42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-03号

収蔵品の中には絵画や書、塑像など美術品があると思うのですが、またそれはどのようなものか具体的にお伺いすることはできるでしょうか。 ○議長 教育こども課長。 ◎教育こども課長(本山) お答えいたします。当博物館の資料分類表によりますと、美術と分類されている資料には、天竜道人、中村静思、岩波其残等の絵画及び浮世絵大和作内等の彫刻、藤澤麦草、吉澤大淳氏等の書、工芸品等がございます。以上です。

下諏訪町議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会−06月13日-03号

絵画とか書家の方々いっぱいおります。伊東豊雄先生を初めとする建築家の作品展、また世界のチョウを収集している方もおりまして、そういう展示をしてほしいなどなど、たくさんあります。  こうした特別展の開催はですね、手間がかかり簡単にはできないと思っております。しかし、特別展の常時開催を提案してみたいと思っております。

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

〔「議長1番」の発言あり〕 ○金子喜彦 議長  井上登議員 ◆1番(井上登議員) パネルを有効に使うということですけれども、大きな作品なんか、絵画の場合はかなり大きい、上部から展示をすることもいろんな会場で見るわけですけれども、作品のイメージはかなり見る側の視点によっても違ってくるわけです。

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

市民向けの見学会につきましては、例えば展示パネル等を並べて絵画や書などを展示するフリースペースを使った展示スタイル、また、椅子を並べた講演会でありますとか式典のスタイル、幾つかのパターンに分けて、すわっチャオの活用について、実際に使い勝手を見学していただくことも考えてございます。  

松川村議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号

教育次長(原勇一君) 松川村指定文化財の指定基準を定める要領の中の絵画の部分に当たるかと思われます。 ◆2番(梨子田長生君) じゃあ、最初に冒頭にある松川村指定有形文化財の1番にある絵画ということですかね。 ○議長(平林寛也君) 教育次長。 ◎教育次長(原勇一君) はい、そうです。 ○議長(平林寛也君) 梨子田議員。 ◆2番(梨子田長生君) はい、わかりました。  

諏訪市議会 2017-09-05 平成29年第 4回定例会−09月05日-04号

息子には小学生のときに塾もピアノ教室絵画教室も英会話も全てさせてあげたいのに、夜に仕事をしておりますので、送り迎えの時間がありません。子供だけで行かせる手段もありません。放課後の学校に出張教室があればいいなと思っていました。学校にはこんなに教室がいっぱいあるのに、教室有効利用ができないのかな。

諏訪市議会 2015-06-15 平成27年第 4回定例会−06月15日-03号

諏訪湖の歴史で見て見ますと、和歌に詠まれ、また絵画に描かれ、また御神渡りですとか、この歴史は世界の中でも定点観測記録とすれば最長を誇るという場所でもございます。またスポーツにおいては過去ボート、ヨット、スケートなど、この諏訪湖に親しんでトレーニングをされた選手がオリンピック選手として育っていったりしています。

松川村議会 2015-03-19 平成27年第 1回定例会−03月19日-03号

驚いたと言ったら失礼になるかもしれませんが、そんなに大勢の方が絵を描いていらっしゃるのかなということで感動しちゃったんですけれども、はっきり申し上げて高齢化社会の進む中で手先を動かし、脳を動かしですね、そしてこの心を動かす絵画文化、これは体もそれから地域も活性化し、松川村の長生きを支える生涯学習の柱である、原動力でもあるとも痛感をしたわけであります。

松川村議会 2013-09-19 平成25年第 3回定例会-09月19日-03号

そのほかもありますが、内容をちょっと分析してみますと、桜沢遺跡など、史跡というものが4、それから細野神社本殿など建造物が3、それから有明山社の棟札など書籍が2、古文書が2、それから川西の一本松など天然記念物の樹木が2、それから雲照院、これは板取の雲照院ですが、雲照院の来迎阿弥陀三尊像の彫刻仏像、それから安曇節と踊りの無形文化財、それから小笠原氏の三階菱の旗の民俗という分類、それから涅槃図の仏涅槃図の絵画

