4257件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下諏訪町議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会−06月21日-05号

安倍政治が続いて、アベノミクスにより1%の人が恩恵を受けても、99%の人はむしろ生活悪化を訴えている状態です。給料はほとんど上がらず、年金は下がり、2,000万円不足だと言われているような状態です。2,000万円貯金をしなければいけない、このようなことを言われております。物価もじわじわと上がっている中で、さらに消費税が増税されれば、多くの人はますます大変になります。  

松川村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-04号

アベノミクスでぼろもうけしている大企業や富裕層には減税する一方で、低所得者ほど負担の大きい消費税に依存する政治、財源確保といえば真っ先に庶民に税金をかける政治でいいのでしょうか。大企業や富裕層に応分の負担をしてもらえれば、消費税に頼らなくても財源は確保できるわけであります。  消費税は社会保障に使うといいますけれども、本当にそうなっているでしょうか。

下諏訪町議会 2019-03-20 平成31年 3月定例会−03月20日-05号

昨年の第73回国連総会では、核兵器禁止条約への早期の署名・調印と批准を呼びかける決議が、国連加盟国の126ヶ国の賛成で採択され、いまや国際政治の場面では、核兵器禁止条約支持は大きな流れとなり揺るぎないものになっています。こうした流れのなかで、核兵器のない世界を望む国内外の広範な世論に応えて、唯一の戦争被爆国である日本も率先して、核兵器禁止条約に賛成すべきではないでしょうか。  

松川村議会 2019-03-18 平成31年第 1回定例会−03月18日-03号

                 7番 上 田 治 美       国保について       住よい村めざして   順位4 土地利用計画                      5番 草 間 正 視       超高齢化社会       第7次総合計画   順位5 水道事業を守るには                  10番 矢 口 あかね       松本山雅FCホームタウンへの参加   順位6 政治施政

諏訪市議会 2019-03-14 平成31年第 1回定例会−03月14日-06号

昨年まで、内閣官房参与を務めた藤井聡京都大学大学院教授は「太陽は何があっても東から昇るものであるが、消費税は、政治の判断で増税延期も増税凍結をすることも、さらに逆に「減税」すら、何も難しいことではない」と指摘しています。このように2019年10月の消費税10%は中止をの世論は高まりつつあります。よって、不採択に対し反対討論といたします。

松川村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会−03月07日-01号

├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤ │ 5 │10│矢 口 あかね│1 水道事業を守るには         │建設水道課長 │ │  │  │       │2 松本山雅FCホームタウンへの参加  │村長     │ ├──┼──┼───────┼────────────────────┼───────┤ │ 6 │ 8 │平 林 幹 張│1 政治施政

諏訪市議会 2019-02-27 平成31年第 1回定例会−02月27日-04号

今回のテーマを取り上げたのは、市政を身近に感じ、政治を動かすという市民の意識が大切であると痛感しているからです。特に地方政治政治と市民の距離感が近く参加しやすい。また議論される問題は基本的に人々の日常生活に根差した実用的な課題が大半です。地方政治は、日常生活に根差した日ごろの活動実績を知ってもらうことが大切です。

諏訪市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会−02月26日-03号

そこに、江戸時代の高島藩の政治の安定が見えるわけです。そして日本全体の歴史の勉強に発展していくというような、さまざまなそういうことを繰り返しながら、心の中に郷土に対する愛情、理解、それから誇りが生まれてくる、そんな勉強でございます。               〔「議長6番」の発言あり〕 ○金子喜彦 議長  吉澤美樹郎議員 ◆6番(吉澤美樹郎議員) ありがとうございました。

下諏訪町議会 2018-12-21 平成30年12月定例会-12月21日-05号

私たち国民一人一人の国や政治に対する思いを訴える場、これは請願、そしてまた選挙で議員を選ぶこと、この二つしかないわけであります。  そういう中で、陳情や請願については、財政の裏づけがなければ出してはいけないということは全くない。

松川村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会−12月19日-03号

さらにお聞きしたいんですが、現在、国、県、その窓口に相談や政治ルートでの陳情をしているような案件はありますでしょうか。 ○議長(平林寛也君) 経済課長。 ◎経済課長(丸山稿君) そのような案件や事案等はございません。 ○議長(平林寛也君) 大和田議員。

伊那市議会 2018-12-17 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月17日−05号

次に、請願・陳情番号112−4、財務大臣の政治的引責辞任を求める陳情(陳情)を審査しました。  審査の中で出された主な意見は、「文書の改ざんをして、職員が自殺までしている中で、トップが何も責任をとらないということはおかしなことであるので、採択すべき。」との意見や、「公文書の改ざんはあってはならないことである。職員に罪を負わせ、トップがそのままということはあり得ない。

下諏訪町議会 2018-12-13 平成30年12月定例会−12月13日-04号

安心して暮らせる政治を行っていこうではないか、その思いを住民に問うてみたいのです。また、私個人の考えですが、民意をリードするのは政治家の責務だと思います。  合併、現状維持、どちらにせよ市町民がみずから判断できるほどの情報提示しながら合併協議会を設置して、そこで深い議論を行うことができれば、諏訪のすばらしい未来像ができ上がることでしょう。前回の行政のメッセージ、諏訪は一つ、まちも一つなのです。  

伊那市議会 2018-12-12 伊那市議会 会議録 平成30年 12月 総務文教委員会-12月12日−01号

次に、請願・陳情番号112−4、財務大臣の政治的引責辞任を求める陳情(陳情)を議題といたします。  概要の説明を、お願いいたします。  春日議会事務局長。      (議会事務局長説明) ○委員長(唐澤稔君) それでは、これより質疑・討論を行います。御質疑、御意見はございませんか。  宮島委員。 ◆3番(宮島良夫君) 私はこの陳情については、採択するべきと意見を申し上げます。  

下諏訪町議会 2018-12-12 平成30年12月定例会−12月12日-03号

所得は低いのに保険料は一番高いという国保税の不公平を正すのは政治の責任であり、住民の暮らしと健康を守るためにも、国保制度の持続可能性にとっても、社会の公平・公正を確保する上でも重要な政治課題と言えます。  日本共産党はこの重要課題を解決し、高過ぎる国保税を協会けんぽ並みに引き下げるために先月提案を行っています。1点目が、1兆円の国庫負担増を政府に求めることです。

諏訪市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会-12月12日-06号

(議員の政治倫理)  第8条 議員は、市民の代表者としてその倫理性を常に自覚し、公正かつ誠実を基本として、良心及び責任感を持って行動し、政治倫理の向上と確立に努めなければならない。  (議会の危機管理) 第9条 議会は、災害等が発生したときは、市の災害対策本部との連携を密にし、市民の安全の確保に努めるものとする。

長野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−05号

口コミというのか、よくやってくれるなと、政治姿勢に対して関心があるまちをリードしている人たちがどんどんと口コミで良いうわさを言っております。  市長は、市のためにやっているのですから、職員も見習っていると思います。私たちは、政治社会の中で生きている限り、政治とは切り離しはできません。市政は最も身近であります。市長も法に一切触れることをやっておりません。心の広い、頭の良い人だと私は思います。

安曇野市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例会-12月10日−02号

まず、最初に、市長の政治姿勢について伺います。  1点目です。憲法9条改憲についてです。  安倍政権は、前のめりになって、改憲を今、進めようとしていますけれども、国民の側から憲法を変えてほしいというふうに求めてはいません。憲法尊重、擁護義務、こういった憲法9条ですけれども、これが、ある首相から言い出すというのは、むしろ憲法違反ではないかと思います。