913件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2020-07-23 09月10日-一般質問-03号

ラグビーに関する合宿チーム数は例年800チームを超えており、平成30年度実績としましては、過去に全国大会優勝経験のある桐蔭学園高校、東福岡高校など高校チームで451チーム、帝京大学や天理大学、明治大学、早稲田大学などのトップチームを含む大学が172チーム、その他社会人や小中学校などのチームで186チーム、合計809チームあり、全国各地から訪れていただいております。 

塩尻市議会 2020-06-18 06月18日-05号

ことし2月の埼玉県三郷市、3月の福岡県筑紫野市、そして5月には松本市など産業廃棄物処理場において大規模火災が発生しておりますし、6月には辰野町の廃品回収業者の倉庫が全焼するなど、各地で頻繁に火災が発生しています。出火するとなかなか消火に至らず、長時間燃え続けることによりPM2.5の発生など、周辺の生活環境に影響を及ぼす状況となっています。 

塩尻市議会 2020-06-17 06月17日-04号

自衛隊の名簿提供のほうですけれども、全国的に見ると、福岡市や京都府の向日市、亀岡市などは、紙媒体での情報提供法的根拠がないと判断して応じていないというふうに表明をしている自治体もあります。それから神奈川県の葉山町のように、名簿提出から閲覧名簿提出をしていた、本市と同じですけれども、そういう状況から閲覧に戻したという自治体も出てきています。 

松本市議会 2020-06-15 06月15日-02号

昨年7月、福岡市の防災アプリツナガル+(プラス)」について視察をいたしました。これは災害時、アプリが自動的に災害モードに切り替わり、同時に通知が配信されます。最寄りの避難所一覧を地図で表示するほか、避難所グループ内で情報共有ができ、平時はアプリ内に自由にグループを作成して、自治会地域サークルなどで情報交換発信ツールとして利用できます。市からの災害に関するお知らせや支援状況も入手できます。 

安曇野市議会 2020-03-04 03月04日-04号

2月の利用率につきましては、福岡便が70.9%、札幌便が69.7%、神戸便が66%となっております。福岡便につきましては、昨年より6.7%伸びておりますし、札幌便は昨年と同様となっております。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大に伴いまして、3月に入り、キャンセルが増加しているという模様であり、大変心配をしているところでございます。 以上でございます。 ○副議長小松芳樹) 小林議員

岡谷市議会 2020-03-04 03月04日-05号

先般、会派視察福岡県宗像市の道の駅を視察してきました。海と山に囲まれ、自然豊かな環境で、魚介類や農産物が販売され、隣接した食堂ではお昼時の店内に多くの人が列をつくり、カフェテリア方式で好みのものをチョイスし、昼食を召し上がっていました。平日でありながら店内満席状態でありました。 さて、平成3年に実験的にスタートし、同5年に登録制度が正式に開始された道の駅であります。

下諏訪町議会 2020-03-04 令和 2年 3月定例会−03月04日-04号

3、大都市の大阪、名古屋、福岡はもちろん、日本中に数字で表記する区は皆無と言える。なぜこんなことになっているのでしょうか。議員殿に切望します。この公約は早期に実現してください。失礼ながら、2市1町の合併は首長の気概が薄いので、プライオリティーを下げて地名の区名移行を優先願います。  手段はいろいろもろもろあると思いますが、署名でも何でも、そして住民投票が必要であるならば、やってください。

松本市議会 2020-02-27 02月27日-04号

鹿児島県の志布志市、福岡県の大木町、また福岡県自体で紙おむつリサイクル事業へ取り組んでいるとの紹介報道がございます。 先ほどお話ししました市長世界首長誓約日本に署名された松本市として、紙おむつリサイクル事業にどのように取り組んでいかれるのか、当局のお考えをお伺いいたします。 ○議長村上幸雄) 久保田環境部長。 ◎環境部長久保田忠良) お答えします。 

松本市議会 2019-12-09 12月09日-02号

一昨年の12月定例会におきまして、福岡市や県内他市の例を参考に、特殊詐欺被害防止対策機器を無償貸与する、にせ電話詐欺対策機器設置支援事業について要望をさせていただいたところ、本市におきましては、昨年度の10月から特殊詐欺被害防止対策機器貸与事業を実施していただきました。菅谷市長のスピード感あるご決断とお取り組みに感謝を申し上げます。 

岡谷市議会 2019-12-05 12月05日-03号

市民環境部長百瀬邦彦君) 先ほど答弁した中でも子供均等割全額減免している例が岩手県の宮古市、それから半額など一定の減免をしているということでは北海道の旭川市、あと多子世帯についての軽減については福岡県の北九州市、それから18歳未満の子供が3人以上いる世帯対象にした軽減というのは埼玉県のふじみ野市、あと第三子以降の均等割額全額減免というのは埼玉県富士見市という状況を聞いております。

原村議会 2019-12-03 令和 元年第 4回定例会−12月03日-03号

原村の保育所のほうでですね、福岡先生という幼児教育専門の、特に障がいを持ったお子さん等への対応ということを専門にやっていらっしゃる先生に、ことし二度ほど保育所のほうにも来て、保育士さん方への御指導等をいただいているんですが、その先生に今回は保育所子供の参観の後、中央公民館のほうで御講演をいただくと。

千曲市議会 2019-09-19 09月19日-04号

この村も高原野菜の産地で、レタス、キャベツ、白菜などの作付にマルチシートが常用され、春野菜夏野菜の2回利用するとマルチシートは廃棄され、年間700トンにもなる処分の委託料4,000万円に村も農協も補助金を出してはいたが、福岡大学が開発した連続低温乾溜装置、これに村長が着目、農林課長を専従させ、検討、研究させました。 今や高原野菜規模拡大のため、昔ながらの敷きわらでは対応できません。