255件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-09-19 令和 元年 9月定例会−09月19日-05号

委託料、固定資産税課税基礎資料整備委託料は、法務局から来る土地等の異動内容を町のGISデータに反映させる業務で、株式会社パスコに委託をしております。  産業振興課では、労務対策事業費の諏訪高等職業訓練校には普通課程の配管科2名、和裁洋裁に51名通学しております。  鳥獣被害防止対策事業は猟友会22名で、実施は15名、捕獲者は7名で、全てわなでの捕獲になっております。

下諏訪町議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-03号

その後に出された分筆や合筆登記の記録を記入、更新し、地図に準ずる図面として測量をもとに作成された地積測量図というものが法務局に備えられております。地積測量図のなされていない土地につきましては昔の公図のままであると、そういった状況でございます。  町でも同様に現況の公図と相違している箇所が、土地区画整理事業を除いて、そういうところが散見されるという状況でございます。 ○副議長 増沢議員

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

このため、法務局で管理している全部事項証明書に記載されている土地情報により土地所有者を特定するとともに、所在がわからない場合は隣接土地所有者に伺うなどして特定をしております。その後、地権者と町により現地立ち会いを行い、状況を理解いただいた上で、支障木が民地からのものであることを明確にし、地権者による対応をお願いするなど対応方法について協議しながら進めております。  

原村議会 2019-06-03 令和 元年第 2回定例会−06月03日-02号

なのに行政だけはやらなくていいという、許容されているということですけれども、ちょっと理解しがたいですし、村長、御存じかわからないですけれども、固定資産制度というのは、表題登記をすることによって法務局から市町村通知が来て、それによって課税台帳に載せなさいという、そういう仕組みになっているんですよね。  だから表題登記行政がやらないと、住民も当然これはしません。

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

それから、今後の進め方ということもお話だと思ったんですが、御質問の中ですけれども、まず森林管理システムというものを、今回、補正を上げさせていただいた部分を活用しまして、まず今ある県のものの台帳を全てこちらのほうに移行をかけまして、その台帳につきましては、法務局にある台帳からこちらのほうにデータが入ると。  

安曇野市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号

中で、どなたが申し上げているのかははかり知れませんが、私ども職員、数カ月に1回は連絡をとって、お邪魔したいというお話をさせていただいておりますが、それぞれ御事情があって面会を延ばし延ばしされている方もいらっしゃいますので、先ほど申し上げましたけれども、二十数人地権者がおられて、御本人の御都合もありますし、先ほど申し上げましたように、交渉に応じていただきたくても、いわゆる用地測量がスムーズに進まず、法務局

軽井沢町議会 2018-12-10 平成30年 12月 総務常任委員会(12月10日)-12月10日−01号

地域整備課長(土屋貢君) これはいつもこういった話題は出るんですけれども、また一般的なお話でございますけれども、通常は法務局のほうに行きまして、土地登記簿で所有者を調べまして、文書にて通知をしております。また、常住の方でしたら、私どもここで訪問をいたしまして、樹木の伐採についてお願いをしております。

軽井沢町議会 2018-12-04 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月04日−03号

この内容につきましては、先ほど議員もおっしゃっていましたけれども、多数の者が利用する建物、これは本当に大きなホテルだとか工場だとか、そういったものの物件を法務局のほうに登記情報がありますので、そちらの資料から過去のデータ、要はどんな建材を使っているかとか洗い出しをかけています。その台帳整備をうちのほうで結果を見た上で判断したいと今考えているところでございます。  以上でございます。

安曇野市議会 2018-09-20 平成30年  9月 総務環境委員会-09月20日−01号

こちらにつきましては、文書館の建設に伴う穂高会館旧図書館内の歴史文書文書館移転にあわせまして、総務課が所管する外書庫であります旧豊科社会就労センター上川手分場を活用しました上川手書庫及び旧明科法務局を活用しました明科書庫内にございます現用文書を、穂高会館の旧図書館へ移転をするという計画を当初しておりました。

上田市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−一般質問、議案質疑、議案付託−04号

入札参加資格の審査の際、法務局が発行する登記事項証明書により所在地の確認を行っております。営業実態のない業者が登録されているかどうかについては、現在のところ確認はいたしておりません。  発注に当たりましては、まずは市内業者が優先的に受注できるよう配慮をいたしております。市内業者だけでは困難な場合、あるいは競争性が確保されない場合に順次準市内業者、県内業者、県外業者と範囲を広げることとしております。

軽井沢町議会 2018-06-15 平成30年  6月 第1回定例会(6月会議)-06月15日−04号

法務局事務統一化により、12月31日まで任期延長となっておりますが、任期満了に伴い次期委員候補者を法務大臣に推薦するに当たり、議会の意見を求めるものであります。  花里氏につきましては、昭和59年、文京学院大学英語英文学科を卒業後、学習塾の経営者として子どもとの触れ合いを大切にされております。

軽井沢町議会 2018-06-12 平成30年  6月 総務常任委員会(6月12日)-06月12日−01号

◎税務課長(土屋公一君) まず、土地の取得状況といいますか、固定資産税を課税するために、法務局から土地の移動情報が税務課のほうに入ってきます。ただ、その中に、それが外国資本であるかどうかというような情報登記簿に含まれていませんので、税務課としては外国資本であるかどうかというような情報は把握していないという状況でございます。  以上です。 ○委員長(土屋好生君) 続けて、荻原総合政策課長

諏訪市議会 2018-06-12 平成30年第 2回定例会−06月12日-04号

また、学校におけるいじめや体罰家庭内の虐待などの問題に対する活動といたしまして、法務局人権擁護委員との連携により、小中学校児童・生徒にSOSミニレターを配布し、それを通じて、先生や保護者にも相談できない子供の悩み事を的確に把握し、関係機関と連携をとりながら子供人権問題の解決に当たっております。  

長野市議会 2018-03-14 平成30年  3月14日 建設企業委員会-03月14日−02号

決してこれで十分だというふうには考えておりませんけれども、一方で、中心市街地関係につきましては今年度から継続いたしまして、国の法務局の方で14条地図の作成ということで、ほぼ地籍調査と同等の効果を持つ事業が進められております。これにつきまして、今年は吉田地区から着手いたしまして、来年度も引き続き吉田地区におきまして0.45平方キロメートルを対象としていただいております。

軽井沢町議会 2018-03-14 平成30年  3月 予算決算常任委員会(3月14日)-03月14日−02号

その下の異動通知書ファイリングほか業務委託1,300万円は、法務局からの登記済み通知書のファイリング、地番図分合筆切込み作業、家屋図現況データ更新等を委託するための経費です。  4行下の家屋評価システム移行委託830万円は、同システムを新システムに更新するための経費です。  その下の地籍調査総合支援システム移行委託249万円は、同システムを新システムに更新するための経費です。  

長野市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−05号

現在、窓口業務において、死亡届受理時に、保険年金、税金、相続登記など、死亡届の提出に伴い必要となる各種の手続一覧表を配布しておりますが、内容を充実させるとともに、チェックシートを添付するなどして、相続登記についての理解の促進が進むことを、法務局と更に連携をしていくべきと考えますが、所見を伺います。