4786件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

上田市議会 2021-12-13 03月02日-一般質問-03号

次に、地球温暖化防止森林の役割の中で、森林温室効果ガス吸収源として大変有効であり、特に人の手で育てる森林、育成林は成長が早く、健全に保つことができれば二酸化炭素を吸収して成長します。 そこで伺いますが、財産区、自治会個人等が管理している森林整備について、計画的な行政の支援が不可欠と考えますが、この支援に対する市の考え方を伺い、質問を終わります。

上田市議会 2021-12-09 03月01日-一般質問-02号

また、上田市の面積の70%以上を占める森林整備活用しながらCO2排出削減地域特性を生かした施策とすべきと考えますが、見解を伺います。 次に、生ごみの抑制、資源化について伺います。現在土屋市長を陣頭に資源循環型施設建設に向けての道筋が関係各位のご理解とご協力で着実に前進しております。しかし、基本的に焼却施設ですからCO2排出は避けられません。

下諏訪町議会 2021-06-15 令和 3年 6月定例会−06月15日-04号

初めに、治山治水における森林働きにつきましては、森林土壌は落ち葉などによる有機物の供給や土壌生物働きにより穴の多いスポンジのようになっており、雨水などを速やかに地中に浸透させる働きがございます。この働きにより森林雨水などを蓄えて、ゆっくりと河川に流すことで洪水や渇水を緩和しております。また、その過程で濁りを抑えたり水の汚れにつながる物質を浄化しております。  

千曲市議会 2021-06-14 06月14日-02号

そのために山の森林に近い半森林を造成し、木登り、自分たち秘密基地作り炭焼き体験森林作業の伐採、枝こなし、その材を使った丸太切り、工作、椎茸等駒打ち天然きのこ栽培迷路作りブランコ等遊具作りなど、子供たちからやりたいアイデアを出していただく。好きなことは夢中になります。将来の専門家になるかもしれません。

下諏訪町議会 2021-03-22 令和 3年 3月定例会−03月22日-05号

質疑では、森林づくり補助金は、歳出予算に計上している事業を実施した場合、補助申請して交付されてくる。まだ申請していないので、置き予算としている。間伐以外に、植林、下刈りを行った場合は補助対象となる。財産区自体は、カラマツヒノキ広葉樹といった構成である。カラマツ間伐は終わっており、今は広葉樹ヒノキ幼齢木を育てている。

長野市議会 2021-03-22 03月22日-07号

森林環境譲与税活用した事業として、林業新規従業者育成確保を図るためのフォレストワーカー育成事業森林林業への理解や関心を深めるための体験会などを開催する森林とふれあい体験事業などが予定されております。林業者人材育成し、林業の発展につなげるためには、これらの事業を継続的に実施していくことが大切であるとの意見が出されました。 

伊那市議会 2021-03-19 03月19日-05号

また、この予算に県の森林税は入っているのか。」との質問に対し、「手良小東春近小西春近北小及び西箕輪小の予定である。県の補助金財源森林税である。」旨の答弁がありました。「隣接する道路へ日当りがよくなるようにしてほしい。」旨の要望がありました。 「伊那市立図書館について、授乳室おむつ替えの場所の整備トイレ洋式化自動水栓化などの改修の要望があるが、どのように考えているか。」

千曲市議会 2021-03-19 03月19日-06号

審査において、第4款衛生費では、水洗化促進事業費上水道整備事業費特別会計繰出金について、第6款農林水産業費では、森林環境譲与税活用事業費、森のエネルギー推進事業費について、第7款商工費では、企業立地推進事業費商工業振興対策事業費観光利用推進事業費シティプロモーション推進事業費、千曲ブランド創出事業費について、第8款土木費では、都市計画策定事業費スマートIC整備事業費について質疑あり、質疑

箕輪町議会 2021-03-15 03月15日-04号

まず、豊島区の森林環境譲与税はどこに計上されているか。歳入は林業振興費、としま森整備費負担金362万5,000円。歳出はとしま森整備事業業務委託料として計上している。新電力関西電力への切替でどのくらいの期待が見込めるのか。高圧電力のみだが平成31年度ベース換算で約400万ぐらい下がる見込み。またみのわテラスのトイレ町直営公衆トイレの意味合いも加味しているとのことだが、開放時間は24時間か。

伊那市議会 2021-03-11 03月11日-04号

3点目として、伊那市50年の森林ビジョンについてであります。人材育成に特化したフォレストカレッジを開講し、新規就林者育成確保、森のブランド力の向上を図るとあります。 そこで市長にお尋ねいたします。具体的に事業の内容と、進捗状況をお聞かせください。 ○議長(飯島進君) 白鳥市長。 ◎市長白鳥孝君) 現状の進捗につきましては、担当のほうからお話をさせていただきたいと思います。

伊那市議会 2021-03-09 03月09日-02号

今後についても伊那市は、「伊那から減らそうCO2」それから「伊那市50年の森林ビジョン」、こうした取組も行ってきておりまして、2050年のカーボンニュートラルというそうした目標も国、県等が示しておりますが、既に伊那市では、平成26年からこの取組がスタートしているということで、数字的にも成果を上げてきているというふうに思っております。 

千曲市議会 2021-03-09 03月09日-03号

このほかにも、3Rによる焼却ごみの減量や森林適正管理など、引き続き取り組んでまいります。 いずれにいたしましても、議員から野外保育の事例を挙げられましたが、今後も温暖化対策取組をはじめ、様々な環境保全活動によりまして、自然に恵まれたまち環境に優しいまちを創造しまして、移住、さらには関係人口の増加につなげてまいりたいと考えております。

長野市議会 2021-03-09 03月09日-06号

おおむねの議論として、ゼロカーボン二酸化炭素の人為的な排出量森林等による吸収量が均衡することで達成されるものと承知しております。これまで市外の森林による二酸化炭素吸収量について、具体的な数値を目にしたことはございませんので、明らかにしていただきたい。 長野市内二酸化炭素排出量の現況とゼロカーボン達成のために必要な削減量及び削減率を示してください。