630件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

箕輪町議会 2020-12-09 12月09日-02号

自然エネルギー関係制度による届け出件数年度別比較ガイドラインによる届け出件数と、景観条例による届け出件数と、平成26年から現在までの状況をお聞かせください。 ○中澤議長 町長白鳥町長 自然エネルギー太陽光発電についてのお尋ねでございます。この課題につきましては一つ届け出により全ての設置状況を把握するということができません。

岡谷市議会 2020-06-18 06月18日-03号

景観計画は、景観行政団体に移行するための計画であり、市独自の景観条例施行されることになりますが、規制等により産業振興に対する影響を懸念する意見もあり、現在に至っております。 私からは以上であります。 ○議長渡辺太郎議員) 一通り答弁が済んだようです。 今井康善議員。 ◆12番(今井康善議員) 一通り答弁いただきましたので、順次再質問をさせていただきます。 

伊那市議会 2020-03-16 03月16日-05号

屋外広告物条例景観条例に違反している建物等への対応は。」との質問に対し、「看板については現在、県の屋外広告物条例を適用している。それにプラスした規制をする市独自の条例制定していきたい。景観条例建物の色、高さなどを規定しており、事前に届け出をしてもらい審査しているが、基準ギリギリの建物もある。」旨の答弁がありました。 

小諸市議会 2020-03-02 03月02日-02号

今まで、環境保全については景観条例に基づいて、見直し等がなされてきましたけれども、環境は一旦失われると復活するには多くの時間、また財源等が必要とされております。その中で、今までの取組と今後の考え方をお伺いいたします。 次に、要旨(5)観光行政の取り組みについて。 観光ブランド活性に向けた情報戦略「ワクワク」について、取組の実績と成果と、また今後の課題等についてもお伺いしたいと思います。 

飯田市議会 2019-12-18 12月18日-05号

なお、議案第140号「飯田景観条例の一部を改正する条例制定について」、議案第142号「地方自治法等の一部を改正する法律施行に伴う関係条例整理に関する条例制定について」、議案第148号「市道路線の変更について」、以上の3件については、特に申し上げることはございません。 以上で報告を終わります。 ○議長湯澤啓次君) ただいまの委員長報告につきまして、御質疑はございませんか。     

下諏訪町議会 2019-12-11 令和 元年12月定例会−12月11日-03号

町長 以前から観光客皆さん地域皆さんから看板整備を望まれておりまして、もう数年前からですね、町は県の条例や町の景観条例に則した形で看板整備を進めてまいりました。また、電柱への看板等県下でも先駆けてそういった整備を進めてきているわけでありますから、その辺の御理解はいただきたいと思います。  

軽井沢町議会 2019-12-02 12月02日-02号

そうしましたら、これも同じことかもしれませんけれども、景観条例でよろしいんですか、建築等規制に関する条例がございますけれども、その中に木竹の伐採に支障となり得る樹木の管理責任とかいわゆる規定としてこの条例の第3条の中には、建物の高さは原則10メートル以下にしなさいと、なぜ10メートルかというと、一般的な雑木林の高さは10から15メートル程度ということがあるので、10メートル程度にしなさいというふうな

飯田市議会 2019-11-25 11月25日-01号

本案は、飯田景観条例の一部を改正する条例制定についてでございます。 本案における改正の理由としましては、農地中間管理事業の推進に関する法律等の一部改正に伴いまして、条例中に引用する法律項番号整理を行おうとするものでございます。 条例案にございますように第33条第2項の中で、第4条第4項第1号と引用する部分におきまして法律の項の繰り上がりに伴い、第4項を第3項に改めるものでございます。 

茅野市議会 2019-09-24 09月24日-06号

質疑では、住民と協定を結ぶ等の必要性が出たときに、この条例景観条例ガイドラインの三つの条例等でソーラーの関係規制をかけていくことで、ほかのところで規制があるので、この条例に書き込まなくてもよいという解釈でよいかとの質疑に対し、協定については条例規定して義務化するのではなく、民民の話になるので、それぞれがこれからの運営を担保するために結ぶことは問題ない、むしろやっていただきたいとの答弁でした。

須坂市議会 2019-06-20 06月20日-04号

また、この間、景観条例に沿った内容での警備棟の塗りかえをお願いするほか、建物の取り壊し時に発生する騒音と振動に対しても指導を行ってまいりました。 昨年5月25日に副市長産業振興部長長野市内中央研究所に出向いて、アールエフに対して景観条例についての説明をするほか、早期の操業についてもお願いをしてまいりましたが、具体的な操業時期についてのお話はございませんでした。

松本市議会 2019-06-17 06月17日-02号

松本市では、松本の良好な景観保全や誘導を行うために、景観計画景観条例制定していますが、その計画を補助するために、松本市の特性を踏まえた独自の屋外広告物条例を、平成21年2月1日に施行しています。条例施行から約10年が経過し、町なか看板も少しずつ整備され、青少年の育成に害を及ぼすような張り紙もほとんど目にすることがなくなりました。

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

もう一つ、ついでに、あの場所は、景観条例エリアからは外れておりますか、どうですか。 ○議長平林寛也君) 総務課長。 ◎総務課長白沢庄市君) 最初に、松川村土地利用計画でございますが、あの地区は、農業保全ゾーンという地域でございます。  続きまして、景観条例については、長野景観条例に基づくエリアには該当してございません。  以上です。 ○議長平林寛也君) 草間議員