97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長野市議会 2021-03-04 03月04日-03号

大人になったことを自覚する式であることから、自ら意義を考え、どのような形で行うか、行政の一方的な開催ではなく、企画段階から地域行政とも協働しながら運営を行うことで、一層強く自覚が持てるようになるのではないかと考えております。 ○議長小泉栄正) 広田こども未来部長     (こども未来部長 広田貴代美 登壇) ◎こども未来部長広田貴代美) 私からは、里親制度の取組についてお答えします。 

小諸市議会 2020-12-09 12月09日-03号

◆2番(楚山伸二議員)  今、協働による共助ということで、行政とも一緒に絡まった中での、いわゆる共助というお答えでございました。 それでは、地域における互助というのは、行政にとってどういう関係にあるものでしょうか。 2つ答え用意しましたけれども、行政とは全く無関係なものなのか、あるいは、間接的に行政公的支援が含まれている、間接的な行政支援の対象のものなのか。

千曲市議会 2020-03-05 03月05日-05号

内容は、市民行政による協働まちづくりを進めていくために必要な地域を担うリーダーと次世代の人材育成事業を実施し、市民行政ともに必要な能力向上へつなげるとしています。86万円の予算になっていますが、具体的にどのような内容と計画かについて伺います。 ○議長荻原光太郎君) 竹内企画政策部長。          

小諸市議会 2019-12-03 12月03日-03号

小諸市におきましても多くの災害が発生し、その復興対応市民行政ともに現在奔走しているのが現状であろうかと思います。近隣自治体被害状況から見ますと、災害規模につきましては、周辺地域より降雨量の差がございまして、被害が少なかった点ではないでしょうか。 しかしながら、今後の災害につきましては安心はできない。

松川村議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

第96条で、議会行政区からの請願等は一切扱わないというふうに定めてまいりましたけれども、これは今お話ありましたとおり、道路の問題、水路の問題、衛生の問題等々、混同しないようにということで、そういう面では行政とも直結されておりますので、混同しないようなということで96条を定めたところでございますけれども、このほど陳情請願は誰にも与えられた権利であると、こういうような話もございまして、この項目を、96

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

総務課統括課長補佐中村彰君) 自治組合の加入もということでございますが、おっしゃるとおり、現在住民同士、やっぱり自治組合というものはそういった維持活動の中にありまして、そのほか高齢者の見守りや子ども交通安全等取り組み、また我々行政とも連携をしまして、地域課題取り組みまして、そういった住みよいまちづくりというものを進めている組織というふうに理解をしております。  

須坂市議会 2019-03-05 03月05日-03号

実態把握を進めた上で、行政とも協力し、対策を考えたいとしています。 市として、ひとり暮らし高齢者で近くに親戚がいない場合の現状対応はどうなのかお伺いします。 3点目、単身世帯用住宅確保は。 これからますます単身世帯用の物件の需要がふえることが予想されますが、どのような対応をされるのか。一般の空きアパートを借り上げて貸し出すことはできないものかお伺いします。 

佐久市議会 2018-12-06 12月06日-02号

学校生活が教師にとっても、そしてまた何よりも子どもたちにとって、毎日を元気に生き生きと過ごせる希望あふれる環境となるように、私たち市民行政とも連携して大いに知恵と力を出し合い、声を上げて運動を広げていくことが求められているんだなと、こんなことを強く思うわけであります。こんな思いを述べまして、本日、私の質問を終わりといたします。(拍手) ○議長高橋良衛) 柳澤議員質問は以上で終結いたしました。

上田市議会 2018-11-28 12月04日-一般質問-03号

認知症疾患医療センターは、認知症に関する詳しい診断、行動、心理症状や身体への合併症の対応、専門医による相談などを行う医療機関として、かかりつけ医や介護、福祉施設行政とも連携し、地域の中で認知症の方やそのご家族に適切な専門医療を提供する役割を担っております。千曲荘病院は本年10月1日県より認知症疾患医療センターとして指定されました。

