28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

原村議会 2018-09-03 平成30年第 3回定例会−09月03日-02号

この地区の中で、畑かんの用水管、導水管ですけれども、それが一部石綿管を使っておりまして、今国内で石綿管の使用等はもうできない状況ですし、使用しているものにあっては、改めてそういう農業者への被曝防止のために交換していくということがございまして、たまたま県の防災減災事業というのがございまして、そこに事業化をお願いするに当たっての申請書の作成、あと現場の測量設計等の委託ということで、700万円を使用しました

原村議会 2015-03-18 平成27年第 1回定例会−03月18日-付録

教育費は、小中学校石綿含有保温材使用状況調査委託料、中学校体育天井照明等脱落防止工事施設委託料。小学校特別支援臨時職員1名増員等による賃金の増額。      中央公民館暖房設備及び内外装の改修設計委託料。     「郷土の文化財(石造)」1,000部発刊、「津金寉仙生誕115周年記念」事業。図書館トイレ洋式化改修工事費。      社会体育照明等改修工事設計委託料等。   

諏訪市議会 2012-09-12 平成24年第 4回定例会−09月12日-05号

布設替えの地域なんですが、当市の場合、石綿管の布設替えは完了しておりまして、市内全域に布設年代のばらつきがありまして、予算の制約もある中で、地域を特定せず、布設年代の古い順に布設替えをしてきております。実施した地域としましては、上諏訪地区、豊田地区、四賀地区が多くなっております。  

原村議会 2012-03-06 平成24年第 1回定例会−03月06日-03号

現在配水管の布設がえ工事をやっているわけでございますが、この進捗状況、また完了はいつになるのか、また細かいところで済みませんけれど、石綿が終わって、今度はどんな管がどのように使われているのか。また耐震管などは最近3・11があってから、重要なところはぜひ使っていかなきゃいけないということで、原村においてはどこへどのくらい使われているのか。

原村議会 2010-06-09 平成22年第 2回定例会−06月09日-02号

世帯水道水が供給をされているわけでございますれども、先ほど申し上げましたように、村民生活、あるいは企業活動、社会活動に不可欠になっている事は御承知のとおりでございまして、原村の水道事業も昭和37年から事業化されて、順次整備をされ、現在に至っているわけでございますけれども、この中で原村の事業、施策として重要な位置づけということで、第4次原村総合計画の中では、安定した給配水量確保のため、当初設置された石綿

原村議会 2010-03-05 平成22年第 1回定例会−03月05日-03号

建設水道課長(鎌倉広司君) 布設がえ工事による有収率の向上の件でございますが、来年度予定しています路線につきましては、払沢の部分でございますが、これについては石綿管の布設がえということで、ごくわずか、そんなに距離が長いわけではございませんので、そこの路線につきましては布設がえをしても、漏水というか有収率の向上にはつながらないと考えております。  

原村議会 2009-12-18 平成21年第 4回定例会−12月18日-付録

歴史民俗資料館石綿対策工事については、国庫補助金の対象とならず起債に変更するものである。     ・医療費は増加傾向で、地域医療保健事業の強化のため原村地域包括医療推進協議会での取組みが重要となっている、との説明があった。     ・歴史民俗資料館の改修工事を機会に、収蔵品の照合をしてほしい。     ・記念誌は当初予算で内容を明確にすべきである。との意見があった。     

原村議会 2009-09-18 平成21年第 3回定例会−09月18日-付録

(全会一致)   内容・石綿交換工事費の国庫補助金交付決定に伴うもの。 〇 認定第2号 平成20年度原村国民健康保険事業勘定特別会計決算の認定について   原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)   内容・歳入決算額8億9,120万余円、歳出決算額8億523万2千余円、差引残額8,597万6千余円となっている。     

下諏訪町議会 2009-03-03 平成21年 3月定例会−03月03日-02号

その後、石綿を含みました建材、それからその測定方法等、制度が改正されまして、今までアスベストにつきましては3種類、アモサイト、クリソタイル、クロシドライトというものを測定の対象としておりましたけれども、その後、アクチノライト、アンソフィライト、トレモライトというような3種類の物質についても、重量についても1%から0.1%の含有量のものは使用禁止をされているということでございまして、それの制度等の改正

原村議会 2008-12-22 平成20年第 4回定例会−12月22日-付録

・廃棄した水道石綿管について、図面で管理することを要求した。   ・国保税の未納について、行政に対する不満から納めない人も数人いる。   ・アパートのごみの対応は、基本は事業者収集であるが、各地区のルールに従うよう指導していく。   ・中学校の北側階段の手すり設置は、予算の都合により先送りとのこと。   

原村議会 2008-03-19 平成20年第 1回定例会−03月19日-付録

(全会一致)   内容・石綿・VPも計画的に取りかえを進めるように。     ・有収率など財務体質のよいときに井戸の整備をされたい。     ・諏訪ナンバーは年式古いのでそのままに。     ・第2水源等の立木伐採で災害を未然に防ぐ。     ・水道施設台帳整備は、今年度で終了。 〇 議案第31号 平成20年度原村下水道事業会計予算について   原案を可決すべきものと決定する。

原村議会 2006-02-14 平成18年第 1回臨時会−02月14日-01号

本日お願いします案件は、小学校地震補強及び大規模改修、また中学校石綿除去に関する補正予算と、指定管理者決定契約に伴う債務負担行為をお願いするものが主であります。  補正額は歳入歳出の総額に、歳入歳出それぞれ2億3,291万9,000円を追加し、歳入歳出それぞれ36億904万6,000円とするものでございます。  

諏訪市議会 2005-12-09 平成17年第 6回定例会−12月09日-04号

それで御存じだと思うんですが、石綿というか、アスベストには、白石綿、茶石綿、青石綿という3種類があって、その毒性が白石綿を1とすると、茶石綿は100倍で、青石綿はその500倍と言われている、その青石綿も9月ころ話題になりましたクボタの工場では、昭和29年から50年ころまでは使用して混ぜ込んでいたと、ということは、この建材の中に青石綿自体も含まれているんではないかと。

原村議会 2005-10-05 平成17年第 3回定例会−10月05日-付録

石綿管の入れ替え後の処分はどうなっているのか。                       との、意見があった。 〇 認定第9号 平成16年度諏訪郡町村公平委員会組合一般会計決算の認定について   原案を認定すべきものと決定する。(全会一致)   内容・諏訪郡公平委員会組合解散によるもの。 〇 議案第31号 原村安全なまちづくり条例について   原案を可決すべきものと決定する。

原村議会 2005-09-21 平成17年第 3回定例会−09月21日-04号

石綿の調査でございますけれども、昭和62年度に定性分析調査という調査は一応やっているという、定性という、含まれているかいないかという検査なんですけれども、その検査をした記録がありました。 ○議長(荒木桂男君) 小池みのりさん。 ◆5番(小池みのり君) じゃあそのことに関してですが、検査をしたという記録が残っていたということなんですが、その検査内容というものは、どういうことだったんでしょうか。

  • 1
  • 2