17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長野市議会 2016-09-13 平成28年  9月13日 建設企業委員会-09月13日−04号

原因につきましては、積算誤りの直接の原因としまして、材料単価入力の誤り、積算基準及び標準の改定に伴う新積算システムへの適応不足、また、管理職を含め、慣れによるチェック体制の形式化などと考えております。  これらの誤りが発生する背景には、注意不足、確認不足、間違った思い込み、また、過去に起きた入札中止等の例を教訓にできなかったことなどがあると考えております。  

上田市議会 2015-08-31 平成27年  9月 定例会(第3回)-08月31日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、

これに対し、国、県から示されているを使い積算しており、材料費については、特殊なものは見積もりをとっているが、コンクリート等は県の標準的な単価を使って積算している等の質疑応答があり、本案については可決すべきものと決定いたしました。 ○議長(下村栄君) 以上で委員長報告が終わりました。  これより委員長報告に対する質疑に入ります。           

下諏訪町議会 2013-12-09 平成25年12月定例会−12月09日-02号

算定根拠ですけれども、これにつきましてはあるいは見積もり等で積算をしております。以上です。 ○議長 どうぞ。 ◎建設水道課長(沖山) つけ足して申しわけございません。今回のこの内容につきましては、解体費用とあと補償費ももらえておりますので、よろしくお願いいたします。以上です。 ○議長 総務課長。 ◎総務課長(松下) お答えいたします。

安曇野市議会 2013-06-13 平成25年  6月 定例会-06月13日−03号

また、設計に当たりましては県の労務単価と物価版、建設物価、積算資料等による資材単価を使用しまして、厚生労働省の標準を用いて積算しております。  また、積算ソフトの関係でございますけれども、下水道につきましては県及び市町村建設工事土木積算システム使用しておりますし、上水道におきましても、土木積算システムに準じた上水道積算システムを導入して運用しております。  以上です。

軽井沢町議会 2013-03-08 平成25年  3月 総務常任委員会・社会常任委員会連合審査会(3月8日)-03月08日−01号

それと、若干、設計段階では、先ほどから出ているんですけれども、という単価基準があるので、ある程度の数字が出てくるんだけれども、入札すると差金で落ちてくるという形が、こういう形になってきます。  ですから、側溝清掃希望がある、希望があるって、そういう場所を知らせてもらって、必要があるなと判断すれば、随時出したりもしています。 ○委員長(袖山卓也君) 内堀委員。

安曇野市議会 2012-09-20 平成24年  9月 定例会-09月20日−04号

予定価格の算出につきましては、設計積算基準により行われまして、調査、労務費調査、機械損料調査、そして諸経費調査等の結果が反映されております。労務単価には法定福利費の事業主体負担額及び安全衛生に要する費用、それから研修訓練等に要する費用は含まれておりませんが、現場管理費の率計算により積み上げを行っておりますので、予定価格の算出には反映されております。  

上田市議会 2012-09-10 平成24年  9月 定例会(第3回)-09月10日−一般質問−02号

具体的に申し上げますと、土木工事及び土木関係の測量設計等業務委託における設計額の算出方法につきましては、国、県による積算基準及び標準及び実施設計単価表に準じて積算しております。また、それに記載のない材料単価等につきましては、刊行物による市場単価、または業者見積もりを徴収したもので算出しております。  

塩尻市議会 2011-12-14 平成23年 12月 定例会-12月14日−05号

現行の失格基準87%の標準算定方式でなく、実際の入札価格に基づき算出した額を最低制限価格に設定し、実勢価格を反映することにより極端な低入札価格が排除され、労務単価や等が公表されている今日、設計ソフトを使用すれば簡単に正確な金額が求められる方式では、工事の種類によっては同額落札者が多くなり、くじ引きによる決定がふえる可能性が十分考えられますので、この防止策として、県の変動型最低制限価格制度の導入を

大町市議会 2007-12-12 平成19年 12月 定例会-12月12日−02号

また労務単価につきましては、19年度公共工事設計労務単価及び電気通信工事労務単価を採用し、機械運転費及び労務費等の積算並びに共通架設費、現場監理費及び一般管理費等の諸経費の算出に関しましては、農林水産省土地改良工事積算基準土木工事施設機械編の標準等を基準としており、設計額は適正に積算されております。  

長野市議会 2007-08-07 平成19年  9月 定例会-08月07日−02号

長野市の予定価格は、長野県が作成した工事積算基準、標準、材料単価・労務単価等を準用して積算をしておりますので、予定価格について県と市で差異はなく、県と同じく適正に設定されていると考えておりますが、今後もより適正な予定価格の設定に努めてまいります。  次に、内訳書金額の公表について県の取組状況と市の違い、今後の取組についてお答えいたします。  

諏訪市議会 2002-10-29 平成14年第 4回臨時会-10月29日-01号

○小泉坂男 議長  企画部長 ◎古畑頼利 企画部長  それでは、工事内容につきましては担当課へお聞きをいただきたいわけですが、御質問の中に積算価格の内容についてのお問い合わせがございましたので、その点につきまして私の方から御答弁をしたいと思いますが、土木建築工事がそれぞれありまして、土木におきましては積算基準及び標準という形でそれぞれの単価がございます。

諏訪市議会 2002-03-20 平成14年第 1回定例会−03月20日-06号

土木費の橋梁新設改良費の472万円の減額は、新六斗橋歩道橋工事で護岸工事の石張りが少なくて済んだためにで安くなったためです。都市計画費の街路事業費1,002万3,000円の減額補正は、当初予算新川線負担、神宮寺線負担3,800万円で始まったものですが、ここで最終決定の事業通知があり、決算数値として最終決定額が2,797万円となり、不用額が出たものであります。  

塩尻市議会 1999-12-13 平成11年 12月 定例会-12月13日−03号

見直しでは、橋の架け替え等によりますアーチカルバートの採用、市営住宅の両方の廊下を片廊下にするというふうな方式の採用、1戸当たりの面積の見直し、それから設計方法の見直しでは、再生採石の使用をしたり、マンホール間隔の見直しということで、直線部分については間隔を広げるというふうな見直し、それから出てきた発生土を活用するなど、積算方法では提出書類の簡素化によります市単独事業等においては諸経費率の見直し等、

軽井沢町議会 1992-03-12 平成 4年  3月 定例会(第2回)-03月12日−02号

その設計単価等については、常にやっております県の書によって算定をしていると、そういうことでございます。 ○議長小川太郎君) ほかに質疑ありませんか。          (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長小川太郎君) 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。  お諮りいたします。本案については、委員会付託を省略し、即決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。          

  • 1