1420件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

塩尻市議会 2020-12-11 12月11日-05号

(仮称)塩尻市医学就学特別支援制度(給付型奨学金)の創設をレガシーに。 今年は特別な年でした。2020年を日本最高の輝ける年にするために招致したはずの二度目の東京オリンピックは、新型コロナウイルスパンデミックによって、はかなくも一蹴されました。後世から見たら、人類の歴史が大きく変わるきっかけの年だったと言われる年になるかもしれません。

塩尻市議会 2020-12-10 12月10日-04号

また、支援が必要な生徒が多く進学している高校へ訪問し、情報共有を行うほか、市教育委員会が開催する特別支援教育コーディネーター連絡会に市内の高校からも出席をいただいております。このように支援のネットワークを広げております。高校から相談が入っているケースも増えまして、周知が図られてきているものと実感しております。 

箕輪町議会 2020-12-08 12月08日-03号

中澤議長 町長 ◎白鳥町長 特別支援学校はそれぞれ広域圏の中で一つ、または二つというような状況でありますので、通学という意味では生徒皆さん、また保護者皆さん大変ご苦労をかけていただいているというふうに思っております。これは通学支援そのもの学校管理者であります長野県が中心になって考えるべきだというふうに思います。

塩尻市議会 2020-12-08 12月08日-02号

国は、平成19年度からそれまで対象ではなかった知的な遅れのない発達障がいも含め、障がいのある児童生徒に対して適切な教育指導を通じて必要な支援を行う特別支援教育、これを進めております。全ての小中学校特別支援教育に関する校内委員会を設置するほか、特別支援教育コーディネーター業務校務分掌に位置づけ、学校全体で組織的な支援を行うこととされております。 

松本市議会 2020-12-07 12月07日-02号

それによると、令和元年度小学校中学校高等学校特別支援学校いじめ認知件数は1万198件と、前年度に比べ992件、10.8%増加しています。その内訳は、小学校が7,758件、前年度に比べプラス1,155件、中学校は2,020件、マイナス146件、高等学校が325件、マイナス26件、特別支援学校が95件、プラス9件とのことであり、全国と同様に小学校認知件数が増加しているとのことです。 

佐久市議会 2020-12-07 12月07日-02号

◎市長(柳田清二) これは小諸養護学校の数字が出されていますが、まず県で行っている特別支援学校に関しての今の状況は、非常に小諸だけではなくて、ほかの地域も大変にきゅうきゅうとした状況があります。プレハブの増築が続いていたりとか、あるいはまた、そのお子さんがこういった施設を使いたいというニーズも高まっている状況にあります。

長野市議会 2020-12-02 12月02日-02号

この他にも、配慮が必要な児童生徒生活指導をきめ細やかにできるよう、教育委員会では特別支援教育支援員を配置しております。 また、専門家で構成するいじめ問題等調査員や、本年度から導入したスクールロイヤーなどを配置し、不登校いじめ問題など学校の諸課題へのサポート体制の拡充を図っておるところでございます。 

諏訪市議会 2020-12-01 令和 2年第 6回定例会−12月01日-03号

校内中間教室には専門先生がいるわけではありませんけれども、学校ごと支援員先生特別支援教育コーディネーターなど、チームを組んだ先生方支援に当たっています。  小学校には中間教室はありませんけれども、保健室とかあるいは校長室とか、図工室等様々な部屋を使いまして、パーティションで区切るなどして必要なスペースをつくって、子供たちの居場所の確保にも努めております。

千曲市議会 2020-12-01 12月01日-01号

教育費につきましては、特別支援教育に要する経費、小中学校管理運営事業費学校教育振興事業費、空調などの施設整備事業費のほか、社会教育施設管理運営事業費文化財保護事業費体育施設管理事業費学校給食センター管理運営事業費などであります。 これらを合わせました教育費全体の決算額は、総額30億7,688万138円であります。 

須坂市議会 2020-11-17 11月24日-01号

特別支援学校管理運営事業では、前年度事業費確定により、小布施町と高山村への須坂支援学校受託負担金返還金109万2,000円を計上しました。 施設型給付等事業では、公定価格の改定により、私立認定こども園への施設型給付負担金を増額しました。 生涯学習推進事業では、新型コロナウイルス感染症対策として、成人式をインターネットで同時配信するため、委託料37万1,000円を計上しました。 

安曇野市議会 2020-09-16 09月16日-05号

当時は、指導委員会と言っていた時代は、障がいの程度によって特別支援学級に原則就学するという前提で行われていた就学指導委員会ということで、それを就学相談委員会ということで、本人教育ニーズをまず第一に、そして本人保護者考えを最優先した形で総合的な観点から就学先を決定してくというふうに変わってきたということだそうです。

松本市議会 2020-09-16 09月16日-04号

教育ICT化、需要が高まる特別支援教育、新しい時代職業教育など、全ての面に対して大都会や私立学校との格差を縮める努力が必要であるという問題意識から、今回のマニフェストを作成しました。 まずは個別教育の重視、公教育多様化を進めることによって、教育の底上げ、格差の是正につなげていきたいと考えています。

長野市議会 2020-09-10 09月10日-03号

そんな子供たちのために、ふだん通っている特別支援学校を一時避難場所として開放してもらえたら助かるという保護者の声があります。市として、県と協議をしていただきたいと思いますが、お考えをお聞かせください。     (1番 小林史子議員 質問席へ移動) ○副議長宮崎治夫) 中澤保健福祉部長     (保健福祉部長 中澤和彦 登壇) ◎保健福祉部長中澤和彦) ただ今、3点御質問を頂きました。 

小諸市議会 2020-09-09 09月09日-03号

この間、アメリカのCNNのテレビで放送していましたが、ある子どもは画面の前で2時間は座っていられないと、それから、もう一つ、ある子は特別支援子どもなんだけれども、とても対応できない。 ですから、今までやっていた集団の先生のスキルによってできたものを、離れたところで同じように再現しようと思っても、できないと思います。