23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

長野市議会 2021-06-17 06月17日-03号

七瀬従前居住者用住宅は、令和4年には総戸数50戸に対し、従前居住者用住宅として4戸、移住促進住宅として1戸の計5戸のみの活用となり、45戸は空き住戸となる見込みとなっております。また、今井職員住宅についても、全戸空き住戸となっております。両施設とも駅に近く、地の利のある場所であるものの、空き住戸が多いというのは率直に申し上げてもったいないと感じています。 

伊那市議会 2020-12-09 12月09日-03号

長いことですね、大萱市営住宅空き住戸が多くて空き巣やですね火災の心配をしていましたけれども、やっとまあ安心できるということです。 当初、136戸の大萱市営住宅だったわけですけれども、現在の入居状況はどのぐらいかということと、またその入居者の全員がですね、県住入居できることを望むものですが、県住への入居希望はどんな様子かお聞きします。 ○議長飯島進君) 伊藤建設部長

佐久市議会 2020-09-04 09月04日-02号

台風により住宅を喪失し、又は甚大な被害を受け、緊急に住居の確保が必要な被災者に対し、発災後の翌日、10月13日より市営住宅等空き住戸提供し、受入れを開始いたしました。使用期間入居後原則1年間を限度とし、住宅使用料金は3か月を全額免除、ただし、罹災証明書の発行をされた場合は、使用期間中の全額を免除することといたしました。 

小諸市議会 2020-03-04 03月04日-04号

また、空き住戸が一定程度まとまってくれば、団地内を区切って段階的に除却していく方法も考えられます。 整備方法につきましては、費用、期間入居者への影響等を勘案した上で総合的に判断することになりますが、いずれにいたしましても現在の入居者の意向や地元区の意見等も踏まえながら、丁寧に進めていく必要があると考えております。 

塩尻市議会 2020-03-02 03月02日-02号

この長寿命化計画に基づく用途廃止に関しましては、昨年1月と3月に牧野地区役員及び牧野団地入居者対象に説明させていただいており、今後該当となる市営住宅住戸入居されている方につきまして、団地内の空き住戸移転していただくなどの具体的な対応を考えてまいります。 次に、2の道路行政についての(1)国道19号線宗賀洗馬地区におけるT字交差点新設についてでございます。 

長野市議会 2018-12-05 12月05日-02号

長野駅周辺第二土地区画整理事業の施行に伴い建設した従前居住者用住宅の後利用につきましては、2棟のうち、栗田住宅市営住宅として早期に利用できるよう検討しておりますが、七瀬住宅につきましては、土地区画整理事業に伴う中断移転等により仮住居として必要とする世帯がまだあり、当面従前居住者用住宅としての使用が必要となりますので、その空き住戸分を有効活用するために暫定的に利用するものでございます。 

長野市議会 2018-09-13 09月13日-03号

札幌市の市営住宅入居者高齢化が進み、自治会活動の担い手の不足など、地域コミュニティの活力の低下が課題となってきたことから、市営住宅空き住戸活用して、そこに学生に住んでいただいて団地自治会活動に参加すること、そして地域コミュニティ活性化に貢献してもらうことを目的としたモデル事業が今スタートしております。高層階の4、5階の4戸を使用し、現在、男子学生4人が入居しているとのことであります。

岡谷市議会 2018-03-05 03月05日-03号

これら施設管理業務に加えまして、入居者安全性利便性向上のため、他の市営住宅への移転を促進する取り組みとしまして、移転補償等を行う老朽団地住みかえ事業実施、また高尾市営住宅敷地東側にある空き住戸5戸の解体工事費につきまして、平成30年度予算にて対応を予定しております。 また、敷地活用につきましては、今後の住宅施策等を見据えて方針を定めてまいりたい、そんなふうに考えております。

岡谷市議会 2017-12-06 12月06日-02号

これら市営住宅の現在の個別の状況としましては、出の洞市営住宅昭和29年建築木造平屋建てで、管理戸数4戸に対し空き住戸は1戸、橋詰市営住宅昭和28年建築簡易耐火構造平屋建てで、管理戸数8戸に対し空き住戸2戸、高尾市営住宅昭和30年から昭和43年にかけて建築木造平屋建て及び簡易耐火構造平屋建てで、管理戸数42戸に対し空き住戸20戸、中村市営住宅昭和35年から昭和38年にかけて建築木造平屋建

長野市議会 2017-09-15 09月15日-04号

(5番 勝山秀夫議員 質問席へ移動) ○議長小林義直) 島田建設部長     (建設部長 島田純一 登壇) ◎建設部長島田純一) 初めに、本市が昨年度実施した空き家実態調査結果では、不動産物件として管理しているアパートやマンションの空き住戸を除く市内の空き家件数は8,063棟で、平均空き家率は4.8パーセントでございました。 

長野市議会 2017-03-02 03月02日-03号

なお、この調査に当たっては、空家等対策の推進に関する特別措置法により不動産事業者管理している住宅アパート空き住戸、公営住宅などは対象外となっております。 本市における空き家実態は、現時点の暫定値として、事業所も含む空き家の全数が約8,100棟で、このうち戸建て住宅平成25年の国の統計調査による推計値6,520戸を上回る約7,100戸となっております。

岡谷市議会 2016-12-09 12月09日-05号

空き住戸の多い市営住宅入居者を他の市営住宅移転、集約させることで、管理効率化が進められるものでありまして、大切な視点だというふうには考えています。 一方で、家賃が変わってしまうことに対する問題、あるいは住みなれた地域から離れることへの不安、入居者の皆様の移転にはさまざまな事情も考慮しなければなりません。

伊那市議会 2015-12-09 12月09日-02号

伊那市では2年前から空き住戸の一部を移住支援準備住宅として、目的外使用で半年間家賃を半額にした仮住戸提供を行っています。当然、一般入居者との整合性の問題もありますので、期限を区切ることは必要と思いますが、伊那市独自の政策としてその期限を1年ぐらいに延長できないでしょうか、市長にお尋ねいたします。 ○議長伊藤泰雄君) 白鳥市長

長野市議会 2015-03-05 03月05日-02号

さらに、合併地域にある特定公共賃貸住宅若者向け住宅家賃を引き下げるなどの見直しを行い、空き住戸への入居を促してまいります。 いずれにいたしましても、少子高齢化過疎化の進んだ中山間地域における人口減少対策は、社会増による対策が効果的であると考えられますので、移住定住策を中心に、就農への支援公共交通を初めとした生活環境整備などを含め、総合的に中山間地域人口減少対策を進めてまいります。 

長野市議会 2012-12-01 12月06日-02号

次に、既存空き住戸を修繕し、入居に結び付ける手だてについてでありますが、御指摘のように空き家率の高いものは、昭和四十年代前に建てられた木造簡易耐火構造平屋及び二階建てで、間取りや設備面で使いづらく、老朽化した住戸が主なものであります。これらについては、廃止を前提にあえて空き家としているものもありますが、中・長期的には建て替えや統廃合を進めることで空き家率を低くしていきたいと考えております。 

  • 1
  • 2