4242件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-12-13 03月02日-一般質問-03号

続きまして、東信他市の自治体と比較した際の上田市の状況転入超過減少の要因というご質問でございますが、令和2年度の上半期における状況につきましては、長野県の統計情報統計ステーションながのにおいて公表されております毎月人口異動調査により、上田市を含む上小地域佐久地域の小諸市、佐久市、軽井沢町及び御代田町の異動状況を比較いたしますと、令和元年度では2つの自治体を除きまして、上田市を含め転入超過でありましたが

上田市議会 2021-12-09 03月01日-一般質問-02号

結果といたしまして、長野市や松本市の文化施設と比較しまして料金設定が低額であることや、施設の使いやすさから、開館以降交流文化芸術センターにつきましては、全国公共ホール稼働率平均値統計平成26年の数値でありますが、55.1%、これを大きく上回る70%を超える稼働率で推移をしてきておりますが、その一方で労務管理施設安全管理上の問題が懸念され、施設運営に係る職員人件費、また光熱水費等の経費を

長野市議会 2021-06-16 06月16日-02号

農半X統計的には兼業農家とされますが、自分で作物を栽培する喜びや癒やしなどの魅力を感じ、農業に基盤を置きながら、自らの個性や能力、特技を生かした様々な仕事を組み合わせて自己実現を図ることで、暮らしの充実感満足感を求めるライフスタイルでございます。単純に兼業農家という言葉では言い表すことができないとも考えてございます。 

下諏訪町議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会−06月15日-04号

実際に統計上とかデータでは聞き取れない生の苦しみや悩みを聞き取ることができています。これは議員として、またその悩みの解消のために頑張る大きな材料となっています。町としても宿泊施設の視察のみではなくて、広く町内を具体的に訪問などをして直接聞き取りをし、状況把握に努める必要があると思います。ぜひ御努力を願いたいと思います。  次に進みます。飲食関係業者への経営支援事業について伺います。

下諏訪町議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会-06月14日-03号

検討会では、DMOとはどのような組織なのか、海外のDMO事例紹介日本版DMOに取り組む際の心得を中心に学ぶとともに、入り込み客数等統計を整理し、観光事業収入の正確な把握によるマネジメントが必須であるとのことでございました。  その後、諏訪地方観光連盟DMO検討というものはしているものの、新型コロナウイルス感染症の影響もございまして、具体的な動きとはなっておりません。  

小諸市議会 2021-06-11 06月11日-03号

◆16番(小林重太郎議員)  こういう統計は本当に、表に出てきていない数字が隠れているというのが本質じゃないかと私も思っております。 同じ調査の中で、「やりたくてもできないことは特に無い」が58%あったというんですね、ヤングケアラーと思われる子ども。これは非常に問題な数字ではないかなと思っております。 

小諸市議会 2021-06-10 06月10日-02号

本市の産業の現状については、幾つかの統計及び調査による数値から、状況分析として答弁をいたします。 まず、国が定期的に実施する統計調査経済センサスでは、最新データである平成28年の数値として、市内事業所数が2,022、従業員数が1万7,919人となっております。前回平成24年の数値と比較し、事業所数が62の減少従業員数は356人の増加となっております。 

箕輪町議会 2021-03-15 03月15日-04号

償還管理とか、決算統計など過去手作業で行っていた状況分析をシステム化した。また、受益者負担金1,310万円は誰が負担をするものか。新規下水道接続者55万円掛ける42件分の見込みである。討論はなく、原案どおり可決することと決しましたので、ご報告いたします。 ○中澤議長 総務産業常任委員長の報告に対する質疑を一括して行います。ご質疑ございませんか。  

中野市議会 2021-03-11 03月11日-04号

中野老人福祉計画・第8期介護保険事業計画によりますと、令和2年の統計で、中野市の高齢者数は1万3,667人、高齢化率は32.4%となっています。つまり、市民のほぼ3分の1が65歳以上の高齢者となります。さらに、少し古い数字ですが、平成27年で高齢者のいる世帯一般世帯全体の53.5%、そのうち高齢者の独り暮らしあるいは高齢者夫婦のみの高齢者だけの世帯が4割弱を占めています。 

千曲市議会 2021-03-10 03月10日-04号

また、県警の交通統計によると2018年に県内で65歳以上が第1当事者となった交通事故は1,871件にも及んでおります。さらには第1当事者事故による死者は25人で、けが人は2,258人にも上っております。 原因別で見ますと、安全不確認が603件で32.2%で最も多く、脇見運転が236件で12.6%、相手の車や人に気づいていたものの動きの注意を怠った動静不注視が229件で12.2%でありました。 

伊那市議会 2021-03-09 03月09日-02号

総務省統計局が、2045年の伊那人口は4万8,000人、2015年の比でマイナス29.7%と予測していますが、伊那市は5万8,000、先ほど市長言われました5万8,000人を目指しているというかたちで、総務省統計よりは1万人多くの人口減、減というかそれ以上を目指しているわけですけれども、再度ですね、人口増に向けた取組とか考えをお聞きしたいと思います。 ○議長飯島進君) 白鳥市長

下諏訪町議会 2021-03-09 令和 3年 3月定例会−03月09日-03号

県が発表している観光地利用者統計調査結果によると、令和元年データですが、下諏訪温泉、諏訪湖、八島高原、諏訪大社合わせて訪問者数が140万人です、およそ。観光消費額は16億7,300万円であります。約10年前の平成22年は御柱でしたので、21年のデータと比べてみますと、平成21年の訪問者数が180万人、観光消費額は30億5,100万円です。11年で訪問者数は21%、37万4,000人減りました。

長野市議会 2021-03-09 03月09日-06号

そして、全国住宅耐震化率は、統計では87%であり、旧耐震基準で建築された住宅危険性指摘耐震化必要性が大規模地震災害発生のたびに警鐘が鳴らされているにもかかわらず、全国的に耐震化が進んでいないとした状況があるようです。 その背景には、所有者が高齢化し、子供世代の独立や改修費用負担等、築50年になる住宅に手を入れることにためらいがあるものと思われます。