1022件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安曇野市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号

松本市と同じように、精神障害保健福祉手帳の2級所持者の通院に対する福祉医療の対象範囲から拡充してはどうかと思う。精神障がい者の方は、精神科への通院だけでなく一般診療にかかることも多いため、一般診療も対象になるように見直すことも必要だと思う。その辺から少し考えていくべきではないかと思う。福祉医療費制度の支援の対象範囲の検討を一度してほしい。家族経済負担もある。

松川村議会 2018-12-18 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号

引きこもりには、確定診断がされる前の精神障害が含まれているという可能性があるとされております。医師による診断、引きこもり者のいる世帯に対しての支援といったのも必要ではないかなというふうに考えております。  厚生労働省では、引きこもり推進事業、思春期精神保健専門職の養成、引きこもり児童宿泊指導業など、さまざまな事業を展開をしているようであります。

長野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号

次に、成年後見制度とは、認知症知的障害精神障害により、判断能力が不十分な方々を法律的に擁護し、支えるための制度でございます。  この制度は、平成12年4月、民法等の改正によって導入されました。成年後見制度における喫緊の課題について、中核機関の設置と地域連携ネットワークの構築について伺います。  

安曇野市議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会-09月14日−03号

総務部長(堀内猛志) 現在、職員採用試験により雇用した精神障がい者はおりませんが、就職後に精神障害保健福祉手帳を取得した職員はおります。  精神障がいがある職員が混乱しないようにするためには、新たな仕事を指示する場合には1つずつ段階を踏んで確認しながら行うなど、職員が安心して仕事を進められるようサポート体制を構築してきたところでございます。  以上です。 ○議長小松洋一郎) 遠藤議員

長野市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会-09月12日−02号

障害の内容では、知的障害者と精神障害者の雇用はほとんど進んでいません。今後の取組について答弁を求めます。  長野市内の企業法定雇用率は、平成27年2.06パーセント、28年2.10パーセント、29年2.11パーセントの横ばいで、目標は達成していません。目標に達していない企業数と罰金の支払状況及び今後、目標達成の市の方針及び支援について答弁を求めます。  

飯田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 社会文教委員会-09月12日−01号

29年度の特徴としましては、一般心配事相談がふえておるというところでございまして、これにつきましては、精神障害者の方の利用がかなり多かったというところが増加の原因となっております。相談者に対して必要なアドバイスを送るとともに、生活困窮の相談などは先ほどのまいさぽ飯田につないでいったり、関係機関へコーディネートするなどの支援を行っておるところでございます。  

軽井沢町議会 2018-09-12 平成30年  9月 予算決算常任委員会(9月12日)-09月12日−01号

次の21ページ、(4)心身障がい者等福祉の1、療育手帳、身体障害者手帳交付状況、2、障がい者(児)地域活動支援センター入所状況、3、精神障害保健福祉手帳自立支援医療受給者証交付状況。(5)老人福祉の1、老人ホーム入所状況。  次の22ページをお願いいたします。  2、すこやかお出かけ利用券(温泉券)の利用状況が保健福祉課所管であります。  24ページをお願いいたします。  

松川村議会 2018-09-11 平成30年第 3回定例会−09月11日-02号

その障害者の中には、身体障害者知的障害者、精神障害者とあるわけですが、松川の場合は身体障害者採用は1名なんですが、重いためにこの係数をかけますと2.02という数字になります。今、言われましたように、地方公共団体は2.5ということでございますが、この5という数字は、要は、実際は存在しないというか、あれなもんですから、基本的には切り捨てられる数字でございます。

伊那市議会 2018-09-06 伊那市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

ほかに、身体障害者手帳精神障害保健福祉手帳の保持者、もしくは、要介護4以上の認定の方がいる世帯を対象としています。エアコンのみならず、扇風機や冷風扇、サーキュレーター、除湿器なども対象としています。  市内でも、認知症や要介護状態にあって、自分で部屋の環境を整えるのが困難な世帯があります。暑い日でも窓を閉め切っている、暑さを感じないなど、熱中症死亡するおそれもあります。

