288件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

千曲市議会 2020-09-09 09月09日-04号

文化庁では、地域歴史的魅力特色を通じて、我が国文化伝統を語るストーリー日本遺産として認定し、ストーリーを語る上で、不可欠な魅力ある有形無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組を支援するものと言われております。 では、文化財指定との違いについて。文化財指定とは、皆さん御存じのとおり文化遺産の価値づけや保護を担保するものであります。

飯田市議会 2020-03-05 03月05日-03号

一般社団法人南信州山岳文化伝統の会が立ち上がりました。その会に対しまして、支援状況と今後の取組についてお伺いをいたします。 ○議長湯澤啓次君) 遠山産業経済部長。 ◎産業経済部長遠山昌和君) 山岳観光についての御質問を頂きました。 飯田市におけます山岳観光につきましては、やっぱり南アルプス玄関口でもあります遠山地区地域活性化の一翼を担う大きな影響を与えるものだというふうに考えております。

塩尻市議会 2020-02-20 02月20日-01号

地場産業振興では、東京2020オリンピック・パラリンピックの開催に当たり、大会組織委員世界に誇る日本技術文化伝統を反映した日本各地伝統工芸品等公式ライセンス商品化する取り組みを進めており、昨年12月には木曽漆器技術を生かし、五輪エンブレムと桜の花をあしらった「漆塗り蒔絵かんざし」が初めて長野県の伝統工芸品公式ライセンス商品になりました。 

下諏訪町議会 2019-12-12 令和 元年12月定例会−12月12日-04号

各区の行事地域運営がそれぞれ活発に行われている中で、そこに住む人と人とのつながりが地域活性化、例えば防災、子供健全育成地域の美化、文化伝統の継承など、貢献しているものと考えております。  また、区や町内会は、現在、下諏訪町が進めている民公協働まちづくりの主体的な団体でもございます。町としましても不可欠な組織として考えております。以上です。 ○議長 岩村清司議員

諏訪市議会 2019-12-03 令和 元年第 5回定例会−12月03日-04号

また歴史文化伝統、そこら辺をどう織り込んでいくのか、まちづくりの将来ビジョンについてお伺いいたします。 ○伊藤浩平 議長  市長金子ゆかり 市長  広範にわたっての御質問だと思いますが、まちづくりの将来ビジョンということで、第五次諏訪総合計画基本構想において、諏訪市の将来像を「自然の恵みと地域の活力が調和する やさしさとふれあいのまち 諏訪」と定めてございます。

飯山市議会 2019-09-11 09月11日-03号

日本には、市長も言われたとおり、アウトドア、または文化、食文化伝統文化もだと思いますが、そういった面、あるいは日本食、それとあと、私は著名の方の講演を聞きに行きました。これは、東日本大震災のときの話をされていました。 その方がアメリカニューヨークに行った時、大勢の人が握手をされたそうでございます。何でかというと、日本人はすごいと。あんな大災害があっても、暴動や略奪が一切無かった。

茅野市議会 2019-09-10 09月10日-05号

推進交付金、これは地方創生に向けた新しい視点からの取り組みを支援するという交付金でございまして、この交付金の趣旨のもとに、議員おっしゃいましたように歴史だとか文化伝統芸能、そうしたところの活用をしたプログラムは幾つかラインナップがあるかと思いますけれども、市長答弁にもありましたけれども、観光まちづくりを進め、真に観光効果を全体的に波及させるためには、ベースとなる観光地そのものの底上げに向けた取り組

飯田市議会 2019-09-05 09月05日-03号

一般社団法人南信州山岳文化伝統の会さんであります。 このあたりは、南信州観光公社観光の諸団体皆様方、DMO、遠山山の会それぞれ多くの皆さん方が御賛同いただき、会の発足とお伺いしております。 そこで、この項のまとめになろうかと思いますが、牧野市長にお伺いをしたいと思います。 ここまで山岳に対する、観光に対する機運が高まってまいりました。

