20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

一方、薬物乱用につきましては、昨年12月、諏訪湖ライオンズクラブ、薬剤師会、保護司会、更生保護女性会等が中心となりまして、教育委員会警察署等が参画し、諏訪市薬物乱用防止協 議会が設置されました。青少年薬物による犯罪被害に遭わないために、各学校における薬物乱用防止教室の開催など啓発活動を中心に、協議会を初め関係団体とともに連携して薬物乱用防止活動を進めてまいります。              

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

先ほど質問させていただきましたが、骨髄バンクドナー登録推進に向けての御尽力や飼い主のいない猫対策地域猫の補助の増額、薬物乱用防止の取り組みに対する御理解など、事業化していただいたものも多くありました。まだまだ大きな事業が山積している諏訪市の中で、手を差し伸べていかなくてはいけない小さな事業も多々あります。どうか隅々まで注意を払っていただき、お進めいただけたらありがたいと思います。  

諏訪市議会 2018-02-21 平成30年第 1回定例会-02月21日-目次

───┤ │ 2 │増澤義治   │1.骨髄バンクドナー登録について              │ │   │       │(1)骨髄バンクドナー登録の現状について          │ │   │       │(2)骨髄バンクドナー登録への取り組み状況と課題について  │ │   │       │(3)課題解決への取り組みについて             │ │   │       │2.薬物乱用防止

下諏訪町議会 2017-02-27 平成29年 3月定例会−02月27日-01号

新たに、低年齢化している薬物乱用から子供たちを守るため、薬物乱用防止教育認定講師の養成を支援し、学校などにおける啓発活動を推進します。  子育て支援関係では、「子ども・子育て支援事業計画」に基づき、夢を持って安心して産み、育てることができる町を目指すとともに、子供たちが心身ともに健やかに育まれる環境づくりを進めてまいります。  

松川村議会 2015-03-19 平成27年第 1回定例会−03月19日-03号

ただ、こういった啓発とかですね、事前の防止につきましては、県から委嘱された長野県薬物乱用防止指導員という方が松川村には1名、今委嘱をされておりますし、あと村のほうで松川村生活安全条例がございまして、この中で関係機関との連携をするようになっておりますので、所轄の警察署長さんや関係機関等の連絡会議を開催して対応するということは可能でございますので、これからもしそういうことがあれば考えていきたいというふうに

上田市議会 2003-09-30 09月24日-趣旨説明、委員長報告、質疑、討論、採決等-05号

6 青少年の健全育成の推進とあわせ、軽微な少年犯罪の放置が犯罪の増発・凶悪化に発展する傾向を重視し、少年非行防止、薬物乱用防止対策、暴走族対策等を強化すること。 以上であります。 次に、議案第102号、高額療養費の返還(償還)制度の改善を求める意見書について趣旨弁明をいたします。 この意見書は、議長の要請を受けて厚生委員会で協議し、委員全員の賛同を得て提案するものであります。

諏訪市議会 2001-06-13 平成13年第 3回定例会−06月13日-04号

1989年にC型肝炎の検査法が確立されて以降、輸血や血液製剤使用による感染が著しく減少し、現在はこれらの原因による肝炎の発生は、限りなくゼロに近づいているとのことではありますが、かつて二、三十年前、予防接種を受けたとき、煮沸消毒しない注射器の使用や、現在では薬物乱用者の注射器の回し打ち、入れ墨、消毒を十分に行わない器具の使用、また、ボディピアスを行ったなどのほか、血液透析を受けられている人たちは、C

諏訪市議会 1999-12-03 平成11年第 6回定例会−12月03日-目次

│   │       │  (6)老人保健福祉計画                 │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 4 │小松千章議員 │  道路網の整備、改善について               │ ├───┼───────┼──────────────────────────────┤ │ 5 │原 文明議員 │1 青少年薬物乱用防止

上田市議会 1985-03-01 03月09日-一般質問、議案質疑、委員長報告、討論、採決等-04号

少年を対象とした薬物乱用防止のために薬物キャラバンカーを使っての防止教育に取り組んでいただいておりますが、現在上田市の小中学生に対してどのように薬物乱用防止教育を行っておりますか、お聞きします。その現状と今後の対策をお聞きします。また、市内の全小中学校薬物キャラバンカーは行ったのでしょうか。その現状はどうなっているのかもお聞きします。そして、そのときの子供たちの反応、声はどうだったでしょうか。

上田市議会 1980-06-08 06月12日-一般質問、議案質疑-03号

現在血液を介し、C型肝炎ウイルスに感染する危険性が高いと思われるのは、薬物乱用者の注射器の打ち回し、入れ墨、消毒などを十分に行われない器具によるボディーピアスを行った場合等が言われております。また、40歳で肝機能の検査数値が異常を示していないキャリアでも、10年後には男性の61%、女性は67%が慢性肝炎を煩い、また男性の3%、女性の2%が肝がんを発症するとしたデータも示されました。

上田市議会 1978-02-01 02月09日-一般質問-03号

薬物については、薬剤師会等の協力により薬物乱用防止教室等を開催し、授業の一環として、喫煙、飲酒による害を初め麻薬等の薬物乱用防止などの指導を行っています。 次に、課題について申し上げます。携帯電話インターネット等の急速な普及などにより、年齢にかかわらず、異性との出会いや薬物の入手が簡単にできる社会環境になっていることがあります。

上田市議会 1955-08-29 09月10日-一般質問、議案質疑-04号

もう一つ、覚せい剤、薬物乱用喫煙防止対策として学校現場へのキャラバンカーの導入も図っていただいておりますが、その取り組みの状況を伺って一問といたします。 ○議長(宮下昭夫君) 消防部長。   〔消防部長 大久保 弘君登壇〕 ◎消防部長(大久保弘君) 南雲議員より幾つかのご質問をいただきましたので、順次お答えをさせていただきます。 

上田市議会 1954-09-27 09月13日-一般質問、議案質疑-04号

△日程第1 一般質問(1)禁煙対策及び薬物乱用防止教育について ○副議長(手塚克巳君) 日程第1、一般質問を行います。 まず、禁煙対策及び薬物乱用防止教育について、成沢議員質問を許します。成沢君。          〔28番 成沢 捨也君登壇〕 ◆28番(成沢捨也君) 大変激励をいただいて恐縮いたしております。

上田市議会 1952-10-01 03月06日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

現在、市内の小中学校においてはがんに対する教育は行われておりませんが、保健体育食育授業などにおいて、生活習慣病との関連として、またたばこや薬物乱用防止に関する授業などにおいてがんの原因として扱われております。今後につきましては、国による学校での教育のあり方等の検討が進み、その結果が示されましたら速やかに対応してまいりたいと考えております。 以上でございます。

上田市議会 1947-10-01 09月17日-趣旨説明、一般質問-02号

そこでお尋ねいたしますが、未成年者への禁煙教育薬物乱用防止教育の取り組みについてお尋ねいたします。今本腰を入れた禁煙教育への取り組みが迫られております。喫煙年齢の急速な低下で、近ごろは高校生の喫煙は珍しくないと言われ、しかも喫煙は飲酒や薬物指向への突破口になることが指摘されております。こうした中、今中学校ではどのような禁煙教育の取り組みを行っているかお尋ねいたします。

  • 1