385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松川村議会 2019-09-19 令和 元年第 3回定例会−09月19日-03号

◆2番(梨子田長生君) もう今は、そういうことは言葉の暴力、またそういうことが許されない、そういう時代に入ってきたかなと本当に思います。ちょっと違うなということだから、ですから懲戒権、親のしつけの方法も変わっているんだろうなというふうに思うわけでございます。  松川村は、すくすくと元気よく育っていますから、こうしたことは余りないと思いますが、そんなことで今後ともよろしくお願いしたいと思います。  

下諏訪町議会 2019-09-05 令和 元年 9月定例会−09月05日-04号

それは暴力だと思っていませんからあれですけれど、やっぱりしつけのうちの部分として、言うことすごかったんですね。  でも、今最終的にそれがですね、多様的な状況になってきて、地域の人たちにも知恵のある方もいらっしゃると。そういう方たちと協力してくださいという形だと思いますので、ぜひとも活動範囲を広げるというよりも、今度はできるだけ学校の中もオープンにしていただけるという形がよろしいのかなと。

下諏訪町議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-04号

相談内容といたしましては、生活困窮のほか、家庭内の荒廃や暴言・暴力などの虐待といった場合もございますし、そういった場合には町福祉担当者や保健師、まいさぽ、社会福祉議会等によるケース会議を行い、課題を共有し、具体的な支援を検討するほか、必要に応じて生活保護の受給につなげていくなど、関係機関と連携をしてございます。以上です。 ○副議長 増沢昌明議員。 ◆増沢議員 町長に伺います。

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

毎年11月に開催しています暴力追放・交通安全村民大会の大会宣言でも掲げてございますが、今後もチラシによる啓発や大町市の消費生活センター及び警察と連携をとりまして、予兆電話があった事例が発生した場合には、防災無線にて注意喚起するなど、さらに強化を図ってまいりたいと思います。  最後に、街頭指導でございます。

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

学校現場では、暴力とまではいかないじゃれ合いとかということは日常茶飯事にある、これらを件数に数えるのは非常に難しいということも先生方は言っているわけですが、そういった中で、学校での戸惑いがあるのかどうか。ふだんのじゃれ合いや口での争い等、小さな芽がいじめと捉えている点での学校現場での戸惑いがあるかどうかという点。  

安曇野市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号

パワハラ、セクハラ暴力問題、こういうものがスポーツ界でも続いております。  そこで教育長にお尋ねします。  この研修会で重度事故被害者の会の代表の方がおっしゃられ、さらにまた講師の方も強調された、万が一事故が起こった場合、謝罪と誠意ある対応が学校にはどうしても必要だ、こういう指摘、これについて教育長はどのようにお考えでしょうか。 ○議長小松洋一郎) 教育長。      

茅野市議会 2018-08-29 平成30年  9月 定例会-08月29日−01号

また、長野県には、公衆に著しく迷惑をかける暴力不良行為等の防止に関する条例、いわゆる迷惑防止条例が設置されており、この条例には、不当な金品の要求、偽りの寄附募集や寄附の強要などの行為禁止する規定があり、さらに違反した場合の罰則規定が定められております。このことから、茅野市が寄附募集に関する条例を廃止いたしましても、不正な寄附募集行為への牽制は十分行われると考えているところでございます。  

茅野市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会-06月12日−05号

まず最初に、いわゆるスポーツにおける体罰的なもの、体罰でありますが、罵声を浴びせる、必要以上に練習を強要する、あるいは有形の暴力行為を行う、これはもう完全に体罰であります。ただ、そうした一方で、たまたま県外の事例で報道されましたように、グラウンドを5周させる、あるいは10周させるような過度の練習を強要するというのがあります。ただし、これも体罰であると考えています。

茅野市議会 2018-06-08 平成30年  6月 定例会-06月08日−03号

なお、長野県の公衆に著しく迷惑をかける暴力不良行為等の防止に関する条例、これにおきまして、不当な金品の要求や強制的な寄附募集行為禁止する規定がございます。さらに、違反した場合の罰則規定が定められておりますので、今後は当該条例により対応もしてまいりたいと思っております。  以上です。 ○議長(両角昌英) 再質問をお願いします。  北沢千登勢議員