茅野市議会 2018-08-29 平成30年  9月 定例会-08月29日−01号

第13条の第3項の後に第4項を新たに加えまして、市長は、公営住宅の入居者が介護保険法に規定する認知症である者、知的障害者福祉法にいう知的障害者そのほかの公営住宅法施行規則で定める者、これは精神保健及び精神障害福祉法に関する法律に規定する精神障害者でございますが、収入の申告をすることや報告の請求に応じることが困難な事情にあると認めるときは、市長は書類の閲覧等により把握する収入状況をもって当該入居者の

安曇野市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−02号

本市における障害手帳所持者数でございますが、身体障害者手帳所持者数が若干減少しているという報告を受けておりますけれども、療育手帳及び精神障害保健福祉手帳所持者数は増加傾向にありまして、特に精神障害保健福祉手帳所持者数はここ10年で2倍以上となっております。このような中で、市では第2期の障害者基本計画に基づきまして、各種事業を実施してまいったところであります。

岡谷市議会 2018-06-13 岡谷市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月13日−02号

しかし、御承知のことと思いますが、平成30年度から障がい者雇用義務の対象として、これまでの身体障害者知的障害者に精神障害者が加わっております。ただ、雇用するのは身体、知的、精神のどの障がいの人でも法定雇用率以上の人数を雇用していればよいとのことでありますが、岡谷市職員として、知的障がい者や精神障がい者は募集の対象とならないのかお伺いいたします。  

軽井沢町議会 2018-03-07 平成30年  3月 第1回定例会(3月会議)-03月07日−04号

一定程度の障がいのある方でございますけれども、国民年金などの障害年金一、二級を受給している方、身体障害者手帳の1から3級と4級の一部の方、精神障害保健福祉手帳の一、二級の方、療育手帳のA、重度の方でございます。  以上でございます。 ○議長(市村守君) ほかに質疑ございますか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(市村守君) 質疑なしと認めます。  

安曇野市議会 2018-03-01 平成30年  3月 定例会-03月01日−03号

それから、精神障害保健福祉手帳、こちらも1、2級をお持ちの方で、500円のタクシー利用券を年間最大30枚交付するもので、一般のタクシーですとか福祉タクシー使用できるものでございます。今年度は、現時点で600人に利用券を交付し、そのうち441人の方が利用している状況でございます。  また次に、腎臓透析利用者通院支援事業ですが、この事業は腎臓透析の通院のみに使用できる支援でございます。

伊那市議会 2017-12-14 伊那市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月14日−03号

また、来年の4月には、発達障害など精神障害者を加えた改正雇用促進法が施行されます。今までは、従業員50名以上の民間企業では、2%の障害者雇用しなければならないとしており、厚労省は、本年6月時点の雇用状況を発表いたしました。全国で49万5,795人、14年連続で過去最高を記録、雇用法定率2%達成率は50%を超えたとのことでございます。  

松本市議会 2017-12-12 松本市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月12日−03号

内訳は身体障害者手帳1、2級の方が4,142人、精神障害手帳1級の方が973人、療育手帳A−A1の方が379人、要介護3以上の方が3,656人、75歳以上ひとり暮らし高齢者が9,167人となってございます。  また、この名簿に加え、本市独自の取り組みといたしまして、在宅の方で災害時に不安を抱えている方であれば誰でも任意で登録ができます災害時等要援護者登録制度に取り組んでおります。

岡谷市議会 2017-12-06 岡谷市議会 会議録 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月06日−02号

対象世帯としましては、岡谷市内に住所を持つ在宅者のうち、中国残留邦人を含む生活保護世帯及び75歳以上の者のみで構成されている世帯、母子・父子世帯、身体障害者手帳1級及び2級に該当する者のいる世帯療育手帳A1に該当する者のいる世帯精神障害保健福祉手帳1級に該当する者のいる世帯介護保険法に規定する要介護4及び5に該当する者がいる世帯のいずれかに該当する者がいる市民税非課税世帯を対象といたしたものです

上田市議会 2017-12-06 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月06日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

私は、日々市民の皆様からいろいろなご相談やご要望をお聞きしておりますが、今回は精神障害者支援について、市の考えを伺います。  1点目として、まず上田市の精神障害者の現状について伺います。人数や手帳交付の推移、相談件数、居場所、就労の現状を伺います。