678件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2020-11-08 12月02日-一般質問-02号

教育長 峯村 秀則登壇〕 ◎教育長峯村秀則君) ただいま不登校児童生徒への具体的な支援についてご質問いただきました。 不登校という状況が継続して、結果として十分な支援が受けられない状況が続くということは、自己有用感の低下を招くなど本人の進路や社会的な自立のために望ましいことではなく、市教育委員会といたしましても不登校を大きな教育課題として捉えております。

上田市議会 2020-08-01 06月19日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

まず、不登校児童生徒数の推移はどうかというご質問でございますが、不登校児童生徒数とは、何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因背景によりまして、児童生徒登校しない、あるいは登校したくともできない状況にあるため、年間30日以上の欠席をした者のうち病気経済的理由による者を除いたものと定義されております。 

松本市議会 2020-06-15 06月15日-02号

夏休み明けに不登校児童生徒が増えると言われております。まして今回は、新学期早々から休みが続きました。子供たちをどう見守っていくのかは、とても大切なことであります。現場における子供たちの見守りと心のケアについて、どのように行われているのかお尋ねをいたします。 次に、3項目めの休校中の学習補完についてお伺いいたします。 文部科学省が今月5日、学びの保障に向けた総合対策を公表いたしました。

佐久市議会 2020-03-11 03月11日-05号

なお、補足になるわけでありますけれども、昨年10月に文科省から発出されました通知「不登校児童生徒への支援在り方について」の中で、別記という形で、これを参照しながら進めていきなさいという指示があるわけでありますけれども、そのタイトルは、「義務教育段階の不登校児童生徒学校外公的機関民間施設において相談指導を受けている場合の指導要録上の出欠の取扱いについて」、先ほどの例でいくと、公的機関はチャレンジ

茅野市議会 2020-03-06 03月06日-05号

また、多様な学びの創出の推進の取組というのは、不登校児童生徒への支援にも関係するのかどうかということをお伺いします。 一つ目として、学校以外での居場所の設置について。 これまで何回か私も一般質問をさせていただきましたが、答弁の中でも学校以外の居場所というのを新たに設置することは難しいということでした。しかし、現状で活用できるものが何かありますでしょうか。

飯山市議会 2020-03-06 03月06日-04号

◆9番(高山恒夫)  1つの例で、この間新聞にもありましたが、学校の不登校問題なんですが、県教委の発表では、2018年度県内不登校児童生徒が1991年の調査以来、最多となったというような情報もありました。 また、飯山市の教育評価に関する報告書でも、不登校傾向児童生徒増加していると、そういった課題も上げられています。 

安曇野市議会 2020-03-05 03月05日-05号

教育長 橋渡勝也 登壇) ◎教育長橋渡勝也) 最初に、本市の不登校児童生徒経年変化について説明いたします。 平成25年度と平成30年度とを比較すると、小中学校全ての不登校児童生徒の数は、126人から142人と16人増加しており、小学校で13人増、中学校で3人増と、残念ながら増加に歯止めがかからないのが現状でございます。

小諸市議会 2020-03-03 03月03日-03号

なお、現在、長野県教育委員会では不登校児童生徒への支援在り方懇談会を開催し、根本的な対策の検討と基本方針の策定が予定されていますのでこの基本方針や、今後、県が設置する予定の協議会と連携して取組を進めてまいりたいと考えています。 続いて、要旨(3)保育園の統合計画について。 質問事項①最新園児数状況及び将来推計をどう捉えているかについて答弁いたします。 

須坂市議会 2020-02-27 02月27日-04号

登校原因が、子どもが27%「教員との関係・県が独自アンケート 学校側の認識と大差」と、毎日新聞、令和元年2月18日付で報じてありましたけれども、それによりますと、県はこのほど、県不登校児童生徒への支援在り方懇談会で、2018年度に不登校だった小学生中学生高校1年生らを対象にしたアンケート調査結果を発表したが、要因が、文部科学省が実施している問題行動・不登校調査とはかけ離れている実態が浮き彫

須坂市議会 2020-02-10 02月18日-01号

目3教育奨励費につきましては、228ページから233ページにわたっており、中学生平和学習事業に係る経費や、小・中学生自然体験学習に要する経費、不登校児童生徒への支援に要する経費奨学金貸付金教育相談就学援助事業に係る経費等を計上いたしました。 次に、232、233ページの目4教員住宅費につきましては、教員住宅管理に要する経費を計上いたしました。 

岡谷市議会 2019-12-06 12月06日-04号

大きな2番、不登校児童生徒への支援について。 (1)不登校児童生徒現状。 5年間推移と不登校背景理由をお伺いします。先番、小松議員質問されていますが、再答弁をお願いします。 (2)支援体制取り組み状況について。 教育委員会及び子ども総合相談センター支援体制取り組み状況ワンチームとして教育委員会学校とどう連携しているか、お伺いします。