381件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐久市議会 2021-02-09 02月16日-01号

款国民健康保険税18億7911万5000円は、令和年度収入見込額などを基に、新型コロナウイルス感染症影響による所得の減少及び税制改正による減収を考慮し、積算をいたしました。 3款県支出金67億3364万2000円は、歳出の保険給付費同額が交付される普通交付金のほか、保険者努力支援や特定健診等に係る特別交付金でございます。 

下諏訪町議会 2020-12-16 令和 2年12月定例会−12月16日-02号

総務課長(河西) 地域開発整備基金へ1億円を積み立てるといった内容でございますが、これにつきましては、昨年の令和年度には法人町民税の大幅な減収によりまして大変厳しい決算状況でございましたが、今年度につきましては元年度減収普通交付税に算入されたということで、当初の予定を大きく上回る交付額となり、予算額に対しまして1億6,000万円余りの増ということになっております。  

塩尻市議会 2020-12-10 12月10日-04号

市内の医療機関減収補填ということにつきましては、国の医療機関の資金繰りを支援する融資等が拡充しておりますし、また市の中小企業等事業継続給付金対象となること、それから新型コロナウイルス感染症対策特別資金融資制度が充実していることなどから、現時点においては、既存の制度を活用していただくことが有効であると考えております。 私からは以上です。

安曇野市議会 2020-12-07 12月07日-03号

その減収は、通常ですと、財産の売却による財産収入寄附金基金の取崩し、地方債市債などで賄うことになると思いますが、令和年度歳入見込額財政計画歳入額を下回った場合、その対処方針について伺います。 以上について、財政部長に伺います。 ○議長召田義人) 宮澤財政部長。 ◎財政部長宮澤修) コロナ禍によります歳入不足見込額についていかがといった点について、お答えをさせていただきます。 

上田市議会 2020-12-01 11月30日-趣旨説明、議案質疑、議案付託、一般質問、委員長報告、質疑、討論、採決-02号

これらの軽減措置による減収は、ご質問にありました新型コロナウイルス感染症対策地方税減収補填特別交付金として全額国費補填されることとなっております。この特別交付金は、普通交付税の算定の基礎となる基準財政収入額には算入されない、こういったこととされておりますことから、この軽減制度による財政面へのマイナス影響は極めて少ないものと捉えております。 

箕輪町議会 2020-09-07 09月07日-02号

これら次年度に繰越をして減収について補てんをしていくということになろうかというふうに思います。ただ第2波が起きているわけでありますけれども、新型コロナウイルスの秋冬への影響、これについてはあるんではないかという想定をした方がいいというふうに思っております。

下諏訪町議会 2020-09-01 令和 2年 9月定例会−09月01日-02号

続いて、9ページの町税についての収納率の関係でありますが、収納率が96.6%で前年同額数字であったとしても、法人町民税固定資産税の減により収入済額マイナス1.5%になっているというような形になっているわけでありますが、この減収がですね、単年度赤字要因になったと考えられるような形でもあるんですが、法人税が減になったというような形の中で、当初予算の作成時の情報収集がしっかり行われたのかどうなのかというところが

須坂市議会 2020-08-31 08月31日-02号

しかしながら、普通交付税制度上、市税収入減収額がそのまま基準財政収入額減少額とならないため、市税減収を補えるほどの増額にはならないと考えております。また、地方交付税の原資となる国税収入についても大幅な落込みが予想されることから、交付税により措置されず、多くが臨時財政対策債により措置されることも考えられます。 

岡谷市議会 2020-06-17 06月17日-02号

国や県に対しては、減収補填等の要望を行いながら、岡谷市民病院に来院される患者さんに対しては、しっかりと、丁寧な診療を続けて行っていく所存でございます。 以上です。 ○議長渡辺太郎議員) 白上企画政策部長。     〔企画政策部長 白上 淳君 登壇〕 ◎企画政策部長白上淳君) 私からは、大きな1番、新型コロナウイルス感染症対策についての(2)特別定額給付金の支給についてお答えいたします。 

大町市議会 2020-06-16 06月16日-02号

診療報酬上では、重症患者等に対する診療評価の見直しというのがありましたけれども、新型コロナウイルス感染症等減収につきましては、前年との比較というようなことで、明確な要因分析が難しいというような側面もありまして、収益の減少、経費の増加などに対する支援につきましては、国の柔軟な対応というものを要望してまいりたいと思っております。 以上であります。 ○議長中牧盛登君) 平林英市議員