2202件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2023-11-02 12月03日-一般質問-03号

まず、スティーム教育とは、科学技術工学、数学の英語の頭文字を取ったもので、統合的に学習するステム教育にさらにアートを加えて提唱された教育手法であり、教科学習総合的な学習の時間特別活動も含めたカリキュラムマネジメントを通じ、一人一人のわくわくする感覚を呼び覚まし、文系、理系を問わず教科知識や専門知識を習得することと、探究プロジェクト学習の中で知識に横串を刺し、創造的、論理的に思考し、未知の課題

塩尻市議会 2022-12-06 12月06日-03号

来年度から小学校で正式な教科としての英語授業が始められると聞いています。この機会に私の経験から一つ提案したいと思います。メイク・ア・ディファレンス、そのまま直訳すれば違いをつくる、違いを生ずるとなりますが、実は力を発揮するといった意味になります。つまり、違いをつくることが力を発揮することになるのだというわけです。個性を発見し発揮すると言いかえてもいい。

塩尻市議会 2020-12-09 12月09日-04号

英語のジェネレーション、世代は約30年を指します。人生にたとえても、組織を支える世代からいっても、60年というのは大きな節目となります。その年を記念して幾つかのイベントが開かれたことを多くの市民が感慨深く受けとめたのではないでしょうか。 私は余りワインをたしなまないほうですが、せっかくのお祝いであるからと総合体育館で開催された1000人で乾杯のパーティーに参加しました。

箕輪町議会 2020-12-09 12月09日-02号

そういった意味で今まで対応してきました言語以前ですと英語ポルトガル語で、概ね対応できたというものができなくなってるってなとこもありまして、生活というレベルでもこれからその共生社会の中で考えていく必要が実態としても出てきているのかなというふうに思います。言語の壁がすべての事象に影響してくるということもありますのでそのような点が重要かなというふうに思います。

箕輪町議会 2020-09-10 09月10日-03号

○中澤議長 教育長 ◎小池教育長 県でも大きな課題となっている英語につきましては、箕輪町の場合、全国学テからは良さとしてICTに慣れ親しんでおり、パソコンやiPadを使用した学習に対して積極的に係わる中で英語を使っていこうという意欲は高いということ。また、小学校より英語で話す経験を積んできていることから話す問題での無回答の率が全国より低く、話そうといった意思は強く持っていることが伺えます。

箕輪町議会 2020-09-02 09月02日-01号

特に、英語あそび・英語活動、運動あそび、読育、食育の4つを柱に据え実践を積み上げてきています。英語学習については、英語指導外国人講師を、中学校に1人、小学校3人、保育園1人の5人体制で配置し、子どもの英語力の育成に取り組んでまいりました。新学習指導要領改訂においては、令和2年度から小学校5・6年生が教科化されるとともに3・4年生も英語活動が位置づけられてまいります。

上田市議会 2020-06-04 06月18日-一般質問-03号

なお、この「うえいく」というネーミングでございますが、上田のまちを歩いていこうよという意味と、英語での「WAKE」、目覚める、気づくという2つの意味がございます。自然豊かな上田のまちを歩いていただき、歩くことで健康づくりに目覚め、心も体も健康になるという、こういう意味を込めてつけたものでございます。 

上田市議会 2020-04-02 03月04日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

当初予算にお願いしていることといたしましては、英語教育に関するALTの増員やパソコンの整備等がございますが、そのほかに不登校や特別な支援が必要な児童生徒への相談支援体制の充実に向け、引き続き心の教室相談員と特別支援教育支援員を学校に配置し、充実に取り組んでまいりたいと考えております。 議員質問の課題といたしましては、全ての施策の完成度を高めるということにあるというふうに考えております。 

上田市議会 2020-04-01 06月10日-趣旨説明-01号

4、国際交流に関しましては、イにおいて、国際社会で活躍できる人材育成するため、英語カリキュラムの改革を実施するほか、公立大学法人評価委員会でも指摘のありました語学教育の充実では、英語国際コーディネーター兼アドバイザーを雇用し、海外留学の促進を図ってまいります。 続きまして、11ページをお願いいたします。

上田市議会 2020-04-01 03月03日-一般質問-03号

次に、小学校で新年度から教科化される英語教育について質問いたします。上田市では2年前倒しで小学校授業英語教科として取り入れ、本格実施の来年度までに様々な試行錯誤を繰り返し、課題をクリアした上でスムーズに英語教科化に進みたいとしておりました。いよいよその実施まで1か月になったわけですが、お尋ねいたします。 英語を2年先行して実施した成果はどうか。

上田市議会 2020-03-18 02月21日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、採決-01号

市政情報の発信媒体の中心である市ホームページにつきましては、デザインを今月末から一新し、アクセスされる皆様に分かりやすく、検索しやすい構成とするとともに、外国籍の方にも御覧いただくため、英語のほか11か国語に対応した外国語自動翻訳機能を導入してまいります。 また、市のメール配信につきましても、外国籍の方に配慮し、来年度緊急速報や防災情報などの多言語化に取り組んでまいります。 

岡谷市議会 2020-03-16 03月16日-07号

まず、「おかやの魅力体験事業」「若者おかや暮らし応援事業」など期待できる新規事業や、災害対応型多機能消防車等の導入など評価すべき事業がある一方、各区が望む行政事務交付金の算出方法ではないこと、財政調整基金や減債基金などの積極的取り崩しにより借金を減らし、必要なところに予算を回す姿勢が見られないこと、小中学校における英語教科児童、生徒、教師への新たな負担増、消費税増税分による各種使用料、入館料、手数料

箕輪町議会 2020-03-16 03月16日-04号

みのわっこチャレンジ事業の本年度から変わった部分はとの問いに対して、今まで教育委員会から外国人講師を派遣してもらって英語遊びをしてきたが、新年度からはそれがなくなり、異文化交流ということでの項目に講師の費用を計上したとの回答がありました。これ保育園であります。保育園事業費の工事請負費の減額の理由はという問いに対して、空調設備工事、三日町保育園の長寿命化工事がなくなったためという回答がありました。