40件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

諏訪市議会 2019-06-17 令和 元年第 3回定例会−06月17日-03号

ただ、災害拠点病院で諏訪赤十字病院が指定されているところでございます。  諏訪市自体の拠点をどうするかでありますけれども、これは諏訪市地域防災計画に現在定められておりまして、物資の輸送拠点は清水町体育館とそれから諏訪湖スタジアムの隣の諏訪市中央公園、そちらになっております。  

長野市議会 2018-01-22 平成30年  1月22日 福祉環境委員会-01月22日−01号

5ページにまいりまして、北信地域救命救急センターとして長野市を含む広域の救急医療を担っていること、県内唯一の基幹災害拠点病院であること、これらを位置づけとして挙げております。  また、6ページ、長野赤十字病院建替え検討会議については、設置や会議の経過を御説明させていただきましたが、大変恐縮ですが、報告書本編の7ページを御覧いただきたいと思います。こちらの中段、4の検討会議でございます。  

長野市議会 2017-12-12 平成29年 12月12日 福祉環境委員会-12月12日−12号

また、長野地域災害拠点病院であり、県内唯一の基幹災害拠点病院の指定を受けております。  次に、7ページ、4でございます。  これらの現況や役割というものを踏まえまして、4の検討会議の検討内容でございます。  まず、この検討会議で長野赤十字病院の現在の基本構想を基に建替えの必要性というものを検討しております。  

長野市議会 2017-06-20 平成29年  6月20日 福祉環境委員会-06月20日−06号

また、災害医療については、長野地域災害拠点病院であり、長野県唯一の基幹災害拠点病院となっています。  しかし、移転新築時には最新設備を備え、県下有数の規模であった当院も、現在では建設から既に33年が経過し老朽化、狭隘化が進み、日進月歩で高度化する医療に適切に対応することが困難な状況です。

長野市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−02号

現在までの33年の間には、長野市市民病院の開設、また、厚生連2病院があり、医療の充実は進みましたが、長野赤十字病院は高度な診療機能を有する病院--DPCⅡ群で、県内に3病院がありますが、長野医療圏、また、北信地域では唯一の医療機関であり、また、長野県の基幹災害拠点病院であるとともに、長野地域災害拠点病院となっています。

下諏訪町議会 2016-06-09 平成28年 6月定例会−06月09日-03号

総務課長(山田英) 赤ちゃんや妊婦の方などを含む災害時の要援護者への対応につきましては、医療機関による対応が必要な場合は、諏訪地域災害医療対策マニュアルに従い、下諏訪町の基幹病院である諏訪共立病院にて処置を行うこととされておりますが、そこで対応が難しい場合は災害拠点病院である諏訪赤十字病院にて対応をすることとなっております。

諏訪市議会 2015-06-15 平成27年第 4回定例会−06月15日-03号

例えば、地域医療支援病院、3次救急医療機関、小児専門医療連携強化病院、がん診療連携拠点病院災害拠点病院地域周産期母子医療センター、こうした機能を兼ね備えておりまして、非常に重要な位置づけでございます。そして院長初めスタッフ総力を挙げてDPC2群を連続して評価を受けるなど、大変成果を上げていただいております。  

長野市議会 2014-12-16 平成26年 12月 定例会-12月16日−資料

九月二十二日決算特別十二月十六日原案認定認定第二号平成二十五年度長野市公営企業会計決算の認定について〃〃〃〃   議会提出議案(六件) 議案番号件名上程月日審議議決月日議決の状況議会第三十号第七十二回国民体育大会冬季大会スケート競技会開催に関する決議(案)十一月二十八日即決十一月二十八日原案可決議会第三十一号議員派遣について十二月十六日〃十二月十六日〃議会第三十二号長野市農業振興条例(案)〃〃〃〃議会第三十三号長野医療圏の災害医療確保体制の充実強化を図るため、新たな災害拠点病院

松川村議会 2014-12-16 平成26年第 4回定例会-12月16日-02号

と申しますのは、やはりそれだけの形の組織があるわけでありますが、実の中でいきますと災害拠点病院である大町病院、それから2次が安曇病院ということで、この地域はそういう形で守られているということがあるわけでありますが、実際の形の中でやはりそこが十二分に機能しているのかという形を、特に大北広域の中で、それから先ほど言われた組織の中でぜひ検証をお願いしたいという形でお願いをしたいと思います。  

長野市議会 2014-12-15 平成26年 12月15日 議会運営委員会-12月15日−20号

選任について      議案第176号 長野市豊栄財産区管理委員の選任について      諮問第4号 人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて   (2) 全員協議会の開催について   (3) 議会提出議案について      議会第31号 議員派遣について      議会第32号 長野市農業振興条例(案)      議会第33号 長野医療圏の災害医療確保体制の充実強化を図るため、新たな災害拠点病院

