13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

岡谷市議会 2015-10-01 10月08日-01号

5項1目住宅管理費では、市営住宅管理について、新たに導入した管理代行制度等にかかわる経費を支出しております。 152ページをごらんください。 2目建築指導費では、住宅耐震改修補助事業住宅リフォーム助成事業にかかわる経費を支出しております。 次に、9款消防費でございます。支出済額は11億1,036万円で、前年度より3,226万円の減となっております。

岡谷市議会 2014-02-18 02月18日-02号

平成26年度より市営住宅管理については管理代行制度導入することとしたため、必要な委託料を計上しております。 2目建築指導費は3,038万円の計上であります。空き家適正管理利活用などに向け実施する空き家対策事業に要する経費を計上したほか、住みやすい住環境の整備定住促進中小建築事業者などの経済対策を目的とした住宅リフォーム助成事業を引き続き実施してまいります。 

佐久市議会 2013-09-12 09月12日-03号

市営住宅管理につきましては、公営住宅平成24年10月から管理代行制度により、その他の市営住宅につきましては平成25年4月から指定管理制度により、それぞれ長野住宅供給公社委託しており、修繕業務につきましても公社が窓口となり対応をしております。入居者の皆様には公社管理を変更する際に、文書や管理人会議により周知を図ってきたところでございます。 

伊那市議会 2013-06-03 06月03日-01号

建設部長(山崎大行君) 大きく分けましてメリット、管理代行できる部分につきましては、いわゆる権限につきまして管理代行制度に基づきますと、いわゆる入居者の決定でありますとか、それから明け渡しの請求等がこの管理代行ではできることに対しまして、指定管理者においてはそういったことができませんので、市の責任の中で行うということになってまいります。 

塩尻市議会 2012-09-12 09月12日-04号

3月定例会一般質問の中で、副市長から住民の皆さんにずっと安心して住んでいただきたい、民間を使うことによって、事業が継続できないリスクを負わざるを得ないというふうに、私がその際提案した公営住宅に対する指定管理者制度導入に対して御答弁をいただきましたが、今定例会で、公営住宅管理代行制度指定管理者制度導入のための条例改定案を提出されました。

塩尻市議会 2012-03-02 03月02日-04号

市営住宅管理委託方法につきましては、管理代行制度指定管理者制度との二つがございます。今、この内容につきましてですね、今、塩尻市で行っております、現在、渋沢団地の建てかえ工事がございまして、将来的には県営住宅石団地管理が移管され、市営住宅として管理運営していくための共同事業として、県営住宅石団地の敷地内に建設がされております。

  • 1