7134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-12-13 03月02日-一般質問-03号

今後とも、日本遺産認定の趣旨であります文化財活用した観光拠点としてのさらなる磨きをかけるとともに、地域歴史的魅力や特色を通じまして、上田市のストーリーを語る上で不可欠な有形無形文化財群地域住民が主体となって総合的に活用しまして、国内外に戦略的に発信することにより地域振興につながる機運を高めてまいりたいと考えております。 

上田市議会 2021-12-09 03月01日-一般質問-02号

このうちライフステージに応じた学びとしては、県が進める「やまほいく」を実践する保育園での自然教育活動への支援、小中学校では総合的な学習の時間などで地域歴史先人等を学ぶ出前講座を、また今年度は上田染谷丘高校1年生280人の地域学習に合わせての講師派遣など、地域を知って学びを深め、地域の方々や自然と触れ合う機会の提供に取り組んでおります。 

長野市議会 2021-06-25 06月25日-05号

そのような曲げようのない歴史的事実があり、例年にわたり沖縄戦没者追悼式を挙行している国が、その同じ口で辺野古新基地建設沖縄戦激戦地の土を使うなどといったことは、彼らは本当に戦没者の御霊に心を寄せているのかと疑いたくなるような暴挙と言ってもいいのではないかと思えるほどのことであります。愚かな提案であると言わざるを得ません。 

下諏訪町議会 2021-06-22 令和 3年 6月定例会−06月22日-05号

下諏訪町は「中山道甲州街道が出会う 大社といで湯の宿場まち」であり、先人たちが大切に守り残してくれた、信仰と歴史文化温泉のある暮らし自然環境が、この先を生きる子供たちのために、50年100年先まで誇れるように維持されることを望みます。  つきましては、以下の項目を町へ要望します。                    

大町市議会 2021-06-17 06月17日-04号

また、各学校には歴史があって、同窓会などもある、このような状況かと思います。 他の地域では、閉校の場合、PTAや地域の同窓生などが集まって、記念誌記念碑などを作成して、閉校セレモニーなどもされているそうです。統廃合でなくて、先ほど言った再編ならば、学校地域からなくなる市民の気持ちに寄り添った対応、そういうことが必要かと思いますが、どのようにお考えでしょうか。 ○議長(二條孝夫君) 教育長

千曲市議会 2021-06-16 06月16日-04号

農業農業観光観光で、あんずの里も歴史の中でそれぞれが独立してやってきて、またそれが対立し合う、そういったことも過去の経過としてはございました。 農業の望むものと観光の望むものが、時代によってだとは思いますけれども、相反することがあり、それがお互いを邪魔し合ってしまう、そういった中で、あんずまつり自体も開催が危ぶまれる時期というのもあったかと思います。 

大町市議会 2021-06-16 06月16日-03号

市といたしましては、長い歴史に培われた当市の文化やかけがえのない地域資源であります水、美しく豊かな自然環境など、地域特色を相互に掛け合わせ、その相乗効果を十分生かすことにより、100年先の未来におきましても、魅力と活力にあふれる持続可能なまちの実現に向け、市を挙げて着実に取組を進めてまいります。 以上です。 ○議長(二條孝夫君) 再質問はありませんか。一本木秀章議員

下諏訪町議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会−06月15日-04号

子供地域で育てる、そんな意味合いで私も政策の中に歴史伝承事業というようなことも掲げさせていただいております。  皆さんで、みんなで子供地域の宝という思いを持ちながら子供たちに接し、また子供たちと共に生きていく町、そうしたものにしていけるように、私の住みやすい町、元気な声が響く町といううたい文句でございますけれども、そうしたものにも注力をしていきたいというふうに考えております。

千曲市議会 2021-06-15 06月15日-03号

それぞれの地域には、その地域歴史伝統文化、自然、暮らしがあります。千曲市の将来のありたい姿を考えるときに、金太郎あめのように、名前を入れ替えれば、どのまちでも通用するようなビジョンではなく、これぞ我がまち千曲市だと思えるようなビジョンが必要と考えますが、将来像やまちづくりの目標について、市の考えを伺います。 また、総合計画の下にぶら下がる各種計画がかなり数多いと思います。

大町市議会 2021-06-15 06月15日-02号

歴史伝統があり、緑豊かで桜並木もあり、教育環境は大変恵まれておりますが、課題として、改修するとしても、あるいは建て替えるとしても、既存の施設を活用しながらの工事は安全確保等に留意が必要となりましょう。それぞれよいところ、問題点を洗い出し、知恵を絞った市民との協議、合意が望まれます。 また、もう1校の常盤・社通学区域は、大町南小学校の位置となります。

下諏訪町議会 2021-06-14 令和 3年 6月定例会-06月14日-03号

今年度から町の歴史学習技術継承イベントなど、町内の団体・個人が自主的に行う活動補助金を交付する、未来へつなぐ歴史文化伝承事業を立ち上げましたが、町民文化遺産登録を提案したい。  昨今、家族継承が絶えて文化芸術遺産が継承できない状況が多々ある。生前、芸術に優れた人の遺品が処理に困り焼却せざるを得ない。また、芸術品骨董品等の収集で本当に価値あるものが安価で処分されてしまうケースもある。  

小諸市議会 2021-06-14 06月14日-04号

答弁のあったように、補助金等市民との活動を支援するために、長い歴史の中で、様々な活動の中で、市民の中にも定着してきているものと思います。今の答弁の中で、一方では、そういったものが既得権益になってきているようなこともありましたけれども、そういう状況の中でも、市民との協働という視点で、やはりもう一度考えていかなければいけないのではないかなと思います。 

下諏訪町議会 2021-06-11 令和 3年 6月定例会−06月11日-02号

歩道の幅や有無についての課題につきましては、従来から認識をさせていただいているところですが、中山道甲州道中の時代に市街地が形成されてきた歴史や、狭い可住地に住宅などが密集している地形的な条件によりまして、整備する際の道路構造の基準を満たしている町道は、幅員5.5メートル以上の町道全体の約36.4%程度ですが、密集する建築物を避けて歩道への拡幅を行うことは、ほぼ不可能な状況であると考えておりますので

下諏訪町議会 2021-06-08 令和 3年 6月定例会−06月08日-目次

│   │  │   │ │  │ │         │・町長の方針「未来へつなぐ歴史文化伝承│   │  │   │ │  │ │         │ 事業」の拡充施策としての町独自の「文│   │  │   │ │  │ │         │ 化遺産登録制度」は考えられないか。 

下諏訪町議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会−03月22日-05号

稼げる観光はよいが、下諏訪の本来のよさ、歴史文化の薫る施策を期待したいと思う。農業振興も難しい局面であるが、温泉利用水耕栽培などの産業化考えると楽しいのではないか。林業は長期的視野に立って間伐など計画的に行われていると理解する。観光振興局に着任する地域プロジェクトマネージャーには期待をしている。観光振興への体制強化を図り、大きな成果につながることを望んでいる。