長野市議会 2014-12-10 平成26年 12月10日 福祉環境委員会-12月10日−12号

長野医療圏域の災害医療確保体制の充実強化を図るため、新たな災害拠点病院の指定を求める意見書の提出を求める請願。  請願者及び紹介議員は御覧のとおりです。  請願趣旨  長野県では、厚生労働省通知に基づき、1か所の基幹災害医療センターと二次医療圏ごとの地域災害医療センターを災害拠点病院として指定しています。  

長野市議会 2014-12-08 平成26年 12月 8日 議会運営委員会-12月08日−19号

この訂正願は、平成26年12月5日付けで、請願第35号長野医療圏域の災害医療確保体制の充実強化を図るため、新たな災害拠点病院の指定を求める意見書の提出を求める請願請願者であります松代地区住民自治議会会長、若穂地区住民自治議会会長、更北地区住民自治議会会長から議長宛てに提出されたものであります。  なお、訂正箇所は御覧のとおりであります。  

大町市議会 2014-11-25 平成26年 12月 定例会-11月25日−01号

市立大町総合病院におきましては、負傷者の受け入れのため、22日午後11時45分に山田事業管理者を本部長とする対策本部を設置し、県下各地の災害拠点病院等から派遣された災害派遣医療チーム(DMAT)とともに、職員挙げて対応いたしました。  この地震により被害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。  市議会におかれましても、迅速に災害対策支援本部を設置いただきましたことに深く感謝申し上げます。  

長野市議会 2014-09-22 平成26年  9月 定例会-09月22日−05号

続きまして、請願第三十五号長野医療圏域の災害医療確保体制の充実強化を図るため、新たな災害拠点病院の指定を求める意見書の提出を求める請願について申し上げます。  まず、採択すべきものとして、災害時は想定外のことが起こり得る。今ある災害拠点病院を補完するという必要性に鑑み、請願を採択すべきだ。

長野市議会 2014-09-16 平成26年  9月16日 福祉環境委員会-09月16日−09号

◎書記(松林秀樹君) 請願文書表の11ページ、長野医療圏域の災害医療確保体制の充実強化を図るため、新たな災害拠点病院の指定を求める意見書の提出を求める請願を朗読いたします。  請願者、紹介議員は御覧のとおりです。  請願趣旨  長野県では厚生労働省通知に基づき、1か所の基幹災害医療センターと二次医療圏ごとの地域災害医療センターを災害拠点病院として指定しています。  

大町市議会 2014-09-09 平成26年  9月 定例会-09月09日−03号

また、市立大町総合病院につきましては、引き続き、医師を初め医療スタッフの確保・充実に努めてまいりますとともに、災害拠点病院としての機能を拡充するなど、将来にわたる地域医療の拠点として経営の健全化を進めるために、病院事業管理者との連携を密にしながら、開設者としての責務を果たしてまいります。  4つ目は、「市民生活と産業基盤の整備」でございます。  

松川村議会 2014-06-17 平成26年第 2回定例会−06月17日-02号

その1つは、救急指定拠点病院がない、それからがん診療拠点病院がない、それから災害拠点病院は、災害指定はされております大町病院でありますけれども、これもいわゆる拠点病院ではないということでございますし、それから御承知のように、この地域においては産婦人科の指定病院がないという形であります。

諏訪市議会 2014-03-03 平成26年第 2回定例会−03月03日-04号

災害発生時に災害拠点病院であります諏訪赤十字病院に、諏訪地域医療対策本部が設置されることが示されて、また赤十字、中央病院岡谷市病院、そして共立病院及び富士見高原病院に、それぞれ設置される医療救護本部と諏訪保健福祉事務所やDMATなどの間で連絡、調整体制がとられるような形になっております。              

大町市議会 2013-11-26 平成25年 12月 定例会-11月26日−01号

県の地域医療再生事業補助金を活用した病院施設の整備につきましては、救急医療、がん診療を充実するための施設医療機器医療器械及び災害拠点病院としての傷病者受け入れ施設などの整備を来年度までの2カ年で進めてまいります。現在、施設整備のための院内調整や実施設計に取り組みますとともに、医療器械につきましても新たに着任する医師と調整を図り、計画的な整備に努めております。  

大町市議会 2013-09-03 平成25年  9月 定例会-09月03日−01号

大町病院におきましては、災害拠点病院の機能として必要な多数傷病者受け入れ施設の整備を初め、緩和ケアの充実を図るための病床の改修や、がん、救急医療医療機器整備など、当圏域の2次医療再生計画の追加分とあわせ県の補助金有効に活用し、計画的に事業を進めることとし、補正予算に所要額を計上いたしております。  

  • 1
  • 2