310件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-03号

そのほかには、情報伝達意思疎通支援機器が必要な方には、法に基づく装具給付ですとか、市の要綱に基づく日常生活用具給付をしており、具体的な給付内容としましては、聴覚障害の方へ補聴器ファクス等通信機器喉頭を摘出し発生ができない方へは人工喉頭という補助器具、また重度の身体障がい者で意思表出できない方には重度障がい者用意思伝達装置などを給付しております。

伊那市議会 2020-09-18 09月18日-05号

身体障害者装具給付日常生活用具給付事業において、車いすけん引装置対象となるということでよいか。」との質問に対し、「現在、市では対象としていない。県などに確認をした上で対象とするか検討したい。」旨の答弁がありました。 「高齢者介護慰労金延べ支給者数考え方は。また、介護や看護を理由に介護離職を余儀なくされる人がいるが、市として調査を行うなどして把握する考えがあるか。」

松本市議会 2020-09-15 09月15日-03号

その中で、地震や台風などの災害発生時に不安なこととして、避難所での生活が全ての障害種別で45%前後と最も多く、順位の差はあるものの障害のある方や高齢者に配慮した避難場所衣料品装具などの必要な物の入手といった避難所生活に関係する事項が上位を占めております。この対策の施策方向として、障害者計画では、要援護者支援施策の推進など7項目示しております。そこで確認させていただきます。 

伊那市議会 2020-09-09 09月09日-03号

また、車いすけん引装置は国の装具・特例装具、日常生活用具給付等事業として、市町村地域生活支援事業に規定されています。市町村が定める費用購入補助が可能となります。 私は、以下4項目についての提案をいたしますので、それぞれに考えがあれば伺いたいと思います。 まず、1項目目防災避難用具としての自主防災組織消防団防災避難所などでの活用の提案です。

箕輪町議会 2020-08-31 08月31日-01号

障がい者の自立支援事業では、訪問介護就労支援施設への通所、グループホーム、放課後等デーサービスなどの福祉サービス補聴器車いすなどの装具給付及び、障がい者の医療費補助を実施しました。地域生活支援事業として、障がい者地域活動支援センターみのわ~れ」は、延べ9,305人が利用し、このうち515人が障がい者就労でした。障がい者の居場所として「みのあ~る」は、延べ374人が利用しました。 

松川村議会 2020-06-22 令和 2年第 2回定例会-06月22日-02号

福祉課長原勇一君) 議員さんおっしゃいますように、現在、身体障害者手帳をお持ちの方には、装具支給制度がございます。聞こえの程度は人それぞれ違いますが、これはある一定のところで線を引きまして、程度の重い方に身体障害者手帳交付して支援しているのが現在の制度でございます。  そうは言いましても、手帳交付されていないからといって日常生活に不便がないわけではない方がいることは理解してございます。

千曲市議会 2020-03-04 03月04日-04号

現在、介護保険給付居宅サービス及び障がい者在宅福祉サービスの中で、電動車いすなどの福祉用具貸与装具支給があること、また電動アシスト自転車電動車いす購入に対しまして、一部の自治体補助制度があることは承知しております。 ただ、市では、今後、急速に進む高齢化を踏まえまして、高齢者移動支援策としてこの補助制度が有効か、導入できるかどうかについて、検討してまいりたいと考えております。

岡谷市議会 2020-03-03 03月03日-04号

学習内容につきましては、車椅子や装具をつけた高齢者疑似体験や、認知症学習あるいは手話体験介護福祉施設の職員による講話のほか、和楽荘などの介護施設を訪問し交流を行うなど、身近に学ぶ有意義な内容でありました。諏訪湖ハイツに掲示した内容は、この学習をまとめたものであります。 私からは以上でございます。 ○議長渡辺太郎議員) 小口健康福祉部長。     

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

こうしたお悩みを持つ皆さんは、まず国の制度の中で行われている障がい者への装具給付事業が活用できないか、まず御相談をいただきたいと考えております。  加齢に伴い耳が遠くなったと思われる高齢者皆さんには、体調の変化により他の原因も考えられますので、まずは専門の耳鼻科にかかっていただき、医師の診断を仰いでいただければと考えております。

松川村議会 2019-12-10 令和 元年第 4回定例会−12月10日-01号

中段、款3項1目1節20扶助費88万2,000円の計上でございますが、装具給付費57万9,000円は、新規申請者増による増額計上でございます。先ほどの歳入の国・県の自立支援給付費負担金を充てるものでございます。  移動介護給付費18万3,000円は、給付対象者がふえたことに伴う増額計上でございます。先ほどの歳入の国・県地域生活支援事業補助金を充てるものでございます。  

岡谷市議会 2019-10-23 10月23日-04号

次に、補聴器給付者数でありますが、障害者日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく装具費支給制度により新規交付、再交付修理を行った方の実績は、平成26年度が12人、平成27年度が18人、平成28年度が20人、平成29年度が16人、平成30年度が13人であり、5カ年の平均では16人程度となっております。 私からは以上であります。

松本市議会 2019-09-20 09月20日-05号

身体障害者福祉法第4条に規定する身体障がい者である高度・重度難聴の場合は、装具費支給制度により原則1割負担中程度以下の場合は購入後に医療費控除を受けられるものの、その対象者はわずかで、約9割は自費で購入していることから、特に低所得高齢者に対する配慮が求められます。 欧米では、補聴器購入に対して公的補助制度があり、日本でも一部の自治体高齢者補聴器購入に対して補助を行っています。 

塩尻市議会 2019-09-11 09月11日-03号

重度難聴の場合は、装具費支給制度により1割の負担購入ができるようですが、加齢性難聴者の場合は片耳当たり3万円から20万円程度負担になるようであります。これは保険が適用されないため全額自己負担となり、特に低所得者高齢者にとって購入にかかわる費用負担が切実な問題となっています。 このような状況の中、補聴器購入に対する公的補助を求める声が大きくなっています。

松川村議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-01号

款3項1目1節20扶助費146万1,000円の計上でございますが、装具給付金37万1,000円は、新規申請増の見込みによる増額計上となります。先ほどの歳入の国・県自立支援給付費負担金を充てるものでございます。  その下、訪問入浴サービス109万円は、給付対象者がふえたことに伴う計上でございます。先ほどの歳入の国・県地域生活支援事業費補助金を充てるものでございます。  次ページをお願いいたします。