35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

上田市議会 2021-04-30 07月01日-趣旨説明、議案質疑、委員長報告、質疑、討論、採決-05号

加えて、昭和47年には租税法学会を設立し、初代理事長として研究者相互の交流を促進するとともに、租税法学に関する卓越した研究を次々と展開、体系化して、立法、裁判、実務をリードされました。 また、金子氏は、研究教育分野にとどまらず、国の租税制度の改善にも尽力されました。

須坂市議会 2019-09-25 09月25日-06号

上高井招魂社例大祭について、信濃毎日新聞の記事の法学者の見解をもとに問責決議が出されましたが、法律解釈はいわゆる権限のある国家機関によって行われる公権的解釈有権解釈とも言われますが、公権的解釈が基本であります。公権的解釈には、法律によるもの、立法解釈行政機関によるもの、行政解釈裁判所によるもの、司法解釈の3種類がございます。

佐久市議会 2019-06-19 06月19日-04号

民生児童委員制度が、いわゆる上田市出身の法学者、小河滋次郎博士が、民生委員制度の前身、方面委員制度を創設して、昨年で100周年を迎えた歴史があります。 民生委員法に基づき厚生労働省が委嘱する非常勤、また、特別職地方公務員である児童福祉法に基づく児童委員を兼務しております。無報酬のボランティアで、守秘義務があり、任期は3年で、再任もできます。

軽井沢町議会 2019-02-26 02月26日-03号

この寄附講座ですけれども、名称といいますか目的としまして「医療安全法学健康推進地域を目指して」というふうになっております。安全な医療を提供する仕組みと医師が働きやすい環境を医学と法学などの分野から構築することを目的としまして、得られた知見を実践する場として軽井沢病院医師を派遣、診療することで、地域医療課題である医師不足解決を図るものであります。

軽井沢町議会 2018-03-01 03月01日-01号

2つ目信大東大連携協定事業地域課題研究寄附講座開設事業につきましては、信州大学、東京大学との三者協定に基づき、行政だけでは解決することが難しい地域課題について、大学知見を生かして解決に向けた取り組みを推進するため、当町に拠点を置き、両機関が推進する社会科学理化学先端融合研究一つ医療安全法学という寄附講座を設置することで、地域課題一つである地域医療体制の確立とともに、地域課題解決に向

下諏訪町議会 2017-03-22 平成29年 3月定例会−03月22日-05号

こうした問題点を指摘しながら、日本弁護士連合会を初め、法学政治学などの専門家団体、あるいは市民団体等反対意見書や声明を発表しているほか、一般市民も含めて法案反対の声や行動が今全国に広がっています。  以上の点から、同法案国会提出反対する意見書案議員提案させていただく次第です。議員各位の御賛同をいただけますよう、よろしくお願いいたします。 ○議長 これより質疑を行います。

安曇野市議会 2017-03-17 03月17日-07号

反対討論の中の上位法との関連ということですが、憲法最高規範ということでこちらの条例案最高規範とどちらが最高なんだというようなことから言われているかと思いますけれども、これは法理論上、また法学憲法最高であり、それに基づいて法律があり、その下に条例があるという流れが法学上言われているわけで、この条例案最高規範というような文言が入ったからといってこの条例憲法より上に来ると、あるいは自治法より上

大町市議会 2015-12-15 12月15日-05号

審査会は識見を有するもの5名で構成され、法学専門家である弁護士行政法を指導する大学教授を初め、所管事務を理解する市民の諸団体からの推薦者において構成することとなっております。市に設置される附属機関委員は、執行機関が委嘱しているところではございますが、公正かつ公平であり、中立立場からその職を担っていただいているものと考えるところであります。 

大町市議会 2015-09-09 09月09日-04号

1、市長は、6月議会平林議員質問に対し、「政府におかれましては、拙速に結論を急ぐことなく、法学専門家国民各層の広範な意見に耳を傾けるとともに、国会での審議を初めとして、さまざまな場において十分議論を尽くした上で、国民が十分理解し、納得できるよう全力を尽くしていただくことを切に願う」と答弁されています。