安曇野市議会 2018-09-28 09月28日-06号

今、竹内委員長からも、そういったことで十分に継続審査にして行政ともしっかり向き合って、この陳情市民の願意を実現に向けてやっていきたいということだと受けとめました。 であれば、これは継続審査にするのではなくて、採択してから行うことではないでしょうか。継続審査というと聞こえはいいのですが、実際には審査棚上げというような、そういったふうに見えることもあります。

大町市議会 2018-09-06 09月06日-05号

私はこの講演会のときが、議会行政ともに大きくかじを切るべき重要なターニングポイントだったと思っております。 しかし、市長は、その機会を逃がしたと私は今、思っています。事実その後、病院は人員をふやし、医師確保ができないまま拡大路線をとったと思うのですが、いかがでしょうか。 ○議長勝野富男君) 答弁を求めます。市長

長野市議会 2018-06-15 06月15日-04号

行政とも公共施設の在り方を考える時代において、もんぜんぷら座を長野県との合築施設として複合化検討を提案いたしますが、所見を伺います。 ○議長小林治晴) 羽片都市整備部長     (都市整備部長 羽片光成 登壇) ◎都市整備部長羽片光成) この度決定した市の方針のうち、長期的な課題への対応としては、新田町交差点周辺に求められるまちづくり構想検討に着手するというものでございます。

小諸市議会 2018-06-14 06月14日-03号

ハード面で、本当に人が集まる中心市街地になってきておりますので、それを生かさなければ何の価値もないということになりますので、私たちも含めて、また行政とも一緒に手を携えてやっていきたいと私も考えております。 ちょっと細かいことで申しわけないんですけれども、先月にしなの鉄道の乗降客数調査、それと相生町駅前で通行量調査が行われたわけです。

大町市議会 2018-03-13 03月13日-06号

議会行政とも、行政評価取り組みを進めておりますが、事業評価に当たり、事業必要性効果検証評価のプロセスが見えにくい点から、新年度の予算計上額正当性の判断に至る説明が不足しているのではないかと感じています。 民間行政との大きな違いは、民間は物やサービスを提供する対価として収入を得ているのに対し、行政は、まず税金という形で徴収した上でサービスを提供しているという点であります。

伊那市議会 2018-03-07 03月07日-02号

十分な行政とも連携を取りながら、事業を推進をしております。 市民の皆様からの意見、それから希望、要望については、直接あるいは間接を問わず大切に聞き取り、業務をしながら生かしていくということは当然のことでありまして、委託による情報量減少とか、あるいは機能不全ということが起きるとは考えてございません。 ○議長黒河内浩君) 前澤議員

上田市議会 2018-01-17 06月13日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

しかしながら、生産した農産物に対しまして、どのような加工を施して付加価値を高めていくのか、販路をどうするのか、個人経営の農家の場合、6次産業化に向けた資金や労働力をどう確保していくかといった点が、民間行政ともに6次産業化を進める上での共通の課題になっているのではないかと考えてございます。 

飯田市議会 2017-06-13 06月13日-03号

また、各地区によっては、ほぼ人口動態から考えてみた場合に、そう将来的にも変わってはいかないと、人口減少がそれほど起こらないという地区もございますので、そういった地区についてはまた別な地域への愛着を深めるような取り組みと、こういうようなことにもなってまいりますので、地区のそれぞれの特徴を生かした取り組み当事者意識を持って、しかも行政とも共創行政だけではなくて多様な主体との共創ということですけれども

大町市議会 2017-03-14 03月14日-06号

これまでにも議会行政とも行政評価取り組みを進めておりますが、これからはさらに厳正に費用対効果を見きわめ、事業効果が少ないものは思い切って休止してみる、そして新たなる枠組みに挑戦していく、こうした姿勢が不可欠であり、市の将来像を追求しながら適正な予算規模としていくことについて牛越市長の手腕に大きく期待を寄せるところであります。