14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伊那市議会 2019-09-25 09月25日-05号

との質問に対し、「外部評価企業誘致高齢者いきいき健康券交付事業就農支援林業振興団体助成温泉施設管理、新産業技術推進事業について評価をいただき、現地確認は3事業で行っている。」旨の答弁がありました。 「評価対象事業は、どのように決めたのか。」との質問に対し、「事務局が挙げた候補の中から、審議会に選定していただいた。」旨の答弁がありました。 「ふるさと納税寄附額の今後の見通しはどうか。

伊那市議会 2019-09-02 09月02日-01号

次の14款分担金及び負担金右ページ、過年耕地災害復旧事業負担金は、先ほど御説明をいたしました長谷小犬沢地区の災害復旧に係る地元負担金、また次の16款国庫支出金の1項11目災害復旧費国庫負担金は、高遠松倉地籍市道災害復旧に係る国庫負担金、その下、2項2目総務費国庫補助金は、新産業技術推進事業に対する補助金、3目民生費国庫補助金のうち子ども子育て支援事業費補助金は、幼児教育保育無償化に係る補助金

伊那市議会 2019-03-18 03月18日-05号

との質問に対し、「市が進めている新産業技術推進事業との連携の中で、補完のあり方について検討することが望ましい。」旨の答弁がありました。 「移動販売車補助事業の本年度実績と来年度予算の考えは。」との質問に対し、「本年度は、高遠長谷で運行している『とくし丸』に車両リース料等を補助しており、来年度予算も同様の内容である。

伊那市議会 2018-12-17 12月17日-05号

また、明日18日でありますが、伊那市が先駆的に取り組んでおります新産業技術推進事業の柱であるドローン物流プロジェクト伊那アクアスカイウェイ事業につきまして、関係する河川管理者であります国土交通省天竜川上流河川事務所、同じく三峰川総合開発工事事務所、同じく天竜川ダム統合管理事務所、そして長野県伊那建設事務所の4者と、ドローンによる河川有効利用推進に関する協定を締結いたします。 

伊那市議会 2018-12-05 12月05日-02号

その中で、国の地方創生推進交付金をですね、有効に活用しての自動運転、ドローン等のですね、新産業技術推進事業等に市独自の予算を組んでいくのか、その辺をちょっとお聞きしたいと思います。 ○議長黒河内浩君) 白鳥市長。 ◎市長白鳥孝君) 伊那市ではことしの3月でありますが、新産業技術推進ビジョンというものを策定しました。

伊那市議会 2018-03-19 03月19日-05号

「新産業技術推進事業における地域おこし企業人は、どのような業務を担当しているのか。また、二人目の受け入れに向けた調整状況は。」との質問に対し、「沖電気工業株式会社から派遣いただいている1名については、新産業技術推進コーディネーターとして、企業間のマッチングなどを担っている。具体的には地域内企業連携による新たなセンサー技術導入実証などにもかかわる中で、成果を上げている。

伊那市議会 2018-02-26 02月26日-01号

地方創生につきましては、リニア中央新幹線や三遠南信自動車道の開通による広域的な展開を見据え、日本を支える地方創生モデル都市を目指して、国の地方創生推進交付金を有効に活用して、INA Valleyを実証フィールドとする新産業技術推進事業、ソーシャルフォレストリー都市創造促進事業、「信州そば発祥の地 伊那ブランド力向上事業、空飛ぶデリバリーサービス構築事業に引き続いて取り組んでまいります。 

伊那市議会 2017-12-14 12月14日-03号

また、伊那市新産業技術推進事業におけるICT教育部会取り組みでは、信州大学教育学部の協力によりまして、実証校2校で電子黒板授業支援ツールの効果的な活用を試行している、こういった実態でございます。 ○議長黒河内浩君) 唐澤議員。 ◆5番(唐澤千明君) 今年度から本格的にICT機器を導入しているという状況をお聞きしました。まだまだICTが十分に活用されていないのが現状と思われます。

伊那市議会 2017-03-21 03月21日-05号

「新産業技術推進事業減額理由は。」との質問に対し、「計画していた事業が国の交付金対象外となったため市単事業で対応し、その他を減額した。」旨の答弁がありました。 「鳥獣害対策費減額理由は。」との質問に対し、「捕獲頭数が見込みを下回ったための減額である。」旨の答弁がありました。 「森林総合研究所契約林整備減額理由は何か。」

伊那市議会 2016-06-06 06月06日-01号

最初に、1項2目農業総務費は、先ほど企画費説明をいたしました新産業技術推進事業のうちのスマート農業の研究に関係する部会委員報償費や、情報収集課題抽出などを行うコンサルタント委託料等を追加しております。 次の3目農業振興費は、農業環境整備事業補助金で、県の形態育成支援事業補助金の採択によりまして、コンバインや畔塗機などの購入補助金を追加するものであります。

  • 1