13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

諏訪市議会 2018-12-05 平成30年第 5回定例会−12月05日-05号

現況として、ヨットがヨットハーバーから出入りする航路が狭まっているという状況もございまして、湖底について県でも調査を実施しているところでございます。  その結果等をしっかり分析しまして、競技会場として適切な整備を検討していかなければいけないと考えております。その際には、市の関係課所や県建設事務所と連携して相談、あるいは研究を進めていく必要があると考えております。              

安曇野市議会 2016-09-02 平成28年  9月 定例会-09月02日−02号

ただし、市制施行10周年が過ぎ、第2ステージに突入している今日、荒波の航海に立ち向かわなければならない船長である市長は羅針盤ばかり頼りにせず、乗員である市民の安心・安全幸福のために思い切った英断、決断を行い、航路を変えることも必要であろうかと思います。  どうか1つ目の南部総合体育建設構想も含めて、この辺でぜひとも軌道修正をしていただきたくお願いをいたしまして、質問を終わりといたします。  

長野市議会 2014-06-11 平成26年  6月 定例会-06月11日−02号

四月にどらの音高く出港したこども未来部という船ですけれども、今後の航路がどうなるかということ、これが市民に伝わり切っていないということも事実であります。その上で、このこども未来部は、単なる一部局に、こども担当にとどまらない大きな役割を担っているという認識から質問を行いたいと思います。  その上で、午前中、加藤市長が、非常に理想的な発言をされておりました。

松本市議会 2001-12-11 松本市議会 会議録 平成13年 12月 定例会-12月11日−03号

私宅より2㎞ほど北の航路直下の芝沢小学校でも、授業やセレモニーが中断します。最も困るのは、リズムの連続が必要である音楽の授業中断されることであります。途中で航空機騒音が入りますと、最初からやり直しになります。大人は我慢するが、子供には迷惑をかけてはいけない、かわいそうだ。

長野市議会 2000-06-16 平成12年  6月 定例会-06月16日−02号

また、隣国朝鮮半島では、半世紀の冷戦構造が一気に平和共存に転換されようとする歴史の動きの中で、私どもは、常に国民市民の皆様と末端の接触を通して、同じく二十一世紀が人類に、また生きとし生ける物にとってことごとく幸せの世紀であることをこよなく願って、寄せ来る課題に果敢に、真しに取り組み、動く歴史のかじを繁栄と幸せの航路に定着させるよう、こん身の力を絞って、限りある身の力を試す意を新たにするものでございます

長野市議会 2000-03-10 平成12年  3月 定例会-03月10日−04号

しかし、国際定期航路が少ない、運賃が高いなどの問題もあり、長野県内の企業の利用割合は、まだ少ない状況であります。  今後、利用を前向きに考えている県内企業も多いようでありますので、港の機能整備、利便性の向上を図ってもらい、利用しやすい環境をつくってもらうことにより、直江津港も利用する企業が増えるのではないかと思っております。  

松本市議会 1999-06-14 松本市議会 会議録 平成11年  6月 定例会-06月14日−02号

いずれも私が同盟会長を仰せつかっているわけでありますし、また空港関係につきましてもジェット化して5年目になりますが、順調に進んでまいりましたが、しかし、今規制緩和の中で各航空会社とも熾烈な競争をしているものですから、乗車率が60%を割る地区、あるいは割る航路はというようなことで、今松本空港の場合、非常にその辺が脆弱なところに置いていることも事実でございますので、長野知事を主体とした空宣協はそれはそれとして

須坂市議会 1994-12-16 平成 6年 12月 定例会-12月16日−04号

次に、8月29日には、本年度完成すれば世界一のケーブル−面吊り、最新の斜張橋となります首都高速道路公団、神奈川建設局、鶴見航路橋を視察し、我が国最高水準の橋に感銘するとともに、景観に配慮した橋づくりの必要性を感じたところであります。  さらに、12月1日には本年2回目の委員会を開き、各橋梁の現状について説明を受けたところであります。

岡谷市議会 1993-12-08 岡谷市議会 会議録 平成 5年 12月 定例会(第6回)-12月08日−04号

日本の水がおいしいということは外国にもよく知られていて、外国航路の船員が日本から水を補給しようと努めて、日本の水は赤道を越えても味が変わらないと褒めたという話があります。が、今はそういう水は大分少なくなったといいます。殊に都会では水道水がまずい、薬臭くて飲めない、あるいは、どぶのにおいがするということで初めて、おいしい水の大切さに気がつき、おいしい水の要求が起こってきました。  

  • 1