運営者 Bitlet 姉妹サービス
6332件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月21日−06号 主要農作物種子法は、昭和27年に戦後の食料増産という国家的要請を背景に、国・都道府県が主導して優良な種子の生産、普及を進める必要があるとの観点から制定されたものであります。主要農作物種子法は米・麦・大豆の3種類の種子を対象に、都道府県による自都道府県内に普及すべき優良品種の指定、原種及び原原種の生産、種子生産圃場の指定、種子の審査制度等を規定した法律です。   もっと読む
2018-12-19 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号 昭和22年地方自治法により、完全な普通選挙法により参政権が与えられる。昭和28年町村合併促進法により、県の計画案によると池田、会染、松川1町2村を合併対象としていたと、このようなことも書かれております。明治、大正、昭和時代の村の歴史などがつづられている歴史を正しく振りかえることは大切なことだと思います。村史の一部、内容を紹介させていただきました。 もっと読む
2018-12-18 松川村議会 平成30年第 4回定例会−12月18日-02号 よみがえる安曇野は、昭和時代に記録した8ミリフィルムでつづる記録映画であります。何気ない人々の営みや風景になつかしさがあふれてきます。映画を通して時代を築き上げてきた人たちの空気に触れ、未来を考えるきっかけになればとこういうものであります。  また、12月には思い出アルバムパート2が発売となります。 もっと読む
2018-12-13 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月13日−05号 議案第83号 軽井沢町一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について  軽井沢町一般職の職員の給与に関する条例(昭和36年軽井沢町条例第21号)の一部を別紙のとおり改正する。                              平成30年12月13日提出                              軽井沢町長 藤巻 進  次のページをお願いいたします。     もっと読む
2018-12-13 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月13日−05号 地下水賦存量、地下に蓄えられた地下水の量でありますが、昭和61年の調査では、安曇野市の地下水賦存量が55億7,500万立米、平成19年の調査でありますと54億5,000万立米、また、27年の調査では、54億5,450万立米でありまして、その結果から、昭和61年から平成19年、この21年間で約1億2,500万立米が減ったと、また、平成19年から27年、8年間では450万立米がふえたということであります もっと読む
2018-12-12 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月12日−04号 ちょっとしたことでございますけれども、例えば、名水百選の里にも選ばれておりまして、昭和の名水百選は、わさび田湧水群が指定をされております。運動広場のすぐ北側には湧水地帯がございます。私どもとしては余り気にしない場所でありますけれども、よそから来た皆さん、そこへ案内していただきますと、わあすごいと、これだけの湧水が安曇野には豊富に湧き出ているんですねと、感動をされます。 もっと読む
2018-12-11 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月11日−03号 あづみ野やまびこ自転車道は昭和57年7月16日に、起点、安曇野市穂高、終点、塩尻市宗賀の延長40.6キロメートルが着手されました。安曇野建設事務所と市が協議して、路面表示、トイレ、公園、各施設等への案内表示が設置されてきて安全環境対策が進み、あづみ野やまびこ自転車道に多くの観光客、サイクリング客が訪れるようになりました。 もっと読む
2018-12-10 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号 明治、大正、昭和、平成と続いてまいりました年号も、来年の5月で新しい年号に変わります。本年は、かつて経験したことのない異常気象、台風、地震が数多く発生し、自然災害の恐ろしさを発していただきました。幸いなことに、安曇野市におきましては、ほとんど被害がないとなったことは幸いだと思います。   もっと読む
2018-12-03 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-12月03日−02号 まちづくり基本条例をはじめ、軽井沢町の環境政策の礎としまして昭和47年に策定しました軽井沢町の自然保護対策要綱等、環境に関するさまざまな例規と密着に関連してまいりますので、非常に緻密な検討を要します。  今後は、まずは条例制定を視野に入れ、それらを踏まえて、環境基本計画の策定を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(市村守君) 答弁が終わりました。   もっと読む
