21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

上田市議会 2020-05-07 06月15日-一般質問、議案質疑、議案付託-02号

国の第2次補正予算では、家計が急変した世帯の学生に就学機会確保するため、国立大学及び私立大学等が独自に授業料軽減減免措置を講ずる場合の経費支援公立大学は対象となっておらず、公立大学が行う場合は設置団体地方創生臨時交付金等財源を活用し支援するということになっております。 

諏訪市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会−12月03日-03号

新たにサロンを立ち上げたいという方々におかれましては、市社会福祉協議会活動を行いたい地区あるいは団体等に対しまして、サロンモデルに指定いたしまして、初回から4回までは社協職員活動内容の考案や講師の手配、チラシ作成などサポートを行うとともに、活動資金として1回当たり3,000円以内、合計1万2,000円の経費支援も行っております。

下諏訪町議会 2018-09-07 平成30年 9月定例会−09月07日-04号

策定に当たっては、国・県からのガイドラインや作成経費支援等が示されるとは思いますが、高齢者、障がい者等の当事者が参画する協議会も含め、関係部署関係機関と連携して進めていくことになると考えております。 ○副議長 河西 猛議員。 ◆河西議員 考えていくということでございますので、今後そういうことを考慮した上で町として動かれるということでございましょうか。 ○副議長 健康福祉課長

安曇野市議会 2015-09-10 09月10日-03号

私は、ことし3月定例会地方創生に向けた取り組みについて質問した際に、安曇野市まち・ひと・しごと創生総合戦略策定に当たって、総務省から1人当たり400万円の経費支援があり、一定期間地域に居住して、地域ブランド地場産品開発販売PR等地域おこし支援農林水産業への従事など地域活性化に大きな役割を果たしている地域おこし協力隊を導入し、熱意行動力を持つ都市地域若者定住定着を図る施策検討

安曇野市議会 2015-03-06 03月06日-04号

2つ目は、総務省から1人当たり400万円の経費支援があり、一定期間地域に居住して地域ブランド地域産業開発販売PR等地域おこし支援農林水産業への従事など地域活性化に大きな役割を果たしている地域おこし協力隊を導入し、熱意行動力を持つ都市地域若者定住定着を図ることを検討したらどうでしょうか。 

佐久市議会 2014-03-07 03月07日-02号

合併による財政面特例措置は、新たなまちづくりを進める都市基盤整備のための財源としての合併特例債と、合併により効率化された行財政システムが構築されるまでの間の行政経費支援措置としての普通交付税算定替えなどでございます。 合併特例債等の活用は、都市基盤整備を進める上では貴重な財源であることは言うまでもございません。

中野市議会 2013-12-03 12月03日-01号

款農林水産業費で、新規就農者支援事業費では、新規就農支援希望者が増加したため985万1,000円の増額農業制度資金融資利子軽減事業費では、事業費の確定に伴い61万5,000円の増額農作物等災害緊急対策事業費では、凍霜害の被害を受けた農家に対し、肥料や資材等購入経費補助のほか、意識向上のための啓発チラシ作成研修会の開催経費支援として、平成25年凍霜害果樹営農継続支援等特別対策事業補助金116

上田市議会 2012-10-01 12月03日-一般質問-02号

また、今年度は新たに県の補助を活用しまして狩猟者育成確保事業として、鉄砲所持許可に必要な医師の診断書射撃教習等経費支援などを行い、減少が著しい銃猟者新規確保や、また継続確保に向けて努めているところでございます。今後もこれら狩猟者確保対策を継続するとともに、国、県の施策を注視しながら、有効な補助事業を活用し、捕獲にご協力いただける狩猟者確保に努めてまいりたいと考えております。 

上田市議会 2009-06-01 03月04日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

今後、直接的な開発経費支援だけでなく、ARECのコーディネート機能を最大限に発揮し、製品化実用化に向けた専門的アドバイス等ソフト支援を充実させるなど、多くの中小企業者が新技術の開発等にチャレンジできるよう、また議員ご指摘の趣旨に沿った内容の精査も図る中で、助成制度予算枠の拡大、そして限度額見直しにつきましても検討してまいりたいと考えております。 以上でございます。

飯山市議会 2008-03-03 03月03日-01号

移住定住対策推進としましては、移住定住推進経費支援住宅補助ふるさと回帰支援に4,100円余を計上し、人口増対策を行うとともに新たに定住支援として市内に親等と同居目的で新増築した住宅資金への利子補給280万円を計上いたしました。 その他、年計画変更見直し事業として440万円余を計上したことが主な内容でございます。 

茅野市議会 2007-09-07 09月07日-04号

5点目の、各地区活動状況報告、あるいはPRにかかる経費支援はということでございまして、現在すべての地区において活動状況地域の人に知ってもらうため「コミュニティだより」を発行しております。地区により若干の差はございますけれども、発行回数は年2回から4回程度、紙面はA3サイズの二つ折りからA4サイズ1枚程度のものとなっております。 

飯山市議会 2007-03-12 03月12日-04号

現在、活動資金面において、全国の賛同者から経費支援を募っているとのことであります。そこで、本年度が飯山市の将来の安全を確保するための正念場であり、重要局面ととらえ、国土問題研究会に対し調査依頼調査資金協力を行うべき機会と考えます。長野県がこの問題を調査検討した上で、水利権更新の判断をされるのか否か、早急に確認されて、市長のしかるべき決断を求めたいと思います。 

飯田市議会 2006-09-11 09月11日-02号

したがいまして、こういった農業用燃料に対する直接、あるいは一時的な経費支援策というよりも、むしろ中長期的にみて省エネや代替エネルギー設備の導入といった支援策というものは、検討していく必要があるんではないかというふうに思っております。詳細は担当の方から説明をお願いいたします。 ○議長熊谷富夫君) 北原産業経済部長

  • 1
  • 2