132件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

中野市議会 2020-09-24 09月24日-05号

この制度の発足当時から、長い歴史をたどる中で、日本社会構造変化とともに、大きくこの国民健康保険制度構造変化を起こしてきています。昔は、加入者事業者農業者加入者の7割近くを占めていましたが、最近では、無職の方が最も多く、次いで被用者保険加入対象にならない方々で8割近くを占め、事業者農業者は2割にも満たないというのが現状であります。 

伊那市議会 2020-03-06 03月06日-04号

しかしながら、小規模事業者人口減少高齢化、海外との競争激化地域経済低迷等構造変化に直面し、売上や事業者数減少経営層高齢化等課題を抱えています。 伊那市の小規模事業者が元気になることでにぎわいが創出され、また個々の店舗、事業所魅力向上につながり、「魅力的な町 伊那市」をつくっていくとともに、地域の新たな価値創造にもつながっていきます。

上田市議会 2018-10-01 09月12日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

小規模企業振興基本法は、人口減少少子高齢化グローバル化等構造変化に直面して、売り上げの減少人材の確保や経営者高齢化等課題を抱えている小規模事業者焦点を当てたものでございます。小規模事業者重要性を見直すとともに、小規模ならでは強みを生かす製品、商品、サービス等の提供を通じて日本経済中心として活躍できるように環境整備を進めるものでございます。 

箕輪町議会 2017-09-11 09月11日-02号

これら地域構造変化は確実に急変しておることは事実であります。 その一つは人口減少と先ほど申し上げた高齢化であります。ニつ目は町の企業数従業員数減少のみならず、地域産業の核として農業輸出農産物に席を奪われ、第2次産業空洞化が進み、産業基盤が根底から変化を余儀なくされている状況であります。先祖伝来の田畑や山林は荒廃し、若者は都会へ、残った者は老いであります。

上田市議会 2017-05-31 06月14日-一般質問、議案質疑、議案付託-04号

小規模企業振興基本法は、企業全体の大半を占める小規模企業人口減少高齢化グローバル化地域経済低迷といった構造変化に直面する中、小規模ならではのしなやかさや強みを生かし、活力を最大限に発揮することで地方に強靱で自立的な経済を構築するため、小規模企業焦点を絞って支援を行うために策定されたものでございます。 

飯田市議会 2016-12-07 12月07日-02号

そうした当地域産業におきまして、グローバル化の進展や産業構造変化など、大変激しい環境変化にさらされている当地域産業でありますが、リニア時代を見据える中でさらなる発展を支えていく産業支援機能はますます重要になってきているという認識でございます。 南信州飯田産業センターは、これまで人材育成支援販路開拓支援地場産業高度化ブランド化支援、新産業創出支援等に積極的に取り組んでまいりました。

小諸市議会 2016-12-07 12月07日-02号

本格的な少子化による人口減少と急速な高齢化という構造変化社会に突入し、仕事や生活への不安、社会保障地域コミュニティー持続可能性への揺らぎ、頻発する自然災害の猛威へのおそれなど、先行きへの不安を感じている市民は決して少なくないであろう中で、安心して安全に暮らし続けられる小諸市の構築に向けて、多様化する市民ニーズを的確に把握をし、時代の変革に迅速に対応できる安定した財政運営健全財政の堅持は喫緊の課題

須坂市議会 2016-09-07 09月07日-03号

社会構造変化する時代には、住民の対話と協働を通して発揮される地域力の真価が問われます。住民にはみずからを高めていく手段が必要であり、学び合う場所が必要です。学びの支援に向けて、地域メッシュ情報を集積する、またネットワークのハブとなるなど、図書館が担うべき機能には、大きな役割があります。須坂市民が集い、楽しく夢を語れるような図書館大型商業施設にできれば、どんなにすばらしいことでしょう。

小諸市議会 2015-12-02 12月02日-02号

この少子高齢化人口減少という時代の大きな構造変化の中での行財政運営においては、限られた財源や人材を有効的に活用し、市政を経営するという考え方がますます重要になっています。そんな中で、今年も来年度の予算編成時期を迎えていますが、言うまでもなく、予算は市長の考え方政策が反映されたものであり、我が小諸市のまちづくり設計図とも言うべきものであります。 

松本市議会 2014-09-10 09月10日-04号

報告では、ゼミなどの社会貢献志向と並び、地元の活性化地域の再生に強い関心がある若者が近年明らかに増しているという内容で、これは一時的な現象ではなく日本構造変化と重なっているものであり、拡大成長時代中心へ強い求心力が働き、それに対して人口減少社会地方への着陸の時代であり、従来とは逆の人の流れが生じていく時代であって、若い世代のローカル志向はそうした変化のごく自然なあらわれであるとしています。

飯田市議会 2013-11-27 11月27日-01号

今回の見直しは、人口減少少子高齢化など、社会構造変化、リニア中央新幹線などの地域を取り巻く大きな環境変化及び現組織における課題などを含めて実施するものでございます。 改正の内容は、現在の部等組織に新たに市民協働環境部を設置し、現行の企画部保健福祉部水道環境部及び危機管理交通安全対策室の名称を総合政策部健康福祉部上下水道局及び危機管理室に変更したいとするものでございます。