684件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

箕輪町議会 2021-06-04 06月04日-01号

環境性能割については、自動車取得廃止され、それに代わり10月から導入されるものであります。それでは、資料の39ページをご覧ください。1点目は軽自動車におけるグリーン化特例見直しに伴う改正で、現行のグリーン化特例について適用期限を2年延長すること、令和3年の4月1日から令和5年3月31日取得にかかるグリーン化特例適用対象電気自動車等に限定する改正で、一番上段の表のとおり改正するものです。

松川村議会 2020-09-08 令和 2年第 3回定例会−09月08日-01号

目2の環境性能割は、自動車取得廃止され、昨年10月から導入された税でございます。課税状況については、御覧いただきたいと思います。  16ページを御覧ください。  目1の村たばこ税でございますが、前年比0.8%増となっております。これは、昨年10月のたばこ価格値上がりが主な要因と考えられます。  下段、目1の入湯税でございますが、前年比21.4%減となっております。

塩尻市議会 2020-06-26 06月26日-06号

委員より、環境性能割とは何かとの質問に、現在、自動車購入する際に自動車取得が課税されているが、これが本年10月1日から廃止されることから、これにかわるものであり、内容は自動車取得とほとんど同じものであるとの答弁があり、これを了承しました。 

上田市議会 2020-04-01 06月10日-趣旨説明-01号

初めに、環境性能割について説明いたしますと、地方税法改正により、本年10月1日に現在の自動車取得廃止され、軽自動車取得したときの税につきましては、新たに環境性能割として課税され、県税から市税変更となります。賦課徴収につきましては、当面の間、特例として従来の軽自動車取得税と同様に、長野県において賦課徴収することとされております。

軽井沢町議会 2020-02-27 02月27日-01号

8款1項1目自動車取得交付金458万7,000円の増。 9款1項1目環境性能割交付金199万9,000円の増。 14款1項1目総務使用料1万6,000円の増。 2目福祉使用料3,000円の減。 5目土木使用料118万2,000円の増。 次のページをお願いいたします。 7目教育使用料596万4,000円の増は、旧三笠ホテル入場料572万8,000円の増ほかであります。 

諏訪市議会 2020-02-26 令和 2年第 1回定例会−02月26日-04号

税制改正により、令和元年10月1日から自動車取得県税)が廃止され、自動車税環境性能割県税)と軽自動車税環境性能割市税)に区分され、軽自動車税分環境性能割市税だと思いますが、諏訪市の人口高齢化に伴い、また免許返納等購入者は減っていると思いますけれども、地方であるがゆえの交通手段としては、維持費等を考えると軽自動車所有台数はかなり多いと思います。

伊那市議会 2020-02-25 02月25日-01号

その下、7款地方消費税交付金は、同じく令和元年10月1日の消費税率改定に伴い、地方消費税率が改定されたことから、22.5%の増、9款環境性能割交付金税制改正により令和元年10月1日から、自動車取得のかわりに導入をされたところですが、令和元年度が半年分の計上だったため、2年度は交付金増額を見込んでおります。 

下諏訪町議会 2020-02-21 令和 2年 3月定例会−02月21日-01号

地方消費税交付金では、消費税率引き上げ分幼児教育・保育の無償化分を含む地方への配分率変更を踏まえ、対前年比24.1%、1億円増の5億1,500万円を、廃止となった自動車取得交付金にかわり創設された環境性能割交付金には500万円を見込みました。  地方交付税は、地方財政計画町税の見通しなどを考慮する中で、対前年比6.1%、1億円増の17億5,000万円と見積もりました。  

諏訪市議会 2020-02-18 令和 2年第 1回定例会−02月18日-01号

なお、今年度まで款8にありました自動車取得交付金につきましては、自動車税への環境性能割導入に伴い廃止としております。  以上、歳入の概要を説明いたしましたが、総額203億2,000万円のうち、特定財源は67億113万9,000円、一般財源は136億1,886万1,000円であります。  続いて、歳出について御説明を申し上げます。  

大町市議会 2020-02-18 02月18日-01号

款8(同日、款9の訂正あり)環境性能割交付金は、昨年10月の税制改正により新設された交付金で、自動車購入時に賦課されておりました自動車取得廃止され、自動車税環境性能割として環境負荷に応じた税率となり、県から配分される交付金でございます。環境性能割への移行により、税収減となりますことから、通年化となる影響も加味し、40.6%の減、1,700万円を見込んでおります。 

飯山市議会 2019-09-02 09月02日-01号

議案第86号「飯山税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例」は、長野県が独自に行っていた特定営利法人が譲り受けた軽自動車に係る自動車取得課税免除について、来月から消費税が引き上げられることに伴い自動車取得廃止となり、新たに導入される環境性能割においても免除するに当たり、所要改正を行うものであります。 

小諸市議会 2019-08-19 08月26日-01号

地方消費税交付金は、決算額8億3,216万円で前年度比4.3%の増、ゴルフ場利用税交付金は、決算額891万円で前年度比0.1%の増、自動車取得交付金は、決算額5,277万円で前年度比5.8%の減、地方特例交付金は、決算額2,469万円で前年度比19%の増となりました。それぞれ算定基礎数値増減によるものでございます。 地方交付税は、決算額40億3,580万円で前年度比3.9%の増となりました。

飯山市議会 2019-06-10 06月10日-01号

議案第56号 専決処分事項の承認を求めることについて(飯山税条例等の一部を改正する条例)は地方税法及び関係法令改正に伴い、個人住民税については住宅借入金等特別税額控除拡充等を行うほか、軽自動車税については、自動車取得廃止に伴う環境性能割の新設及び燃費性能の優れた車両に対して、軽自動車税が軽減となるグリーン化特例について、消費税引き上げにあわせて2年間延長を行うものです。