45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐久市議会 2019-06-18 06月18日-03号

ひきこもりとは、自宅に引きこもって、学校仕事に行かず、家族以外との親密な対人関係がない状態が6か月以上続いており、統合失調鬱病などの精神障害が第一の原因とは考えにくいものとされております。 不登校であっても、一概に全てがひきこもりとは言えず、学校以外の場所では普通に過ごすことができる子どもも少なからずおります。

松本市議会 2017-09-13 09月13日-04号

臨床心理士は、昨日の阿部議員質問にあった、鬱病統合失調、ADHD、栗原 類君のADD等早期発見等、重要な仕事のスペシャリストでありますから、市で正規職員としての採用か、市の職員が資格を取れるようなことを考えていただければ、他の追随を許さない松本市の切れ目ない子育て支援につながると思いますし、あるぷキッズ支援室のより一層充実した活動につながると思います。

諏訪市議会 2017-06-13 平成29年第 3回定例会−06月13日-04号

金子喜彦 議長  市長金子ゆかり 市長  ひきこもりに関する御質問でございますが、ひきこもりの定義については、議員、先ほどお話しされたとおりに加えて、ひきこもりは原則として統合失調の陽性あるいは陰性症状に基づくひきこもり状態とは一線を画した非精神病性の現象とするが、実際には確定診断がなされる前の統合失調が含まれている可能性が低くないことに留意すべきであるというコメントもございます。  

箕輪町議会 2017-03-07 03月07日-03号

医療費増大要因について担当課からいただいた資料によりますと、入院で最も医療費の多い疾病については今、町長のおっしゃったとおり慢性腎不全、次に骨折、そして統合失調と続いてまいります。外来で最も医療費の多いのは糖尿病、次に高血圧、そしてかつては高脂血症と呼ばれました脂質異常症、そして慢性腎不全と続いていることが伺えます。入院外来とも慢性腎不全が上位を占めているという点。

松本市議会 2016-06-22 06月22日-04号

最初に、知的障害者及び精神障害者実態でございますが、まず知的及び精神障害により障害者手帳を取得している方の推移は、知的障害者は、平成18年度1,143人が平成27年度には2,208人に、精神障害者平成18年度836人が平成27年度には1,579人と、それぞれ約2倍に増加しており、増加している要因としては早期発見早期療育体制整備が進んできたこと、鬱病統合失調等に起因する方が増加したためと分析

安曇野市議会 2016-03-08 03月08日-06号

その内訳を見ますと、統合失調が45%、鬱病などの気分障がいが28%となっております。 このような状況の中で、28年度の事業でございますが、引きこもり支援事業として、こちらのほうは講演会の実施、また、研修を受けた民生委員に対し、地域課題民生委員の把握している引きこもり者の実態調査、また、それに伴う施策の方向性の検討ですとか、相談支援のための保健師臨時雇用を行います。

岡谷市議会 2015-12-15 12月15日-03号

精神科は、鬱病統合失調双極性障がい、神経症認知症と領域も広く、精神病と認識されている病気を扱う診療科となります。 神経内科は、脳、脊髄、筋肉に明確な、物質的、物理的な異常を呈する疾患診療を扱います。 心療内科と精神科専門家から見れば異なる診療科ですが、患者さんによっては精神科の受診に抵抗感を抱く場合もあり、余り識別せずに使われていると思われます。 

佐久市議会 2015-12-10 12月10日-04号

これは、平成19年から21年度に全国5か所の精神保健福祉センターにひきこもりの相談に訪れた16歳から35歳の方184人--本人が来談した数であります--精神科的診断を実施した結果、診断が確定した149人のうち、第1群の統合失調気分障がい等の薬物療法中心となるものが49人で32.9%、第2群の広汎性発達障がいや精神遅滞等生活就労支援中心となるものが48人で32.2%、第3群のパーソナリティ

上田市議会 2015-11-01 12月01日-一般質問-03号

また、教材や授業プログラムが少ない反面、教員側の知識が求められる内容であることや、精神疾病にも統合失調鬱病などさまざまな疾患があることなどの理由により、学習について均一的な導入というものについては難しいところがございますけれども、精神障害に対する偏見をなくすためには、やはり人権に関する講演会や総合的な学習の時間を通じまして当事者や専門家のお話を伺う機会を設けたり、あるいはいじめに関連した授業の中

原村議会 2014-09-18 平成26年第 3回定例会−09月18日-付録

病類統計で1位となった統合失調について、予防は難しい。 〇 認定第 3号 平成25年度原村国民健康保険直営診療施設勘定特別会計決算認定について      原案認定すべきものと決定する。(全会一致) 〇 認定第 6号 平成25年度原村後期高齢者医療特別会計決算認定について      賛成多数で原案認定すべきものと決定する。

原村議会 2014-09-02 平成26年第 3回定例会−09月02日-02号

◆3番(木下貞彦君) 成果説明病類統計を見てちょっと最近気になるんですけれども、統合失調がトップになっちゃって、この予防策精神的なもののようですけれども、統合失調は。この対策をどうとったのか、どう考えているのか。これ難しい問題だと思うけど、この病類統計で見る限り、今後とも何かこんなようなのが何か怪しいというか、新生物や高血圧をどうも抜いてきちゃったので非常に気になるところです。

松本市議会 2013-12-09 12月09日-02号

本市の心の健康に関する疾病件数は、平成22年度の統計では統合失調の約2,000件に次いで、気分障害鬱が約1,000件強、そして神経症薬物性精神障害と続きますが、いずれも上昇傾向にあります。厚生労働省では、鬱病を極めて重要な健康問題と捉え、心の健康を保つための心の健康づくりから、早期発見鬱病にかかったときの治療や社会的支援にわたる対策を進めています。 

箕輪町議会 2012-12-11 12月11日-03号

法律の定義では、「精神障害者精神疾患を有するもの」と定義され、統合失調そううつ病をはじめ、うつ病、PTSD、さまざまな依存症、摂食障害、拒食症または過食症がこれに含まれます。パニック障害適応障害対人恐怖症強迫性障害発達障害などです。重度の方から軽度の方まで様々で、NHKの朝の連続ドラマの主人公のパートナーも統合失調という設定です。 改めて精神障がい者対策について質問いたします。 

須坂市議会 2012-06-20 06月20日-03号

厚生労働省は、引きこもりを自宅に引きこもって学校社会に行かず、家族以外と親密な対人関係がない状態が6カ月以上続いており、統合失調うつ病などの精神障がいが第一の原因とは考えにくいものと定義しております。須坂市就業支援センターでは、就職でお悩みの方、これから就職をされる方に情報提供相談業務中心に行っております。

上田市議会 2011-06-22 09月13日-一般質問-03号

健康推進課保健推進係窓口では、うつ病統合失調、アルコール依存症といった疾患に関する相談や引きこもりなどの相談が昨年度で1,898件寄せられております。雇用促進室では、就労、労働問題で失業してハローワークに通っているがなかなか職につけないなどの相談が寄せられまして、平成22年度で8件の相談がございました。また、これらの上田市の専門窓口のほか、市以外の機関による相談窓口も開設いたしております。