177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

諏訪市議会 2019-09-02 令和 元年第 4回定例会−09月02日-03号

看護がケースワーカーのところにあの人退院が決まりましたけれど、ちょっと顔を出してやってくれる。このような配慮がされれば、私のところにわざわざ相談していただかなくても、介護保険制度を利用できます、ベッドを利用できますということで、ちょっとした安心を家族や御本人も得られると思いますが、今はやっていますけれども、今後そのようなことをどういった形で課題を設けて、その中で解決していくのか。

松川村議会 2019-06-11 令和 元年第 2回定例会−06月11日-01号

続いて、目2の節7賃金43万5,000円ございますけれども、保育園の加配の保育士賃金委託料に振りかえます143万4,060円と、新たにお願いする看護さん63万2,300円の賃金が含まれておりますので、お願いをいたします。  次ページをお願いいたします。13節の委託料429万6,000円は、先ほど言いました賃金を振りかえ、シルバー人材センター委託する計上でございますので、お願いいたします。

下諏訪町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会-12月21日-05号

陳情第6号は、医療介護現場での人手不足がいまだに深刻な状態にあり、医師看護過労死を引き起こす事態等が続いていることから、実効性のある対策を求めるものです。厚生労働省医療現場や介護現場の勤務環境改善の必要性を明らかにし、手だてを講じてはいますが、具体的な労働環境の改善に至っていない状況について説明がありました。  

原村議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会−12月11日-付録

(全会一致)   内容 医師看護医療技術職・介護職の夜勤交替労働における労働環境の改善と増員を求めるとともに、患者・利用者の負担軽減を求める意見書を国に提出すること。 9 陳情第 7号 「後期高齢者医療費窓口負担の見直し」にあたり原則1割負担の継続を求める意見書採択について      採択すべきものと決定する。

諏訪市議会 2018-12-04 平成30年第 5回定例会−12月04日-04号

議員御指摘の感情労働でございますが、当初は対人サービス主体とする看護介護職員客室乗務員等を感情労働者として捉えてきたそうでございますが、最近はSNSの発達市民権利意識の変化、クレーム対応の増加等を背景に、自治体職員もここでいうところの感情労働がふえていると考えられてきております。  

松川村議会 2018-09-19 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号

私が、このあたりから松本市まで車で走っていくと、介護施設と思われるところのほとんどに介護士急募や看護パートを求むといった看板を見かけるようになりました。高齢化社会が進むにつれて、生産年齢人口が大幅に減少し、特にこの業種の人手不足が深刻な問題になっているようです。  せんだっての一般質問、昨年の第3回だと思いますが、私から災害時の村内介護施設の対応について、お聞きしたことがありました。

諏訪市議会 2018-09-04 平成30年第 4回定例会-09月04日-04号

また、卒業生の約7割が諏訪赤十字病院にお勤めいただいている状況でございまして、全国的に看護の確保が課題となっている中、重要な養成機関であると認識をしております。  さて、諏訪赤十字看護専門学校の今後の方向性につきまして、諏訪赤十字病院に確認をいたしましたところ、平成27年度の検討会を踏まえまして、看護教育に関する周辺の状況を把握しつつ、大学化を含めた看護養成について検討を進める。

原村議会 2018-09-03 平成30年第 3回定例会−09月03日-02号

臨時職員ですけれども、看護が2人、保育士が10人、延長保育を行っていただいている方が14人、調理員さんが6人で、あと事務の方が1人で、合計33人です。  臨時職員と嘱託職員保育士資格をお持ちの方は、ちょっと気になるお子さんの加配ということで、各クラス、あと未満児のほうについていただいているということです。以上です。 ○議長(小林庄三郎) 松下浩史議員

下諏訪町議会 2017-12-12 平成29年12月定例会−12月12日-03号

薬剤師が直接患者に声をかけたり、訪問看護やケアマネなど在宅医療関係者からの紹介で対象者を把握し、主治医の了解のもと在宅での薬剤管理を支援する取り組みです。たくさんの薬を服用する高齢者にとって、残薬の問題は必ず取り上げられる課題となります。安全効果的に治療できるように薬剤師も他職種連携を図りながら、医療介護の連携による在宅介護を進めています。

諏訪市議会 2017-12-05 平成29年第 5回定例会−12月05日-04号

非常に大きな行事ですので、体力の面だとか安全面に第一に配慮しまして、特にリーダーシップをとるベテラ職員を据えまして、管理職ももちろんついていきますし、今は山岳ガイド、それから看護も同行しております。  費用についてお尋ねですけれども、バス代あるいは宿泊代等含めまして1万円弱というところでしょうか。

下諏訪町議会 2017-09-06 平成29年 9月定例会−09月06日-03号

要援護者というのを、リストをつくりにかかったんですが、やっぱり課長言われるように、うちは結構ですとか、私は健常じゃないけれども、そこへ名前載っけてもらうのはちょっと困るよとかいうこともあったので、ですからマークについても、御本人がカードを利用していかなければ意味がないんで、その辺難しいところもあるかと思いますが、一々そのたびに口で説明しなくても支え合いができる、あるいは緊急の際は消防士さんとか病院看護

諏訪市議会 2017-09-06 平成29年第 4回定例会−09月06日-05号

○金子喜彦 議長  健康福祉部長 ◎関隆雄 健康福祉部長  長野県では、お子様の夜間の救急やけが等の際、保護者の方々が対処に困ったり医療機関を受診すべきかどうか迷われたときに、応急処置の方法や受診の要否等について、経験豊かな看護などによる電話相談を開設しております。それがただいまの議員のおっしゃる♯8000番でございます。

原村議会 2017-06-05 平成29年第 2回定例会-06月05日-02号

それから3番目として、子供の育ちをめぐる環境の変化を踏まえた健康及び安全の記載の見直し、この辺は看護を配置して対策を練っているという現状がありますので安心はしておりますが、また4番目、保護者家庭及び地域と連携した子育て支援の必要性、特に私は、この保護者家庭及び地域と連携した子育て支援の必要性というところで、改善の余地があるんではないかとも思います。