下諏訪町議会 2018-06-08 平成30年 6月定例会−06月08日-04号

今年度は「若者の愛と暴力を考える」をテーマに、デートDVに関する展示を計画しております。パネル展は町ホームページの掲載、下諏訪町女性団体連絡会、下諏訪男女共同参画推進委員を通じ、各区、団体等へ周知、また報道機関を通じて周知を図り、PRを行ってまいりたいと考えております。 ○副議長 青木利子議員。 ◆青木議員 それでは、図書館での関連図書の案内方法で特徴的なものがあればお願いしたいと思います。

上田市議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−05号

本案については、配偶者暴力等により住民票を移動させずに上田市へ避難しているなど、市内に住所を有していない方であっても福祉医療費の給付を受けられるようにするために支給対象者を改正すること、及び平成30年8月から長野県内で実施される子供医療費の現物給付化に対応するため、所要の改正を行うものであるとの説明を受けました。  

松川村議会 2017-12-08 平成29年第 4回定例会−12月08日-01号

続きまして、第29回暴力追放・交通安全村民大会についてであります。安全で住みよい村を目指して、11月12日すずの音ホールにて第29回暴力追放・交通安全村民大会を開催しました。今年は長野県警察本部特殊詐欺抑止対策室の松原寛氏を招き、特殊詐欺の現状や防止対策など、わかりやすく講演をいただきました。また、小中学生と女性代表による決意表明も力強いものでありました。

上田市議会 2017-11-27 平成29年 12月 定例会(第4回)-11月27日−趣旨説明−01号

次に、内容でございますが、福祉医療費の支給対象者を定める第3条の改正は、特別な事情として、配偶者暴力等により上田市に避難している方などを想定したものです。  続いて、福祉医療の受給者証の提示について、第7条では、長野県内の保険医療機関等の項目を加えるものです。  

原村議会 2017-09-05 平成29年第 3回定例会−09月05日-03号

一部は警察を呼んで行政対象暴力というんですか、そういったことで警察が来て一部逮捕というようなこともあるということで、そういった面では職制のフォローアップをしっかりしなくちゃいけないと。  それから、これはもうクレームに対する対応の仕方で、これは別に役場だけじゃなくて、例えば学校の親のクレーマーもそうなんですけれども、対応は1人でしちゃいかんと。

安曇野市議会 2017-09-01 平成29年  9月 定例会-09月01日−02号

これができないと、学校の先生に暴力制裁を加えられるわけです。そのおじぎの仕方と全く同じなんです。それから、国家が日の丸に対して敬礼をする、その姿勢の仕方、帽子をとっておじぎをする。あるいは君が代が流れたら起立をして歌いましょう、これも1、2年生の段階です。こういうような教科書、本当にいいのかどうか。  先ほど市長は、日本国憲法基本平和国民主権基本的人権、こういうことをおっしゃられました。

軽井沢町議会 2017-07-13 平成29年  7月 社会常任委員会(7月13日)-07月13日−01号

発達障がいですとか、あと外国人児童の問題ですとか、その対応ができるようなきめ細かい授業ができる人材的な補強といいますか、そこら辺もできていないですし、このごろちょっと中学校では、私たちの目には余り見えてこないんですけれども、暴力的な子どもがちょっと増えてきているんじゃないかというお話も聞きますので、そこら辺も中学校の先生とお話ししながら、引き出しながらできたらなとは思っています。

上田市議会 2017-06-12 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月12日−一般質問−02号

ことしの4月20日に税務課の職員が公衆に著しく迷惑をかける暴力不良行為等の防止に関する条例違反の疑いで現行犯逮捕されるという不祥事が発生いたしました。電車内で女性のスカートの中を盗撮するという大変情けない事案でありますが、こうした職員不良行為防止やコンプライアンス遵守について、市は日ごろからどういう指導を行ってきたのでしょうか。また、その方法に問題はなかったのでしょうか。

松川村議会 2017-03-15 平成29年第 1回定例会−03月15日-03号

身体的虐待は、暴力行為や外部との接触を意図的に、また継続的に遮断する行為平手打ち、蹴る、ベッドに縛りつける身体拘束、抑制するなどがあります。また介護・世話の放棄、放任では、意図的であるか、結果的であるかを問わず、介護や生活の世話を行っている家族がそれぞれ放棄し、生活環境や身体、精神的状態を悪化させていること。