諏訪市議会 2011-11-28 平成23年第 8回定例会−11月28日-01号

報告第12号は、本年8月6日、市美術館において開催された「諏訪敦絵画作品展」に展示されていた作品の額を損傷した事故についての報告であります。  報告第13号は、本年10月14日、杉菜池1901番地1付近において、秋の全市一斉清掃の事前準備のために市民が草刈り作業を行っていたところ、草刈り機で飛んだ石が走行中の車両に当たり損害を与えた事故についての報告であります。  

諏訪市議会 2011-09-08 平成23年第 7回定例会−09月08日-04号

また民間との連携による館外出張展示、これは「絵画キルト展inくらすわ」というやつです。それとまたほかの市町村公共施設との連携で、入館者の送迎や相互割引を実施できた。また旅行関係のエージェントへの積極的な営業がかけられたと、こんなことが創意工夫で出てきたと。また自立支援法による給付費の補助、国2分の1、県4分の1あるんですけれど、直営より、民間の方が手厚いという面も一部ございます。  

諏訪市議会 2011-02-21 平成23年第 2回定例会−02月21日-01号

基金原田泰美術館のコンセプトである素朴画の振興を目的に、原田さんや篤志家の寄附及び市の積立金によって設置され、平成17年のクロアチア展の開催資金として使用されたほか、児童絵画教室や各種企画展の開催に際し活用されてまいりました。  昨年度末で基金残金が580万円ほどありましたが、平成22年4月から当美術館指定管理者による運営に移行したため、全額を指定管理者に対して交付いたしました。

原村議会 2010-09-17 平成22年第 3回定例会−09月17日-05号

総務産業常任委員長(菊池敏郎君) 通常の何ていうんですか、絵画を入れるような大きな額だと、とんでもなく重いもんで、そうするともう飾れない状況くらい大きなものですので、今回は先ほども言いましたガラスではなくて、アクリルを表面に張るという言い方ないですね、ガラスのかわりに入ったような額だそうです。 ○議長(小池和男君) ほかに質疑ありませんか。  

松川村議会 2010-03-03 平成22年第 1回定例会−03月03日-03号

写真の展示、それから絵画の展示ですが、壁面が大変使いづらいのです。展示場所は村民ギャラリー、それからパッサージュ壁面、この2カ所でありますが、具体的にはこの場所の壁面、これを展示しやすい状態にぜひ改善していただきたいということでありますが、こういう、質問の趣旨はこういうことなんですが、いかがでしょうか。 ○議長(甲斐澤明君) 公民館長。

諏訪市議会 2010-03-02 平成22年第 1回定例会−03月02日-03号

そして諏訪市ではですね、インターネットを初めて公売になるわけですけれども、悪質にしろ何にしろですね、滞納者でインターネットにかける場合はですね、そうは言っても絵画にしろ何にしろですね、ある程度のやっぱり高い値段で買ってあげるということも、一つの方法かなあというふうにも私は思っておりますので、そこら辺のところもちょっと大きな気持ちの中で、ひとつやっていただきたいというふうに思っております。  

諏訪市議会 2009-12-11 平成21年第 8回定例会−12月11日-06号

質疑では、絵画教室を初めこれまでのイベントの継続性、市と指定管理者との権限の明確化、特別な事業の場合、さらに財政負担があるのか出されました。討論では、市の財産であり福祉施設以外の指定管理者制度導入は時期早尚である反対の討論があり、賛成討論では、指定管理者にしていく方針であり、民間の活力による収支改善を願う討論がありました。  採決の結果、当委員会は反対1、賛成5で可決であります。

下諏訪町議会 2009-12-10 平成21年12月定例会−12月10日-03号

下諏訪商工会議所主催石仏建立350年祭事業の原田泰治先生の絵画制作や、ミュージックデュオ、エーモア作詞作曲の「万治の風」発表や、民放朝のワイドショーの放映、JRデスティネーションキャンペーンポスター採用など、石仏が全国に発信する機会がふえ、多くの観光客が訪れていただいております。