12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大町市議会 2016-09-07 09月07日-02号

また、27年度からは外れてしまいますけれども、新たに木崎花火大会の生中継等も取り組んできております。 このほかに加入促進につきまして、まだまだ決定には至っておりませんけれども、お客様を御紹介いただいた場合は何らかの形で報償的なものを差し上げる、そうしたことも検討してきております。

大町市議会 2013-12-03 12月03日-02号

木崎湖温泉観光協会関係では、毎年8月15日に開催しております木崎花火大会実行委員会に150万円を支出しております。このほか、イベント実行委員会負担金として275万円、インバウンド推進協議会負担金として75万円、針ノ木慎太郎祭補助金として9万円など、合計で3,993万円余を支出しております。 次に、大町観光協会法人化進捗状況についての御質問にお答えいたします。 

大町市議会 2011-09-01 09月01日-02号

木崎花火大会につきましては、議員おっしゃったとおり伝統ある古い花火大会でございます。かつて、過去におきましては信濃木崎駅から国鉄が臨時電車を出して、信濃木崎駅から見物人が歩いていくというような事例もあったというふうにも聞いております。この木崎花火大会につきましては、同じ日に諏訪湖の花火大会もあり、さらには信州新町のろうかく湖の花火大会もございます。

大町市議会 2006-09-04 09月04日-01号

8月15日には、地元関係者の皆さんのご尽力により、木崎花火大会が約1万2,000人の観客を集めて開催されたところです。湖面に流れる灯籠には、色鮮やかなたたずまいの中に、湖畔に集う人々のさまざまな思いが込められ、華やかな打ち上げ花火と相まって、夏の湖を彩る見事な演出となりました。 

大町市議会 2006-03-07 03月07日-04号

こうしたイベントの実施による入り込み状況につきましては、アルペンルートオープンカーニバル参加者が約300人、塩の道祭りは約500人、慎太郎祭に約250人、トレッキング事業の3コースに約300人が参加されており、木崎花火大会には約1万2,000人、おおまち雪まつりには3会場合計で約2万5,000人が訪れております。

大町市議会 2005-09-06 09月06日-01号

8月15日には、地元関係者皆様のご尽力によりまして、木崎花火大会が、約1万2,000人の観客を集めて盛大に開催されました。また、9月3日、4日の両日は、全日本実業団対抗サイクルロードレース大会が、青木湖を周回するコースで開催され、全国から選手をはじめ、自転車愛好者など多数の皆様に訪れていただき、湖面をわたるさわやかな風を満喫いただいたところでございます。 

大町市議会 2005-03-02 03月02日-02号

また、次ページになりますが、節19負担金補助及び交付金4,045万8,000円の主なものといたしましては、やまびこまつり実行委員会負担金400万円、観光協会各種事業に対する負担金2,219万円、アルペンルートオープンカーニバル、塩の道祭りなど開催に伴うイベント実行委員会負担金275万円、北アルプス観光協会負担金169万5,000円、冬の観光宣伝協議会負担金200万円、木崎花火大会に対する補助金

  • 1