285件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐久市議会 2021-03-01 03月01日-02号

特に、市立病院である浅間総合病院状況には危機感を持ち、年末年始ではございましたが病院職員のメンタルサポートも含めた応援体制を整え、本庁職員病院に派遣するなど全庁体制対応に当たらせたところです。この間、市内にある民間検査機関には休日返上でPCR検査を実施していただきました。社長さん始め、社員の皆様地域貢献への熱い思いには感謝を申し上げる次第でございます。 

大町市議会 2020-12-09 12月09日-03号

感染リスクに直面する病院職員は、これまでも多くの不安やストレスを感じながらも、自らの心身の健康管理感染症指定医療機関としての責任感使命感を持って業務に当たってまいりました。 今後も、引き続き県や保健所、医師会等と連携しながら、感染拡大防止に最大限の注意を払い、安全で質の高い医療を提供できますよう、職員一同全力で取り組んでまいります。 

松本市議会 2020-12-09 12月09日-04号

また、提言書の素案では病床数が30床以上減らされ、診療科も削減するような意向が示されておりますが、これは病院職員の数も相応に削減されていくということを意味しているのでしょうか。災害時における被災者受入れ体制もサービスの質もともに低下するということを意味します。これに対して住民は安心できるかという点を私は心配しております。 

岡谷市議会 2020-12-09 12月09日-04号

病院職員におきましても、健康管理会食の制限など、自己管理感染防止対策を徹底し、地域社会に大きな影響を与える医療従事者による院内感染を起こさないために、日々緊張感を持って対応しているところでございます。 続きまして、大きな2番、季節性インフルエンザ流行期に備えた新型コロナウイルス感染症への対応についての(1)岡谷市民病院における外来患者の受付に関する取り組みであります。 

松本市議会 2020-12-08 12月08日-03号

まず、私が病院事業管理者として着任後、市立病院の現状と運営や病院職員についてどのように感じたかです。 平成30年10月から、小口特命参与の指導、助言の下、様々な経営改革取組がなされ、黒字決算の見込みとなった令和年度着任しました。この黒字化病院の全職員一丸となって取り組んだ結果でもあり、心強く感じたところです。

大町市議会 2020-09-18 09月18日-06号

病院職員のさらなる御尽力に期待と応援を込めまして、決算認定賛成の討論といたします。議員各位の御賛同のほど、よろしくお願いいたします。 ○議長中牧盛登君) 次に、一本木秀章議員。     〔8番(一本木秀章君)登壇〕 ◆8番(一本木秀章君) 議案第70号 令和年度大町病院事業会計決算認定について、賛成の立場から討論いたします。 

松本市議会 2020-09-15 09月15日-03号

さらに、この冬、病院職員インフルエンザ感染を防ぐためワクチンを2回接種する予定であり、また、ノロウイルス感染防止にも注意が必要と考えています。 先ほど近藤議員のご質問にもお答えしたとおり、厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部から都道府県に対し、インフルエンザ流行に備えた体制整備について通知されており、今後示される県の対応に沿った形で進めてまいります。 

岡谷市議会 2020-09-11 09月11日-05号

今こういう時期ですので、いろいろな出張もできない、中止にしておりますし、職員については家族以外との会食というものは禁止にしていますので、こういった部分は非常に厳しい対応ですが、病院職員は理解していただいています。 今は県内でもどこで感染するか分からないような、非常に大変な条件にはなっています。

飯田市議会 2020-09-09 09月09日-02号

市立病院事務局長経営企画部長宮内稔君) 医師看護師等病院職員新型コロナウイルスに感染した場合の公務災害の取扱いにつきましては、5月1日付で通知が出ておりまして、公務外で感染したことが明らかである場合を除き、原則として公務上の災害として扱われます。 また、勤務をしない期間については特別休暇として扱うふうになっております。 ○議長湯澤啓次君) 木下容子さん。

大町市議会 2020-09-02 09月02日-04号

医業費用については、コスト削減取組では病院職員全体の身を切る決断の下、給与賞与等の抑制、あらゆる経費の削減等により経常収益は2億7,000万円余となりました。 資金不足比率平成30年度18.1%でしたが、令和年度は8.8%までの大幅な改善となりました。 事業管理者の下、全職員一丸となり、お一人お一人が真摯に取り組まれた努力の結果であります。

岡谷市議会 2020-08-27 09月03日-01号

病院職員は昼間だけの勤務ではないので、なかなか全員集まりにくいんですけれども、2日間を実施して、全職員のうち94%の職員の出席を得ることができたというところでございます。 このほか、入院患者さんとか外来患者さんに対するアンケートというものは定期的に実施しておりまして、職員対応言葉遣いなどの項目で実態を把握しているというところでございます。

飯田市議会 2020-06-22 06月22日-03号

平成29年の市立病院職員事案の場合、停職3か月の処分としたとの答弁がありました。 また、民間では、毎年のように飲酒運転を出していたら信用を失い倒産する。市はどう考えているかとの質疑があり、ここ数年の飲酒運転事案について、極めて重く受け止めているとの答弁がありました。 なお、議案第69号につきましては、特に申し上げることはございません。 以上で報告を終わります。

大町市議会 2020-06-18 06月18日-04号

新型コロナウイルスに対しては、今後も長期的な視点に立った対応が必要であり、病院職員が精神的に疲弊することのないよう、メンタルヘルスケアの充実により、勤務環境整備に取り組んでまいります。 大町病院は、今後も業務継続計画に基づき、状況に応じた最善の診療体制の維持を行ってまいりますので、市民をはじめ、地域皆様におかれましては、安心して受診していただきますようにお願い申し上げます。 以上です。

岡谷市議会 2020-06-17 06月17日-02号

天野院長をはじめとした病院職員皆様の御奮闘に敬意感謝を申し上げます。ありがとうございます。そして、制限された生活の中での私たちの家計支援として特別定額給付金事業者皆様への持続化給付金などの喫緊な業務を、通常の業務を行いながら昼夜を問わず対応されています市役所の皆さんにも心より感謝いたします。 

上田市議会 2020-05-07 06月15日-一般質問、議案質疑、議案付託-02号

また、3つ目といたしましては、病院職員、スタッフ全員出勤前、また出勤後の検温を実施するなど、感染対策の徹底に取り組んでまいりました。こうした中で、常勤医師2名を中心として市内に滞在する非常勤医師により診療体制を維持する中で、安全で安心な医療の提供に努めてきたところでございます。 

岡谷市議会 2020-03-16 03月16日-07号

病院開院から、天野事業管理者を先頭に病院職員一丸となって良質の医療を提供し、市民に愛される病院を目指しながら経営健全化を図られるよう努力を積み重ねられてきました。接遇改善でも変化が実感できるようになりつつあります。令和年度は、4月から新たに産婦人科医師1名の着任が予定されるなど、診療体制充実に期待するところであります。