6305件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2022-12-06 12月06日-03号

過去の災害からペット買い主と離れ離れになってしまう事例が多数発生し、不妊・去勢処置がされていない場合、繁殖により増加したことで、住民の安全や公衆衛生上の環境が悪化することが懸念されています。このようなことを防ぐことや、放浪動物による人への被害防止生活環境保全観点からも必要な措置とされています。災害が起こった場合に備え、買い主ペットとの同行避難について日ごろから備えておく必要があります。 

箕輪町議会 2022-09-09 09月09日-02号

そういったことは想定されながらも担当課であります住民環境課に2台の監視カメラを持っていまして、頻繁にゴミが捨てられる場所には区でありますとか、衛生役員さんともご相談をさせていただきながら活用していくつもりでございます。恒常的に不法投棄が仮にあるような場所があるとすれば、そこへの設置も必要かなというふうに思っております。以上でございます。 ○中澤議長 金澤議員 ◆9番(金澤議員) 分かりました。

箕輪町議会 2021-06-14 06月14日-03号

車のいろんな許可食品衛生法等許可が車にくっついてるもんですからその期限が来ているということもあってそんなことも含めて専務さんとはお話を続けさせていただいております。 ○中澤議長 木村議員 ◆7番(木村議員) ぜひ貴重なご意見も伺うことができると思いますので、ぜひそんな点も留意をお願いをしたいと思います。

塩尻市議会 2021-06-04 06月04日-01号

衛生費では、古着のリサイクルを推進するため、古着改修委託料を計上するものです。 土木費では、凍上による市道の破損を補修するため、市道新設改良工事費増額するもの、社会資本整備総合交付金の内示により、塩尻駅北土地区画整理事業工事請負費増額するものでございます。 また、補助金交付申請件数の増加により、県産木材住宅普及促進事業補助金増額するものでございます。 

箕輪町議会 2021-06-04 06月04日-01号

衛生費は元気づくり支援金に採択をされました健康づくり推進シンポジウム健康増進事業を新たに計上するなど178万2,000円を増額をいたしました。農林水産事業費は強い農業担い手づくり総合支援事業交付金農業青少年センター解体工事費の増など2,504万5,000円を増額をいたしました。商工費人件費に係る補正として70万5,000円を増額をいたしました。

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-04号

プライバシー保護あるいは温かい食事、暖かい寝具あるいは衛生管理が必要だということが避難所運営に関して指摘されています。本市では段ボール加工で高い技術を持った事業所があります。段ボールベッドなど、先ほどの答弁にもありましたが七百近くが避難所のほうへ導入されたというふうに報道されておりました。業者と提携などが進んでいるのでしょうか。 

塩尻市議会 2020-12-05 12月05日-02号

国内産の小麦検査につきましては、農林水産省においてモニタリング検査を実施しており、残留農薬基準値以下であり、食品衛生法で定める基準に適合していることを確認しております。また、外国からの輸入小麦につきましては、農林水産省が農作物として食品衛生法に基づいて残留農薬基準値以下であるかどうか検査するとともに、厚生労働省食品として再度検査を行っております。

箕輪町議会 2020-12-02 12月02日-01号

地方債の追加として、学校教育施設等整備事業債及び農地・農林施設災害復旧事業債の2事業を新たに加え地方債の変更として衛生施設整備事業債及び保育園整備事業債借入限度額増額するものでございます。それでは歳入歳出予算概要につきましてご説明を申し上げます。歳入でございますが補正予算書一般2ページ、事項別明細書一般8ページからでございます。12款 地方交付税特別交付税を1億円計上いたしました。

塩尻市議会 2020-11-26 11月26日-01号

衛生費では、検診の受診者及び再検査対象者が増加したことに伴い、結核健康診断委託料増額するもの。 労働費では、お試し居住対象者が増加したことに伴い、IT事業者居住費補助金増額するもの。 農林水産費では、県の信州の森林づくり事業補助金対象となった事業拡大に伴い、森林整備補助金増額するものです。 

上田市議会 2020-10-24 12月04日-一般質問、趣旨説明、議案質疑、議案付託-04号

全ての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する。つまり、全ての人が安全にかつ十分な量の水を利用できる世の中を目指すとあるように、水は生命の根幹であり、健康を維持し、社会の発展の礎であり、経済活動生態系保全に不可欠であります。日本の水は世界に誇れる安心安全な水です。一方、世界リスク報告書によると、災害へのさらされやすさは、世界の中で5番目に位置しているようであります。