2207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-12-09 03月01日-一般質問-02号

今後行政も様々な分野において積極的な導入活用が求められており、現在検討が進められている上田市スマートシティ化推進計画では、行政業務全般においてAIやRPAなどの最先端技術活用により業務改善を行う上での具体的な目標はどのように設定され、重点的に導入する部門や導入目標についての検討はどうしているのか伺います。 次に、公共交通施策における活用に関する質問です。

千曲市議会 2021-03-11 03月11日-05号

しかし、あれは行政からの都合のいい情報だけを1枚に入れていただけであって、市民が知りたい情報はほとんど入っていない。あれはあれでまた一歩前進ではありますけども、やっぱり市民に聞く、市民の疑問に答えるという体制をぜひつくっていただきたい。その上で、今後、開発を進めるなら進めるという体制をつくっていただきたいと思いますが、いかがですか。 ○議長和田英幸君) 答弁を求めます。 

千曲市議会 2021-03-10 03月10日-04号

水辺オープンカフェやバーベキュー、噴水広場でのイベント開催など、市民の憩いの場、観光誘客が見込める水辺自然空間として河川敷地の利活用を図ることにつては、行政のみの手によらず、民間事業者や持続可能な事業展開が図れる団体からの募集を行いまして、地域との合意形成利用区域指定などの手続等について行政から支援をしてまいりたいというふうに考えております。

中野市議会 2021-03-10 03月10日-03号

◆20番(高木尚史君) 結局、堂々巡りになってしまいますけれども、例えば行政が決めた、発注をした、そのとおりやっているかどうか、仮に議員がそのことについての質問などをした場合に、それは長期継続契約をした、あるいは指定管理者になっている業者の問題だから答えられませんと言えば、まさにその企画そのものが飛んで消えているわけですよね。 

伊那市議会 2021-03-09 03月09日-02号

人口減少高齢化また自治会加入についてや、地区割見直し等行政の指導、支援が必要と思われますが、市の考えをお聞きいたします。 ○議長飯島進君) 白鳥市長。 ◎市長白鳥孝君) 伊那市では、自治組織への加入促進のためにパンフレットを作成いたしまして、市民課窓口で転入する方に配布をし、自治会への加入を呼びかけております。

茅野市議会 2021-03-08 03月08日-04号

◆13番(伊藤正陽) 大学あるいは行政だけに求めるのではなくて、やっぱり地域住民として様々な形でこういうのがあるよというお誘いもしながら、交流をする機会というのを増やしていくということも一つの方法かなと思っておりますので、また私たち考えていきたいなと思っております。 次に、若者が行政に求める施策は何か、また、行政市民に何をすべきかということについてお尋ねします。 

千曲市議会 2021-03-08 03月08日-02号

また、市民一体感を醸成するための施策考えですが、大切なのは、行政は徹底した情報の発信であり、市民側地域課題をしっかり住民同士で共有し、お互いによく考え意見を交換し、行政地域信頼関係を築きながらまちづくりを進めていくことが重要であります。 現在、市内では、市民が主体となった様々な活動が展開されており、一体感は順調に醸成されてきております。

大町市議会 2021-02-16 02月16日-01号

かつてリオデジャネイロオリンピックのときには3名の計上があって、採決前日ですか、行政から取下げがあったものですから、取下げの内容もよく分からないわけですが、あの際はなぜ取下げになったのか、その理由について市長から説明いただきたいと思います。 ○議長中牧盛登君) 総務部長。 ◎総務部長竹村静哉君) 私からお答えさせていただきます。 

安曇野市議会 2020-12-18 12月18日-06号

公共サービス向上効率化を目指すということであれば、安曇野文化財団のいろいろな実績を行政が学び取って、その民間のノウハウやサービス向上効率化運営に生かしていけばいいのではないか。指定管理に任せれば活性化が図れる、問題が解決するという考え方は、あまりにも安易過ぎる。市の直営で、市民に公平に利用してもらうために応援していくべき。 

下諏訪町議会 2020-12-17 令和 2年12月定例会−12月17日-03号

私としましては、こうした立場におるわけでございますので、そうしたところを払拭するようなことというのにはしっかり力を入れて、やっぱり行政からも議員皆さん側からもしっかりと課題、それからその方向性、そして、やることで実現することがあるんですよというところもぜひお伝えをいただく中で、そうした諦め感を何とか解消していくというか払拭するような努力といいますか、お伝えすることは必要だろうなと考えております。

松川村議会 2020-12-14 令和 2年第 4回定例会−12月14日-02号

どうかこの本会議場議会側の議席が、年齢や性別において多様性を持つ、あらゆる村民で埋まる日が遠からず来ることを、また行政の席も、まずは多くの女性が登用され、埋まることを願っております。  議会も村長以下行政も進化し、持続し続けていくことを望み、この質問を終わります。 ○議長平林寛也君) 総務課長

長野市議会 2020-12-14 12月14日-06号

さて、また、委員会審議の中では、パブリックコメント素案、案の前の素案について意見を聴いているから、問題無いじゃないですかといった趣旨の長野行政からの説明もありました。しかし、パブリックコメントの代替になるわけがないんです。 長野市のパブリックコメントを統べている長野まちづくり意見等公募制度実施要綱というものがございます。

塩尻市議会 2020-12-10 12月10日-04号

また、マイナンバーが未記入で提示された書類については、行政が後から記入することもあるというようにお聞きをしています。 マイナンバー制度が始まって、国民の利便性向上行政効率化などを実現できているのでしょうか。市民行政にとってマイナンバー制度は有効に活用されていると言えるのでしょうか。現状の評価についてお伺いいたします。