37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

塩尻市議会 2017-12-07 12月07日-02号

次に、(2)県、地元3市、空港関係団体による作業チーム協議内容についてお聞きをいたします。 塩尻市は、松本安曇野市とともに県の取り組み方針具現化を図るプロジェクトチームに参画し、このチームのもとに設置される三つ作業チームに参画し、アイデア等検討することとしておりますが、現在までどのような検討があり、今後進めようとするアイデア内容はどのようなものを検討していくのか。

塩尻市議会 2017-03-03 03月03日-03号

長野県では増加を続けている訪日客旅行需要の開拓のため、昨年松本空港の発展、国際化に向けた取り組み方針を発表し、県、松本安曇野塩尻地元3市並びに空港関係団体によるプロジェクトチームが組織されました。このプロジェクト内に三つ作業チームが設置され、その中の空港国際化作業チームによりまして、本市もその取り組み方針の実現に向けた作業を現在進めているところであります。

松本市議会 2014-09-10 09月10日-04号

初めに、大阪線の今後の運航定着に向けた取り組みについてですが、今後の就航については、日本航空株式会社側から正式な発表がございませんので、松本市といたしまして今後の就航を見据え、8月末に開催された大阪国際空港での就航地物産展に参加し、空港関係者や地元住民に対して信州まつもと空港就航先であるということを印象づけるための取り組みを既に行っております。

松本市議会 2008-02-25 02月25日-02号

空港関係の皆様のご尽力に心から御礼申し上げます。 市長信州まつもと空港活性化の考え方と、平成20年度予算にどのように反映させるのかお尋ねします。 会派視察した天草空港では、住民割引、特典のあるポイントカードを導入し、空港で入会などの手続の簡素化手づくり機内誌空港マスコットキャラクター携帯ストラップなどの空港関連グッズの作成が実施されており、調査研究し導入すべきです。

松本市議会 2005-06-13 06月13日-02号

政策部長高橋慈夫) 〔登壇〕 空港関係につきましてお答えいたします。 地元了解目標時期等でございますが、県議会の公共交通等調査特別委員会におきまして、県の交通政策課長年内目標と答弁したことは承知をしております。国土交通省では1年に1回、1月に申請を受け付けております。県としまして、運用時間拡大に向けての最短スケジュールの計画を示したものでございます。

松本市議会 2002-06-18 06月18日-02号

次に、空港関係について申し上げますと、午前中も若干触れたわけでございますが、検討委員会の状況につきましては、松本空港活性化検討委員会の概況は、第4回目が平成14年3月28日に行われ、それから第5回目が平成14年5月30日でございます。第5回目の主なる内容でございますが、空港活性化対策検討される中で、必要不可欠な条件として、今もお話ございますように、時間の延長が多くの委員から聞かれた。

松本市議会 2001-09-19 09月19日-04号

この一等地を早く確保して、空港関係職員駐車場として利用して、現在の駐車場は全面的に利用者駐車場に活用すればということの観点で、さらに駐車場を拡張した方がということの提案であります。 この中身は、一昨年の議会質問市長にお伝えをしてあることと思いますし、昨年の同僚、平林議員も同趣旨の発言をされております。

松本市議会 2000-09-12 09月12日-03号

次に、空港関係についてのご質問でございますが、本年2月の航空法の一部改正によりまして、需給調整規制が完全に撤廃され、ダイヤ編成の変更、料金策定の許可、認可制等が先ほどの届け出になったとおりでございまして、長引く景気低迷の中に大きな嵐になり、しかも第3種の私ども空港が最もその影響下にあるわけでございます。 

松本市議会 2000-06-13 06月13日-03号

空港関係には今大変ありがたいご提案とかお気持ちがご発言がございました。空港があることがよいのだ。そして飛ぶことを心配しているんだ。飛ばなくていいなんて思ってはいないのだというご発言と、時間延長についてもご理解ある、ここで短絡的に申し上げるわけではありませんが、今の議員のお気持ちを体して、私も前にも申し上げました。

松本市議会 1999-06-14 06月14日-02号

いずれも私が同盟会長を仰せつかっているわけでありますし、また空港関係につきましてもジェット化して5年目になりますが、順調に進んでまいりましたが、しかし、今規制緩和の中で各航空会社とも熾烈な競争をしているものですから、乗車率が60%を割る地区、あるいは割る航路はというようなことで、今松本空港の場合、非常にその辺が脆弱なところに置いていることも事実でございますので、長野知事を主体とした空宣協はそれはそれとして

松本市議会 1998-09-14 09月14日-02号

次に、空港関係についてのご質問でございますが、松本空港は今いろいろな欠陥と申しますか、足りない点のあることは今までもこの場でも論議され、私自身も承知しているところでございますが、一番の私どもの利点というのは、ただの駐車場を用意してある。 300台分ございまして、増設30台いたしましたものですから 330台現在ございます。

松本市議会 1997-12-09 12月09日-03号

次に、空港関係でございますが、特にジェット化して、こんなに早くなぜ見直しが来たかと戸惑いしている。まさにそのことも当たると思いますが、これはおかげさまと言った方がいいかもしれません。今までの3つ地元との申し合わせである、すなわち機種、時間、便数、これは地元へは申し上げてございませんでしたが、県で素案の中では、この今までの3つ関係をクリアする話し合いは平成17年までかかるであろう。

松本市議会 1997-12-08 12月08日-02号

次に、空港関係でございますが、空港につきましては、おかげさまで11月7日に県がいわゆる今までつくったときに3つの、時間と機種便数の制限、地元との約束がございましたが、その解除と申しますか、改正と申しますか、そのところに入ってまいりました。地元でも要望はたくさんあったというか、今までにつくった当時のことがなされてはいないじゃないかという、そういうきついご意見がございました。

塩尻市議会 1997-06-12 06月12日-04号

このような現状から空港整備等の財源としまして、国税であります航空機燃料税昭和47年度に創設されたことに伴いまして、その13分の2に相当する額を航空機燃料譲与税として創設をされたものでありまして、空港関係市町村に譲与されることになったわけでして、その後昭和54年度には空港関係都道府県にも譲与されるようになったものであります。 

  • 1
  • 2