10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

岡谷市議会 2017-12-06 12月06日-02号

工業政策部長尾張嘉紀君) すみません、手元に正値な数字がないので、全体の傾向としてお答え申し上げますけれども、まず、先ほど申し上げましたとおり、リーマンショック以降持ち直しの機運が高まっておりまして、事業所数、あるいは粗付加価値額につきましては、平成21年度以降は漸増傾向にあり、近年でも持ち直している状況にあるというふうに把握してございます。 ○副議長(共田武史議員) 浜 幸平議員

下諏訪町議会 2012-09-07 平成24年 9月定例会−09月07日-04号

松崎議員 次に、普通地方交付税交付額経年的推移を見てみますと、平成15年の12億7,961万9,000円から漸減傾向にありましたが、平成19年の11億5,043万8,000円をボトムに、ここから漸増傾向にありまして、平成23年においては15億2,234万4,000円となっておりましたが、平成24年度、昨日の課長の答弁の中では、数式、私の間違いなければ14億7,729万1,000円で、対前年比マイナス

長野市議会 2004-06-01 06月18日-02号

また、離婚率につきましては、人口一千人に対する年間の離婚届出数の統計を毎年調査しておりまして、それによりますと、平成十一年が一・五六、平成十二年が一・六八、平成十三年が一・八二、平成十四年が一・七三件、実件数では平成十四年、六百二十四件になってございますが、これも全体的には漸増傾向となっておるわけでございます。 

須坂市議会 2002-03-20 03月20日-06号

使用料収入も若干ふえるものと思われますが、維持管理費漸増傾向にありますとの答弁がありました。 ・ 農業集落排水事業公共下水道処理原価使用料単価について伺いたい。との質疑に対し、農業集落排水処理原価は1立方メートル当たり 590円で、使用料は 163円、公共下水道は同じく 494円に対し 183円となっておりますとの答弁がありました。 

上田市議会 2000-03-13 03月23日-趣旨説明、委員長報告、質疑、討論、採決等-05号

逆に維持管理部分については、宅内つなぎ込み件数が増加し、供用戸数が増加することによる事業も増加するため、当面は漸増傾向で進めざるを得ないと考えるが、人員増とならぬよう最大限努力をしてまいりたい。 次に、供用開始後何年以内に宅内つなぎ込みをしなければならないのか。また、宅内つなぎ込みの促進を高めるための方策は何かあるのか。

岡谷市議会 1998-09-07 09月07日-01号

また、外来患者におきましても、やはり平成5年度から平成8年度までは漸増傾向であると、それが平成9年度は急激に30.7人の減少であるというように大幅に減っておるということで、これもいろいろな原因はあると思いますけれども、ちょっと私が心配したのは、やはり少子化の問題であるとか、在院日数の減、人口減ということはわかりますけれども、特にここで問題にしておきたいと思いますのは、特色ある病院機能が発揮されず患者

長野市議会 1998-06-01 06月17日-04号

シンナー乱用少年が対前年比三十%減少している反面、覚せい剤や大麻の乱用少年漸増傾向であり、シンナーから本格的薬物である覚せい剤への移行化傾向であります。薬物関係法令違反で補導された少年特別法犯少年全体の六十四・五%を占めるなど、依然として薬物乱用での補導が高い割合で推移している実態であります。 さらにはテレクラ関連事件被害少女の増加であります。

岡谷市議会 1989-06-07 06月07日-02号

全国的に高齢者漸増傾向にあるときに、高齢者福祉対策はますます重要度を増すとともに、非常に多岐にわたっての施策が求められています。 以下、関連する一部の点についてお尋ねをします。まず、ごく最近の岡谷市内における寝たきり高齢者と、ひとり暮らし高齢者は何人ぐらいおられますか。また、65歳以上の割合は市民の何%になるのか、及び昨年との対比についてお伺いしたいと思います。 

  • 1