214件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大町市議会 2021-02-25 02月25日-04号

AIをはじめとする先端技術の急速な進歩とともに、価値の源泉が大量生産からアイデアや発想、イノベーションへと移行し、急激な少子高齢化社会が進む一方で、社会グローバル化が進み、環境開発、貧困などの地球規模での課題に対し、持続可能な開発目標であるSDGsや、環境社会企業統治を考慮したESGへの取組が進む時代を迎えました。 

長野市議会 2020-12-14 12月14日-06号

市役所のガバナンス統治統制コンプライアンス-法令遵守が行き届いておりません。市民政策参加がないがしろにされております。議会の権威に敬意が払われておりません。それらの理由も明確でなく、不透明な印象を与えています。つまりは、政策決定過程そのものに疑議を唱えざるを得ず、その結果としての議案には当然のこととして賛成できません。 

長野市議会 2020-12-04 12月04日-04号

議長小泉栄正) 東方みゆき議員 ◆15番(東方みゆき議員) 今、見てきた男女共同参画に限らず、民間ではSDGs環境社会企業統治に配慮するESG取組社会持続可能性、長期的な企業価値向上に不可欠と認識されてきています。ESG投資も拡大していると聞きますし、東京証券取引所経済産業省共同女性活躍推進に優れた企業を選定したなでしこ銘柄取組もあります。 

須坂市議会 2020-12-03 12月03日-05号

また、SDGs推進するためには行政だけではなく、市民企業活動団体の4者による共創が必要であり、特に企業においては企業経営指針となるESG推進、つまり環境への取組社会への貢献ですとか企業統治これは企業統制・監視する仕組みでありますが、これらにさらに積極的に取り組むことが企業の成長、さらには企業発展につながるとともに、地域活力創出と持続的な発展にもつながるものというふうに考えております

上田市議会 2020-02-01 12月02日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

地方行政デジタル化については、国などが必要以上に個人情報を取得することへの危惧のほか、明治以降に確立された世帯単位での統治という国の行政の在り方が、税にも社会保障にも貫かれている。近代社会にふさわしい個人単位での行政システムに改革しない限り、行政デジタル化で解決することは少ないといった指摘もございます。

大町市議会 2019-12-17 12月17日-05号

最大の問題点は、この間、病院経営で最も責任が重い牛越市長病院組織統治管理責任を果たす上で、適切な判断や方針がなされていたのかという点について、何らの説明責任がなされず、今日の事態に至っていることであります。平成29年度には、14億円という巨額な市中銀行からの一時借入金を行うことで病院経営を行うことは、公営企業法違反であるとも指摘されていたことに対して、どのように受けとめていたのか。

大町市議会 2019-06-14 06月14日-02号

健全な組織運営を行っていく上での管理統治という意味合いから、そういった体制を強化していくことは当然必要でありますので、私たちも病院の中で経営戦略会議等を設けまして、病院の今後KPI等含めまして戦略的に行っていこうということで、そういったところでガバナンスを強化できる、そういった仕組みを職員の中で中心に行っていこう、それに合わせて外部の有識者の方からもアドバイス等を受けながら進めてまいりたいというふうに

千曲市議会 2019-05-28 05月28日-01号

憲法第92条では、地方自治の本旨として、1、住民意思を反映した政治が行われること(住民自治)、そして2、地方公共団体が自律的な統治を行うこと(団体自治)をうたっております。したがって、住民自治すなわち民主主義の観点から、地方公共団体の機関は住民意思に基づいて構成されること、そしてその権限の行使は、直接または間接に住民意思に基づいていることが要請されます。 

千曲市議会 2019-03-06 03月06日-04号

続いて、思案の種となっている市政統治上の思案要因は、将来を見据えた基幹政策に対する包括的な戦略及びスピード感を備えた実践力の欠如であり、本件については、機会あるたびに指摘をしてまいったところであります。 自治体間競争が激化する昨今、議決をもって実践中の基幹政策は、執行側としては万難を排してこれを遂行すべきは当然の責務であります。 

飯田市議会 2019-03-06 03月06日-02号

そこでこのガバナンス施設経営に関して、市がどのように管理統治しているか。マネジメント、施設が成果や効果を出しているかについてを考えてまいりたいと思います。 まず、指定管理者制度におけるガイドライン、運用指針が定められておりますけれども、対象となる施設として公の施設というのがあります。この公の施設制度導入の目的を再認識したいと思いますのでお答えください。 ○議長清水勇君) 寺澤総務部長

茅野市議会 2018-12-10 12月10日-03号

ガバナンスですけれども、統治ということですので、要はコンプライアンス法令遵守することを維持したりですとか、あと、改善したり、こういったものを具体的に管理する体制ということが言えるのではないかと思います。公益通報でございますけれども、コンプライアンス法令遵守を確保するために、その一つの要件というんですか、そういったことに当たるのではないかと思います。 

松本市議会 2017-09-12 09月12日-03号

明治9年6月、松本城内にあった筑摩県庁が放火され、府や県の統合を進めていた明治政府筑摩県を廃止し、飛騨地域を除き長野県と合併させ、信濃全域統治する現在の長野県が誕生しました。 しかし、中南信では、県庁が北に偏っていることなどから強い不満が生まれ、南と北の地域間の対立が激しくなっていました。明治13年、県会議員であった市川量造氏は、分県実行委員として筑摩県復活を迫りました。

塩尻市議会 2017-09-06 09月06日-02号

それらの発言の真髄は地方創生の取り組みを通じての統治構造の改変にほかならない、そのように言われています。そこに地方創生の真の狙いがあると言われています。私には国の考えている地方創生と今、本市が進めている地方創生とは違うものに思えてしまいます。市長はこれらの違いや、地方創生の真の狙いなどについて、どのようにお考えでしょうか。お聞かせください。 第2、バイオマス発電施設整備について。 

千曲市議会 2017-06-14 06月14日-04号

優れた先導者統治者として組織をまとめ、組織を動かします。そこには職務に対して権限責務が生れます。 掛川市の榛村元市長さんのJRや国への日参したお話や、また今は合併して長野市ですが、旧大岡村の大平村長さんは日ごと国や県の省庁等へ行って、よい話はないか、有利な交付金はないか上京していたそうです。それにはぶれないリーダーシップのもと、しっかりした組織力が必要です。