飯田市議会 2019-09-04 09月04日-02号

そしてあわせて、文化伝統と融合させ、観光にも直結できるような、そういった研究が必要と考えます。 出雲、福島、両市とも、観光振興という観点では、いま一つ具体的な相乗効果の図式がちょっと見えていないなあという印象も実際受けたところでございます。 

飯田市議会 2019-06-17 06月17日-02号

さらに今後も、この地域ならでは歴史文化伝統、産業、食や自然、こうしたものの資源を生かした、繰り返しになりますが、人と人との触れ合いを大切にしたこだわりのツアーを実施する予定となっておるところでございます。 ○議長湯澤啓次君) 湊猛君。 ◆16番(湊猛君) しっかりと確認させていただきました。 また、産地ツアーを含めて、食も観光としてどのように考えているかをお聞きしたいと思います。

諏訪市議会 2019-05-14 令和 元年第 2回臨時会−05月14日-01号

諏訪市におきましても、先人が築いてきた歴史文化伝統を育み、天与の自然がもたらすすばらしい環境を守るとともに、明るく豊かで平和な市民生活を支えることができるよう、令和時代幕あけに際し、また軌を一にした市政2期目のスタートに当たり、揺るぎない郷土愛をもって職務に邁進する決意を新たにしたところでございます。  

飯田市議会 2019-03-06 03月06日-02号

その中に、3つのポイントに絞られて、1つは全ての子供が輝く学校をつくっていきたいということ、2つ目世界日本を結ぶLG教育ローカルグローバル教育、そして3つ目に、自然と文化伝統を守り、発信していくんだというようなことを決意されておられました。私も、1番目の全ての子供が輝く学校づくりというのが、本当に共感するところでございます。 

伊那市議会 2019-03-06 03月06日-02号

このキャリアフェスにつきましては、単なる職業体験の場ではなくて、伊那市の産業文化伝統こうしたものを通じて中学生が地域を知り、自分の未来を考えるきっかけとするためのものであります。 また、参加をする大人にとっても、この地域で働いて生活をすることへの考えや思い、このことを直接子供たちに話しかける、伝える場となりました。

上田市議会 2019-02-15 02月25日-趣旨説明-01号

また、文化庁地域歴史的魅力特色を通じて我が国文化伝統を語るストーリーを認定する「日本遺産」について、先月申請をいたしました。本年5月ごろには審査結果が発表される予定であることから、吉報を期待しているところであります。 当地域鎌倉時代には「信州の学海」と称され、大正時代には地域青年たちの手による「自由大学運動」が展開されるなど、「学び」を生活文化の一つとしてまいりました。 

下諏訪町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会-12月21日-05号

この節目を機に、先人が築いてこられた町の歴史文化伝統を振り返るとともに、さらなる飛躍につなげていきたいと思っております。  そして、8月には大相撲諏訪湖場所赤砂崎公園において開催されました。取組以外にも稽古風景や力士との交流など、昔ながらの屋外開催を楽しんでいただけたと思います。

茅野市議会 2018-12-12 12月12日-05号

日本遺産は、地域歴史的魅力特色を通じて日本文化伝統を語るストーリーに対し文化庁が認定をするものでございます。ストーリーを語る上で欠かせない魅力あふれる有形無形文化財群を、地域が主体となって総合的に整備、活用し、国内だけではなく、海外へも戦略的に発信していくことで、地域活性化することを目的としております。

安曇野市議会 2018-12-11 12月11日-03号

また、1事業300万円くらいで、荒れた文化財等公共用地整備等、また、地域歴史文化伝統等を1冊の本にして、これにより地域づくりをしている先進的なよい事例、他の地域の先進的な模範例はないか、市民生活部長伺います。 ○議長小松洋一郎) 市民生活部長。 ◎市民生活部長宮澤万茂留) まず初めに現状の補助制度でありますが、市では、つながりひろがる地域づくり事業補助金がございます。