2018-11-29 軽井沢町議会 平成30年 12月 第1回定例会(12月会議)-11月29日−01号 昭和49年に制定された軽井沢町福祉に関する条例につきましては、制定から44年が経過し、その間社会的背景の変化に伴い、制度が目まぐるしく見直される中で、目的を明確にした分散化が必要なことから、条例の廃止案を上程いたしました。 もっと読む
2018-11-28 安曇野市議会 平成30年 12月 定例会-11月28日−01号 穂高勤労者福祉センターは、勤労者の福祉増進を目的に昭和40年11月に建設され、主に勤労者の集会施設として一定の役割を担ってまいりました。 もっと読む
2018-10-04 上田市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-10月04日−趣旨説明、議案質疑、議案付託、委員長報告、質疑、討論、 昭和23年に施行された旧優生保護法は、知的障害や精神疾患などを理由に、優生保護審査会の決定があれば本人の同意がなくても不妊手術を認めるというものでありましたが、平成8年に障害者差別に該当する条文を削除し、母体保護法に改正された経緯がございます。   もっと読む
2018-09-21 下諏訪町議会 平成30年 9月定例会−09月21日-05号 水道管の古いものは昭和3年であり、地殻変動で管の接合が抜ける可能性が高い。計画的には進んでいるが、当町は類似団体と比較すると40年の耐用年数経過の率が高く、今の計画より投資してやらないとと考えている。 もっと読む
2018-09-21 安曇野市議会 平成30年  9月 福祉教育委員会-09月21日−01号 ◎陳情者(山村氏) それでは、簡単な御説明になりますけれども、昭和61年ぐらいからこの公費助成、この地域では始まっているようでございますが、昭和50年代からですね、だんだん少しずつ各市町村で助成額がふえてきているというのが現状です。例えば、他市町村のところで見ますと、保護者への額が少しずつ増額された自治体もございますし、最近上がった自治体もございます。   もっと読む
2018-09-20 軽井沢町議会 平成30年  9月 第1回定例会(9月会議)-09月20日−05号 同意第1号 固定資産評価審査委員会委員の選任について  下記の者を軽井沢町固定資産評価審査委員会委員に選任したいので、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により、議会の同意を求める。                   もっと読む
2018-09-20 安曇野市議会 平成30年  9月 総務環境委員会-09月20日−01号 まず、有明会館でありますが、所在地はごらんのとおりでありまして、設置目的、地域住民の福祉増進に寄与するということでありまして、設置年月日でありますが、昭和42年5月ということであります。利用状況でありますが、平成29年度で104件でありますが、9割方農協にかかわる皆様でございます。 もっと読む
2018-09-20 松川村議会 平成30年第 3回定例会−09月20日-04号 そんな中で過去私は、昭和42年の5月6日からこの村にお世話になりまして、高田村長それから太田村長、伊藤村長、茅野村長と四代の村長に仕えさせていただきました。それぞれ村長の方針によりまして、現在があるわけであります。その中で現在は今、議員おっしゃられたとおり、見てもらったとおりであります。 もっと読む
2018-09-19 松川村議会 平成30年第 3回定例会-09月19日-03号 そして、昭和45年、全国の営業所を回る関係で、関東、四国関係、40年松川を離れておりました。そして、13年前、松川に帰ってきました。  都会の生活と松川の生活を比較してみますと、非常に松川は空気がおいしく、そして、心温まる人が多く、米がおいしく、本当に昔懐かしい風景が目に入ってき、心休まる思いで、いいとこに来たなというふうに思っています。   もっと読む
2018-09-19 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月19日−05号 この安曇野の里の施設につきましては、複数の建物が集まって構成をされているということで、昭和60年に建築をされて、老朽化が進んでいるということでございます。 もっと読む
2018-09-18 安曇野市議会 平成30年  9月 定例会-09月18日−04号 行政に残る史資料は、10月に開館する文書館で閲覧することができ、太平洋戦争だけではなく、日清、日露戦争も含む明治から昭和30年ごろまでの旧町村文書の閲覧ができます。今後、文書館では、公文書や古文書、古写真のほか、未収集の資料として、区に残る文書や学校文書の収集や整理も視野に入れております。活用の面では、文書館と博物館と連携しながら、戦争にまつわる企画展や講座、講演会なども行う予定でございます。   もっと読む