1025件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会−03月22日-05号

税務では、法人税予定納税では、1社が企業法人から均等割が250万円から260万円、所得割は大手が見込めず確定申告のみ。中部電力がここで9号法人から7号法人に変わった。県民税徴収取扱委託金とは、県と町の個人住民税を町で一括徴収する。その県の部分手数料として受ける。徴収手数料口座が1件10円、窓口納付30円、コンビニ60円。口座振替での納入が多い。

伊那市議会 2021-03-19 03月19日-05号

連絡がない方もいるので、直接相談があった際には、税務相談するように伝えてほしい。」旨の答弁がありました。これに対し、「コロナ禍飲食店は大変であり、必然的に滞納になってしまう。いきなり機構に送らないでほしい。」との要望がありました。 次に、「税の窓口での証明書交付について、自動化予定はないのか。」

岡谷市議会 2021-03-16 03月16日-07号

税務では、法務局からオンラインにより登記済通知書データを受領し、受領データ電算システムに取り込めるようシステム改修を行い、業務効率化を図っていくとのことであります。 消防課では、配備から25年以上経過する消防団車両について、大規模地震対応する災害対応型多機能消防車1台を更新配備することにより、消防力の強化を図っていくとのことであります。 

下諏訪町議会 2021-03-09 令和 3年 3月定例会−03月09日-03号

町外の方が所有する空き家数になりますが、税務では戸数を把握しておりませんが、産業振興課が平成30年度に実施しました空き家実態調査では、町外の方91名が93棟の空き家を所有しております。事務所につきましては84戸、別荘、ペンションはありませんが、リゾートマンションとして116部屋の利用があり、合計で293件となっております。  

下諏訪町議会 2020-12-25 令和 2年12月定例会−12月25日-05号

税務では、歳入で17款1項2目ふるさとまちづくり寄附金431万円、歳出では2款1項4目ふるさとまちづくり基金積立金が385万5,000円。2項1目ふるさとまちづくり寄附金記念品代150万円。  質疑では、返礼品総務省の通達により6月に制度改正し、地場産品となっている。新規には返礼品に入れる申請書を出していただき、審査し、決裁が下りた後に返礼品に加える。

松川村議会 2020-12-09 令和 2年第 4回定例会−12月09日-01号

税務関係説明をいたします。  中段、目2賦課徴収費、節17備品購入費6万5,000円の増額は、確定申告会場で使用する飛沫感染防止パネル8枚を購入するものです。  税務関係は以上です。 ○議長平林寛也君) 住民課長。 ◎住民課長宮澤政洋君) それでは、住民課関係を御説明申し上げます。  戻りますが、8ページからお願いいたします。まず、歳入につきましてです。  

伊那市議会 2020-12-09 12月09日-03号

企画部長飯島智君) 正規職員に今のところ限ってのこうテレワーク導入ということでありますが、正規職員608名のうち、議員おっしゃられたとおりなかなかその業務内容としてテレワークになじまない職層もありますので、例えばその市民課だとか税務だとか、対人業務を旨としているようなそういった職場の職員が169名おります。

小諸市議会 2020-12-09 12月09日-03号

野洲市ではどのように連携しているか分かりませんが、小諸市の場合は、必要があれば、ワンフロアでございますので、税務厚生課が、ご本人の同意を得た上で、一緒に話合いをしていることもございます。 また、職員対応については不快な思いをされた方がいたということに対して率直におわびをしたいと思います。

佐久市議会 2020-09-25 09月25日-06号

次に、電算システム管理費について、RPA(ロボティック プロセス オートメーション)とはどのようなものか確認したところ、ソフトウエアを使うことにより、自動で作業するようになって残業時間の短縮などにつながっていき、税務において実証実験を行ったとの説明があり、今後どの程度人件費が縮減できたのかなどを検証し、その結果を議会に報告してほしいとの意見が出されたとのことでありました。 

下諏訪町議会 2020-09-16 令和 2年 9月定例会−09月16日-05号

税務では、歳入234万7,000円、歳出532万9,000円。産業振興課で、歳入26万3,000円、歳出728万6,000円。建設水道課で、歳入1,060万円、歳出94万5,000円をそれぞれ増額しています。  質疑では、税務で、ふるさと納税高額返礼品について地場産品が話題になったが、当該物品の主要な部分地場産でなければならないとされている。昨年中、オルゴールの高額商品の追加を行った。  

箕輪町議会 2020-09-14 09月14日-04号

この相談とか、それはどこの窓口で行うのかという問いに対して、税務窓口ですべてを行うという回答でありました。生活困窮者減免取り組みについて各課で連携しているのかということ問いに対して、福祉課だとか、社協だとかというとこも含めて連携をして行っているという回答でありました。討論はなく、採決の結果、可決すべきもと決しましたのでご報告申し上げます。 

小諸市議会 2020-09-10 09月10日-04号

それ以外の業務への影響でございますけれども、この時期が申告から納付書発送の時期と重なっていまして、税務で一番繁忙期です。国から示される徴収猶予減免の数々の施策、政策が発表されておりますので、この対応もこの中でやっていかなければいけなかった、ここが一番業務的には影響があったと部分でございます。 以上です。 ○議長竹内健一議員)  山浦利夫議員