地からの搬出も完了したところであります。 

長野市議会 2020-06-12 06月12日-04号

そこで、被災住宅全壊824戸、大規模半壊275戸、半壊1,190戸、一部損壊1,573戸、合計で3,862戸につきまして、復興に当たってかさ上げ、地盤改良など、行政としてどのような指導で進めておられるのか伺うものであります。 また、復興に当たっていろんな課題もありましょうが、特に問題となっております課題についてお聞かせいただきたいと存じます。 

中野市議会 2020-03-10 03月10日-04号

被災家屋に対する住宅応急修理支援につきましては、「災害救助法」に基づき、市では住宅が大規模半壊、半壊または一部損壊し、自ら修理する資力のない世帯に対して、被災した住宅の居室、台所、トイレ等日常生活に必要な最小限度部分の応急的な修理に対して、その費用の一部を負担しております。 農地堆積土砂撤去状況につきましては、永沢議員にお答え申し上げたとおりであります。 

中野市議会 2020-03-09 03月09日-03号

この支援金申請状況につきましては、未申請世帯は、罹災証明書全壊世帯ではありませんが、大規模半壊世帯では3世帯であります。 罹災証明書半壊世帯支援する信州被災者生活再建支援制度支援金につきましては、未申請世帯が1世帯であります。 本市独自の支援金につきましては、対象となる方全員に申請いただき、口座への振込が済んでおります。 

長野市議会 2020-03-06 03月06日-04号

この特例措置は、地域公民館建設費用補助率を3分の1から3分の2に引き上げ、被災規模に応じて、全壊、大規模半壊については360万円、半壊、一部損壊については180万円を限度額とするとして補助するものですが、この金額を超える費用負担地域住民がすることになります。 しかし、住家被災し、多くの出費を抱える被災住民補助額を超える復旧建設費を到底負担できるとは思えません。

下諏訪町議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会−03月04日-04号

仙台から30キロメーター北東の東松島市では震度6強、地震と津波は10.35メーターを観測し、6年後の平成29年2月1日現在の統計によると、死者1,110人、行方不明者24人、家屋被害全壊世帯が5,513棟、大規模半壊世帯が3,060棟、半壊世帯が2,500棟で、避難者最大1万5,185人、避難所延べ118カ所が被害状況です。  

飯山市議会 2020-03-04 03月04日-02号

住居につきましては、大規模半壊が38件、半壊が152件、準半壊が23件、一部損壊が416件と合わせまして629件の被害家屋がありました。 この復旧につきましては、2つ制度がございまして、1つ目災害救助法に基づく応急修理制度でございます。現在213件が対象となっており、このうち129件申請があり、118件に対して修理飯山市より業者に依頼しまして、62件から修理完了の報告をいただいております。 

諏訪市議会 2020-02-26 令和 2年第 1回定例会−02月26日-03号

被害程度につきましては、50%以上の損害を受けた家屋について全壊、40%から50%未満を大規模半壊20%以上から40%未満について半壊、また20%未満半壊に至らない損害につきましては一部損壊と、この四つに区別をし、被害程度を明らかにして市町村長が証明するというものになっているということでございます。  

上田市議会 2019-12-16 11月25日-趣旨説明-01号

次の款8土木費、項5住宅費、目1住宅管理総務費では、こちらも災害救助法に基づきまして、一部損壊半壊及び大規模半壊被害を受けた住宅に対する応急的な修理のための経費として1,342万5,000円を計上しております。 続いて、款13災害復旧費へ参りまして、項1農林水産業施設災害復旧費では、目1農地農業用施設災害復旧費で1億9,680万円の計上でございます。

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

条件といたしましては、お住まいの住宅全壊、大規模半壊等により住宅での生活が困難になった場合や、みずからの資力では住宅を確保できない方が対象となります。いずれも家賃は無料または県が負担することとなり、光熱水費等入居者負担となります。また入居期間は、おおむね1年から2年となっております。したがいまして、当町においても大規模災害があった場合、基本的にはこのような対応をすることになるか思います。  

飯山市議会 2019-12-11 12月11日-02号

規模半壊が38件、半壊が152件、一部損壊、準半壊ですが24件、一部損壊、10%未満損壊ということですが416件ということで、合計630件が浸水被害を受けております。 今回の台風におきましては、千曲川上流部で記録的な降水があったと、それに加えまして、飯山市域においても斑尾、富倉等で24時間に300ミリに迫る降水があったというのが大きな原因だと考えております。

佐久市議会 2019-12-09 12月09日-02号

◎市長(柳田清二) 今回の災害により被害を受けた入澤地区におきましては、集落内を縦断している一級河川の谷川の氾濫による護岸崩壊とともに、隣接する市道の崩落、家屋への浸水、この浸水の内容は全壊が5件、大規模半壊が2件、半解が13件、一部損壊が14件という大きなものです。この谷川に係る橋りょうの流出、中身は市道橋3橋、私橋8橋など、甚大な被害が確認をされています。

  • 1
  • 2