大町市議会 2015-06-25 06月25日-04号

行政側から、集団的自衛権の行使を可能にする安全保障関連法案については、新聞報道等でも多くの専門家違憲としていること、今定例会一般質問では、政府は拙速に結論を急ぐことなく、法学専門家国民各層の広範な意見に耳を傾けるとともに、国会での審議を初めとして、さまざまな場において十分議論を尽くした上で、国民が十分に理解し納得できるよう全力を尽くしていただくことを切に願うと市長が答弁したことなど、国政においてしっかりと

大町市議会 2015-06-12 06月12日-02号

こうした中、世論調査では80%を超える国民の皆さんが説明不足を感じていると答えており、こうした現状に鑑みますと、市長立場からこの法案合憲かあるいは違憲かをお答えする前に、政府におかれましては拙速に結論を急ぐことなく、法学専門家国民各層の広範な意見に耳を傾けるとともに、国会での審議を初めとしてさまざまな場において十分議論を尽くした上で、国民が十分に理解し、納得できるよう全力を尽くしていただくことを

大町市議会 2014-09-24 09月24日-05号

今最も注目されている新進気鋭の若き法学者であります。この2人の言われているように、閣議決定をしっかり読むと何が書いてあるのか。内容は非常に明快であります。この閣議決定の一番の核となるのが、いわゆる新3要件と言われるものであります。これは自衛隊が出動できるための3つの要件のことであります。その中でも1番目の要件が非常に重要であります。では、読んでみます。 

長野市議会 2014-06-01 06月20日-05号

実際、信州大学教育学部社会科学教育に在籍され、基礎法学研究される関良徳准教授は、小泉の照会に対しまして、任務を明確化するのが妥当である等との回答を文書で示されております。 また、重要な議案については、会派総会合同会派総会等の場において、資料提示しながら議員に対し説明するのが慣例となっているところでありますけれども、本案については、それがありませんでした。

長野市議会 2014-06-01 06月13日-04号

それから、これに関しまして、信州大学教育学部社会科学教育に在籍され、基礎法学研究される関良徳准教授に照会しましたところ、任務を明確化するのは妥当である等との御回答でありました。 その理由の一つとして、長野市が制定している他の委員会審議会条例でも、第二条で任務を明確化しているものが多くある点を挙げられております。 

須坂市議会 2013-03-06 03月06日-04号

以下は、平成13年4月に財務省財務総合政策研究所研究部から発行された、大阪大学大学院法学研究科知原信良教授の論文より引用させていただきます。 2000年4月に施行された地方分権一括法独自課税制度要件が緩和され、地方団体課税自主権が拡大した。法定外税法律に定めのない地方税条例によって設けるものであるが、これまでから認められていた法定外普通税に加えて、新たに法定外目的税が認められた。

伊那市議会 2013-03-06 03月06日-02号

これまで何度も、初等教育、まあ中等教育の段階から法学教育を導入すべきという提案をしてきていますが、法学教育には何か問題が起こったときに、法という公正中立な基準を採用する能力が育成され、人権感覚も養うことができます。昨年9月議会質問したいじめについてもそうですが、教師によるいき過ぎた体罰は、我慢することじゃないんだという意識を備えることができます。

箕輪町議会 2011-12-13 12月13日-03号

そういった面でね今後これからも主張し、それで町長が何か法的に云々だと言うのなら、私、法学博士に言った文面をいただいてまたしたいと思っていますけれど、そこまでしなくてもみんなで共通した考えでありますので、そういったことも含めて考えてみたらどうですかと。答弁はいりません。 次に非常用発電機の設置について。これも私3回目です。この前9月は浦野議員が、私の後質問しました。

伊那市議会 2011-03-10 03月10日-03号

去る9月議会で、小・中学校での法学教育について一般質問を行いました。その中で、この予防医療と同じように、これからの社会、非常に重要な考え方です。ということで紹介をしました。予防法学という考え方があります。 法律家への相談や依頼は、大変多くの報酬が発生するというイメージがあります。だから相談にも行けずに、取り返しのつかない大事に発展してしまうことがあります。

  • 1
  • 2