488件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長野市議会 2021-03-22 03月22日-07号

次に、私たちの安全・安心を守っている消防関係では、(仮称)豊野消防分署整備事業として1億6,369万4,000円を計上し、災害復興計画に基づき、緊急車両現場到着時間の短縮化本市東北部の全体の消防強化を図るとしています。また、消防団報酬改善を図る事業や、救急救命士の養成を目的とした救急業務高度化事業費を計上するなど、さらに、安全・安心体制強化する予算となっています。 

岡谷市議会 2021-03-16 03月16日-07号

消防課では、配備から25年以上経過する消防団車両について、大規模地震に対応する災害対応型多機能消防車1台を更新配備することにより、消防強化を図っていくとのことであります。 次に、教育部においては、引き続き第5次岡谷総合計画及び第2期岡谷教育大綱に掲げた理念の実現を目指して、計画に基づき各種施策推進してまいりたいとのことであります。 

上田市議会 2021-03-05 03月03日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

1として、上田市が目指す適正な消防とは何か。 2として、異常気象等により、ますます大きな災害が増えている状況下で、このような大きな消防団再編に伴い、消防は維持できるか。また、消防団再編に伴う常備消防の見直しは行うか。 3として、消防団再編は、市民を中心とした開かれた議論が必要ではないか。 以上3点お伺いします。 ○議長土屋勝浩君) 越消防部長。          

下諏訪町議会 2021-02-25 令和 3年 3月定例会−02月25日-01号

諏訪広域消防事業につきましては、安定した消防確保と効果的な消防体制により消防防災関係組織とのさらなる連携強化につなげてまいります。  消防団には、引き続き団員の準中型免許取得を助成するほか、結成40周年を迎える消防音楽隊制服を更新し、地域防災力の要として団員確保を含めた消防の向上を進めてまいります。  

岡谷市議会 2021-02-08 02月16日-01号

安全対策推進では、危機防災減災対策推進消防強化といたしまして、消防団装備充実地域防災力強化を図るため、消防団に配備しております消防団車両計画的に更新しております。令和3年度につきましては、第9分団に災害対応型多機能消防車両を配備し、将来発生が予想されております大規模地震自然災害への備え地域の安全・安心確保してまいります。 

飯田市議会 2020-12-18 12月18日-05号

初めに、議案第110号「飯田消防団条例の一部を改正する条例制定について」では、団員数が140人減るとのことだが、それでも消防を維持できるとの根拠は何か。また、火災を出さないことが大事であり、予防消防の視点から見てどうかとの質疑があり、今回、予防広報班を廃止したことによる減少であり、機関操作など消防には影響はない。また、予防に関しては警防活動の中で対応できると考えるとの答弁がありました。 

岡谷市議会 2020-12-09 12月09日-04号

危機防災減災対策推進消防強化では、引き続き消防団車両計画的に更新し、将来、発生が予想されます大規模地震自然災害への備えと、地域の安全・安心確保してまいります。また、近年、全国的に見られる台風や集中豪雨による河川氾濫浸水被害を未然に防ぐため、河川改修事業を拡充実施してまいりたいと考えております。 

小諸市議会 2020-12-08 12月08日-02号

消防施設整備は、地域安心して快適に暮らせるまちづくりに直結いたしますので、市といたしましても引き続き消防強化のために取り組んでまいります。 続きまして、要旨(3)新型コロナウイルス感染症に伴う歳入の状況について。 質問事項①個人市民税及び固定資産税等市税納付状況はどうかについて答弁をいたします。 

岡谷市議会 2020-12-07 12月07日-02号

また、本市消防強化実現のため、消防ポンプ車災害対応型多機能消防車、2種類消防車両市内全域にバランスよく配備することが望ましいと考えているところでございます。 なお、2種類更新車両の選択につきましては、地元分団の希望を取り入れて決定していくこととなります。 私からは以上であります。 ○議長渡辺太郎議員) 一通り答弁が済んだようです。 小松 壮議員

飯田市議会 2020-11-25 11月25日-01号

本案は、飯田消防団条例の一部を改正する条例制定についてでございまして、今般策定いたしました令和3年度からの5年間を期間といたします飯田市第12次消防整備計画の内容により、改正の必要が生じたもの及び字句の修正等を提案するものでございます。 具体的に申し上げます。 第1条及び第2条中の文言を修正いたします。

安曇野市議会 2020-09-16 09月16日-05号

そんなわけで、平成25年成立の消防団中核とした地域消防充実強化に関する法律では、消防団処遇改善を図るために、出動、訓練、その他の活動の実態に応じた適切な報酬及び費用弁償の支給がなされるよう必要な措置を講ずるものとするとされた経緯がありまして、この従来の寄附金協力金に頼る消防団運営在り方について、市が率先して検討・研究していくべきではないかということで、三、四年前にも質問しておりますが、

飯田市議会 2020-09-10 09月10日-03号

消防維持の具体的対策、誰がどう団員確保していくのかをお伺いいたします。 ○議長湯澤啓次君) 田中危機管理室長。 ◎危機管理室長田中真君) 消防団員減少につきましては、全国的な傾向でございまして、長野県内でも多くの市町村団員確保に苦慮している状態でありますし、それから当市におきましても長年の課題となっているところでございます。 

安曇野市議会 2020-08-20 09月01日-01号

しかしながら、その後も団員数減少がありまして、消防整備指針等を参考にし、今回、改正について提案させていただくものでございます。 改正は、第2条、団員定数1,090人を950人に改めるものでございます。 附則でございます。この条例は、令和2年10月1日から施行する。なお、施行日につきましては、災害補償等掛金基準日に合わせるということでございます。 本日提出、市長名でございます。 

佐久市議会 2020-06-30 06月30日-06号

続いて、非常備消防費消防団初動活動マニュアル作成業務委託料について、財源については防災対策基金を活用し、今まで細部の活動要領がなかったため、マニュアル作成により安全管理を含めて事故防止につながるとの所管の説明に対し、新型コロナウイルス感染症影響により消防操法大会等が中止になっている状況であるので、今回作成するマニュアル等を活用しながら、消防団消防が落ちないようにしてほしいとの意見が出されました

長野市議会 2020-03-24 03月24日-07号

1点目は、2目非常備消防費消防団消防強化についてであります。 市では、消防団充実強化のため安全装備品計画的に貸与してきましたが、新年度予算において、基金を活用して予算額を増額することで計画を前倒しし、令和3年度で完了するとのことであります。 安全装備品強化が完了することから、平成27年度以降据え置いている年報酬の額の増額について検討を進めるよう要望いたしました。 

箕輪町議会 2020-03-09 03月09日-02号

少子化人口減少時代を迎えて、担い手減少する中でも、地域消防を維持向上させていくには、時代に即した工夫や知恵が求められているかと思います。団員担い手となる人口が減っていく、つまり分母が減っていく中で、どのように団員確保していくのか。課題対策についてまず町長の所見をお伺いいたします。 ○中澤議長 町長白鳥町長 消防団でございます。