3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長野市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会-12月15日−06号

安保関連法は、可決成立したとしても、いずれも憲法違反であって、日本憲法98の規定、すなわち国の最高法規である憲法に反する法律命令条例、国務に関するその他の行為は効力を有しないということです。今後、政府安保関連法を施行し、法律に基づく様々な措置を実行すれば、それらは全て憲法に反する無効行為であり、国民市民に重大な人権侵害を及ぼすおそれがあるということです。  

安曇野市議会 2013-06-12 平成25年  6月 定例会-06月12日−02号

そして、日本憲法98、資料が配られたようでございますが、憲法最高法規条約及び国際法規の遵守が示されておるところでございます。  児童の権利に関する条約についての通知では、教育活動全体を通じて、基本的人権尊重の精神の徹底を一層図ることや、学校におけるいじめや不登校に係る内容について、家庭地域社会との緊密な連携のもとに、真剣な取り組みの推進に努めることが述べられております。  

上田市議会 1997-06-18 平成 9年  6月 定例会(第2回)-06月18日−一般質問、議案質疑−04号

そして、また現在の日本国憲法ではどうなのかといいますと、現在の日本国憲法施行後もこの憲法に反しない法律法令は効力があるということで、日本憲法98に定められておるわけであります。したがって、太政官布告は現在も生きておるわけでありまして、これは法的根拠があるというふうに認識しております。

  • 1